唯「ただいまぁ…」

憂「おかえりー…どうしたの?」

唯「私ってダメ人間」

憂「お姉ちゃん?」

唯「アイス食べて死のう…」

憂「お姉ちゃん!!」

憂「お姉ちゃんしっかりして!」

唯「止めないで憂…アイスいっぱい食べてキーンってなって死ぬんだから」

憂「そんなのじゃ死ねないよ…お姉ちゃん聞いて!」

唯「うるさいよぉ…」

憂「聞きなさい!!」

唯「!」

憂「お姉ちゃんは…………………かわゆい!!!」

唯「かわ…ゆい…?」

憂「そう!かわゆい!!」

唯「かわゆい…かわゆい…私は…かわゆい!!」

憂「かわゆい!!」

唯「かわゆい!!」

憂「か~わ~ゆいっ!!か~わ~ゆいっ!!」

唯「あそれ!か~わ~ゆい!か~わ~ゆい!!」   

憂「平沢唯は!」

唯「かわゆい!!」




よくじつ! 

律「はぁ」

紬「死にたい」

澪「」 

梓「どうしてこうなった…唯先輩来ないな」


カーワーユイ!!カーワーユイ !!


梓「何か聞こえる…」


ドア「バターン」

唯「やぁやぁみんな!遅れてすまんね!」カーワーユイ! 

梓「唯先輩!…と後ろで何やってるの憂?」

憂「かーわーゆい!かーわーゆい!」



梓「いったいどうしたんですか!?唯先輩昨日と全然違う…」

唯「あずにゃん!私ってかわゆいよね!?」

梓「は?」

唯「かわゆいよね!?」

梓「え、えぇまぁかわいいと思いますよ」

憂「ちっがぁぁぁぁぁぁぁうかわゆいだコラァァァ!!」

梓「ひぃっ!かわゆいです!!」

唯「だよねー」


唯「みんな!」

律紬澪「…」

唯「私ってかわゆいよね!?」

律紬澪「!」

律「おぉ!」

澪「これは!」

紬「この世に舞い降りた天使!!」

憂「みなさんご一緒に!かわゆい!!」

律紬澪「かわゆい!!」

梓「なにこれ」



唯「かわゆい!かわゆい!」

憂「かわゆい!かわゆい!」

律紬澪「かわゆい!かわゆい!」



その後も唯の人気は高まり、校内でかわゆいファンクラブができ、
さらに地域、県、国とかわゆいフィーバーは止まらなかった

梓「もはや宗教…」




「無理矢理軽音部の顧問にさせられて
 鬱になっていたところをかわゆい様に救われました」Sさん・公務員 

「やりたくもない生徒会の仕事で疲れてるときに
 かわゆい様に励ましていただき今では生徒会長として充実した日々を送っています」Nさん・メガネ


梓「もう日本で唯先輩のことを知らない人はいませんね」

唯「えへへ~」

憂「国民の心が一つになっている今こそ日本をどげんかせんといかんですよお姉ちゃん!」

梓「?」

唯「ついにこのときが来たね」

梓「どうするんです?」

唯「新しく政党『かわゆい党』を作って私が総理大臣になります!」

梓「また無茶苦茶な…年齢とかいろいろ問題が…」

憂「こまけぇことはいいんだよ」



そしてそのままの勢いで『かわゆい党』が誕生。 
次の選挙でぶっちぎりのトップ。平沢唯は総理大臣となり日本は滅亡しましたとさ。


おしまい♪ 


唯「8月30日は衆議院議員総選挙!みんな投票所に行こうね!」