澪「イケメンってことは……男の人ですか?」

さわ子「そうよ、楽しみ?」

律「いや、別に楽しみでもなんでもねーよ」

紬「それに、今まで私達女の子だけだったのに急に男の人に来られると怖いかも……」

さわ子「だーいじょーぶよ、そんなに怖い先生じゃないから」

梓「でも、いつの間にそんなの決まってたんですか?」

さわ子「その先生ね、前の学校から結構最近いきなり転任してきて」

一同「ふむふむ」

さわ子「私の好みだったから無理やり副顧問に任命したのー」

律「あんたの差し金かい!」

さわ子「それにあなたたちも新しい先生がいたほうがちゃんと練習するでしょ?私の事なめきってるし」

梓「それは確かに……」

律「おいこら中野ー」

さわ子「ま、そういうわけだからもうすぐ来ると思うからよろしくー」

唯「えっ?さわちゃんここにいないの?」

さわ子「うん、ちょっとねー」

バタン

律「……めんどくさ」

澪「男の人……こわい……」

紬「私の桃源郷が……」

梓「まぁ、練習できるんならなんでもいいですけど」

唯「イケメンさんかー、どんな先生だろ?」




……

「……この音楽室ですか」

「なんで私がこんなこと……面倒ですねぇ」


さわ子「……」

さわ子「ふふ、いっぱい写真撮らなきゃ……」




コンコン

律「ん?来たかな?」

ガチャ

「あの、ここが軽音部の部室でしょうか?」

律「あ、はい」

律(おお、確かにイケメン)

「よかった、ああ申し遅れましたが私が今日から軽音部の副顧問の者です」

律「あ、ども。全員きりーつ」

一同「?」ガタッ

律「れーい、よろしくおねがいしまーす」

一同「お、おねがいしまーす」

「おお、なかなか礼儀正しい生徒さんたちですね。こちらこそよろしくお願いします」

唯「おお!りっちゃんが部長っぽいことしてるよ!」

梓「雪が降りますね」

律「てめーら私をなんだと思ってやがる!」

澪「まぁ律だしな」

紬「りっちゃんだもんねぇ」

律「おまえらまでぇ……」

「……あのぉ……」

律「はい?」

「私は……なにをしたら?」

律「あー……先生って、軽音楽に関する知識ってどれくらいあります?」

「あ、えーっと」

一同「……」

「ギ、ギターは持ってますよ!」

一同「おお!」

「弾けませんが」

唯「だめじゃん」

澪「まぁ、まずは私達の演奏をみてもらえばいいんじゃないか?」

梓「そうですね、練習にもなりますし」

律「まー、しゃーないなーほら、唯も準備しろよー」

唯「あうーめんどくさいよー」

紬「唯ちゃん、あとでまたお茶淹れてあげるから……」

……



ジャガジャッ♪

唯「ふわっふわーたーいむ♪」

ジャーン♪

律「どうでしたか?」

「ふむ、あまり上手ではありませんね」

一同(バッサリだー!!!??)

「でも、それでいいんですよ」

澪「……どういう意味です?」

「いまの世の中、下手な演奏の方が受けがいいのです!」

梓「どういう意味ですか?」

「今の世の中、人気が出るのはチャラチャラしたアイドルやらアニソンやらばかり!」

「どれだけ実力のあるアーティストでもCDを出せば、
 やらジャ●ーズやら、A●Bやら、K-POPやら、けい●んやらに上位をのっとられる!」

澪「それはそうですけど……だからといってみんながみんなそうではないでしょう」

梓「世の中には実力で人気の出たアーティストだっています!」

「ええ、確かに。しかしそんな実力のあるアーティストたちでさえ、
 最近はCDを出すたびにやれ初回版やらなにやらと同じ内容のCDを数種類出す
 お行儀のよくない商売に走ります」

「そしてその原因となった、
 もともとそういう商売をしていた者たちがさらにあくどい商売を始める!」

「ああ……嫌な世の中だ……本当に嫌な世の中だ……!」


カッ

カッ

カッ

カッ


「ぜt」

唯「でもそれで、どこが下手な演奏の方が受け入れられやすいっていうんですか?」

「……」

律「そうだよ、それならなおさらちゃんとした演奏をした方がいいだろ?」

「いえ、私が言いたいのは、どれだけ練習しても結果は出ないから無駄だということです」

一同「……」

「真面目に練習して、
 そんなズルをする人たちに人気を持ってかれるんじゃあ、やらないほうがマシなのでs

唯「そんなことないよ!」

「!」

唯「まじめに練習して結果が出ないなんてことないよ!
  どんなことだって諦めずにやりぬけば結果は出ます!」

「……なら、握手券を配ってCDを何十枚も買わせるA●Bに勝てるというのですか!?」

唯「可能性はあります!」

「ファンが周囲を巻き込んで複数枚買わせるジャ●ーズに勝てるというのですか!?」

唯「可能性はあります!」

「誰も興味なさそうなK-POPをさも大人気のようにマスコミが祭り上げたり、
 普通に買いたいファンを無視して何十枚も買い占めた画像を
 ネット上に載せるような恥知らずなファンがいるけい●んにも勝てるというのですか!?」

唯「可能性はあります!」

「……むむむ」

紬「そもそも私達は、人気のために音楽をやってるんじゃありません!」

律「そうだ!私達はやりたいことをやってるだけだ!」

「ひいっ……多勢に無勢……先生、勝てない議論からは身を引きます」ドゲザッ

梓「なんというチキン」

澪「そういえば、先生の名前聞いてなかったんですが」

「そ、そうですね。私の名前は」


カッ、カッ、カッ、カッ→ 黒板に名前を書く


                   糸
                   色

                   望


唯「いと……いろ、ぼう?」

律「中国人か?」

望「違う!私の名前はいとしき のぞむ!れっきとした日本人です!」

澪「いとしき のぞむ……綺麗な名前……」

望「……はぁ……でも、字画がなぁ……字画g


紬「ねぇ、この名前、横に書いたら」

望「最あ……って、横書きはっ!」



             糸色 望



一同「!」

望「ああ……!」


唯「絶望……」


唯「絶望先生!」

望「くっつけてかくなぁぁぁぁっ!!!」



それから私達は、先生の名前を書くときはなるべく字の間を開けるようにしています。

そして、これから私達と先生の絶望的な日々が始まるのでした……



さわ子「……じーっ」●REC


お、わり