梓「早く行かないと…」

純「たしかもう少しで多目的ホールのはず…」


「梓聞こえるか?」


梓「船長!!」


「いいか?コード:ミュージックを起動させた!あとは音楽を入れるだけだ!!」


梓「はい!!わかりました!!」

早く… 早く行かないと!!


「スターシップの皆さんに告ぎます!!いますぐ多目的ホールに集まってください!!」


男「なんだ…? なにが始まるんだ?」

女「取り合えず 多目的ホールにいきましょう!!」

男「そうだな…」



純「もう少しで多目的ホールよ!!」

梓「うん!!」

男「唯? 唯じゃないか!!」

梓「え?」

女「あらホント!? でもこんなにボロボロになって…」

男「いったい何があったんだ?」

梓「今は説明してる時間はありません!早く多目的ホールに!!」

女「そうね… 一体なにが始まるのかしら…」

多目的ホールには既にすごい数の人がひしめきあっていた

その中央には謎の突起物が顔を出していた

梓「これがコード:ミュージック…」

いやに重々しい

純「唯さんここに寝かせておくね!」

梓「うん ありがとう!  …ここに音楽をいれるっと…」

その突起物はウィーンと音を立ててキラキラした銀色の円盤を飲みこんだ

すると上から大きなモニターが現れた

「音楽認証率0%」と書かれてある

しばらくして


「りっガ― こガ―もうビガ―音さザザってかビーぁ?」

「もう録ビビっさガ―てザーら静かにガ―ろ唯!!」


梓「!! そんな!!」


「静かにザーださガ―せんザザい」

「まぁまぁまビガ―まぁザザっぁ」

「おガ―い いビガ―めるぞー」

「よし!じゃあビガ―! 1・ザザっ・4!」


もはやそれは聞き取れるレベルではなかった


じゃザー――ジャン ガ―か ジャザーゃかじゃザザっゃか


梓「そんな…」


「君を見ガ―といザザっハートビーKI☆DOKI」


澪「これが…音楽なのか…」


「なんだこれー!!」

「これ聴かせるためにこさせたのか馬鹿船長!!」


梓「ちがう… これを聞かせたかったんじゃない…」

もっと楽しい…音楽を…


「ふわふわたーぁいむ♪」


梓「!!」


「ふわふわたーぁいむ♪」

「ふとしガ―今日もザザっト ZUKI星ザー」


すぐに戻ってしまったが
一瞬 確かに一瞬聞こえた



梓「ふ… ふわふわたーぁいむ♪」

「?」

梓「ふわふわたーぁいむ♪」


梓は自分が出せる一番大きな声で歌った

梓「ふわふわたーぁいむ♪!!!!!!」

男「…ふわふわたーぁいむ♪」

女「!! …ふわふわたーぁいむ♪」

澪「ふわふわたーぁいむ♪」

純「ふわふわたーぁいむ♪」

律「ふわふわたーぁいむ♪」

さわこ「ふわふわたーぁいむ♪」

まるで最初から音楽を知っていたかのようにみんなが歌いだした


「音楽認証率45%」


梓(まだたりない!!)


梓「お願いします!!みなさんも… みなさんも一緒に!!」

「ふわふわたーぁいむ♪」

「ふわふわたーぁいむ♪」

「ふわふわたーぁいむ♪」


「音楽認証率75%」


梓「まだなの!?」

「ふわふわたーぁいむ♪」
(省略されました続きを読むには「ふわふわたーぁいむ♪」と書き込みしてください)



182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/11(水) 22:07:10.96 ID:6rErPqIy0


ふわふわたーぁいむ♪




183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/11(水) 22:07:21.81 ID:FxH79DQk0


ふわふわたーぁいむ♪




184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/11(水) 22:08:24.92 ID:f3SGkXqYO


ふわふわたーぁいむ♪




185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/11(水) 22:08:39.90 ID:62C3tjRFO


ふわふわたーぁいむ♪




187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/11(水) 22:14:56.82 ID:J6U8sSDcO


ふわふわたーぁいむ♪





梓「ありがとう!!」


「「「「「ふわふわたーぁいむ♪」」」」」」」


会場が一つになった


「音楽認証率95%」


梓「まだなの!? あと少しなのに…」

会場は「ふわふわたーぁいむ♪」というメロディで震えている

ギギギ…

唯「う… うーん」

ポチっと静かに唯はボタンを押した


梓「唯先輩あんまり動かないでください!!」


「音楽認証率97%」


梓「そんな…」

もう終わってしまうのか…

地球にもいけず 唯先輩も救えず…

そのとき何かが唯に近寄る


憂「お姉ちゃん… ほら汚れてるよ?」

ごしごし ごしごしと

梓「憂!!なにしてるの?」

憂「いやお姉ちゃんが汚れてるから…」

ごしごし ごしごし…

梓「もうそんなこと意味がないんだよ…」

憂「ここが最後の汚れだよ…」

ポチッ 

憂が何かを押したその時


「ふわふわたーぁいむ♪」


どこからかその歌が聞こえた

梓「なに!?これは一体だれが…」

梓にとある言葉が浮かぶ

(唯「ふふふ… 私には録音機能があるのだよ!!」 )

梓「唯先輩も… あきらめてないんですね…」


「音楽認証率99%」


憂「ふわふわたーぁいむ♪」

梓「ふわふわたーぁいむ♪」

律「ふわふわたーぁいむ♪」

さわこ「ふわふわたーぁいむ♪」

純「ふわふわたーぁいむ♪」

澪「ふわふわたーぁいむ♪」

「「「「ふわふわたーぁいむ♪」」」」


「音楽認証率100%」


「「「「「「ふわふわたーぁいむ♪」」」」」」」」


「音楽を認証しました」


梓「やったぁぁぁぁぁぁ!!」

「「「「「「「ふわふわたーぁいむ♪」」」」」」」」」

認証されてもなお まだ会場はそのメロディで震わされていた


「スーパーワープに入ります」


その言葉のすぐ後にすごい衝撃がみんなを襲った



9