憂「お姉ちゃん、かわゆい!」

唯「憂もかわうい!」

憂「もう、お姉ちゃんったら」

唯「ういーういー」

憂「かわーゆーい!」

唯「うい! うい!」




唯「ねえねえ、りっちゃん」

律「どした?」

唯「わたしって、かわゆいよねえ」

律「はあ?」

唯「もうね、かわゆ過ぎて困っちゃう」

律「おーい、唯」

唯「嫉妬するの?」

律「してねえよ!?」

唯「はあ、りっちゃんもわたしみたいになりたいよね」

律「・・・」



唯「ねえ、ムギちゃん」

紬「はい」

唯「ムギちゃん、眉毛酷いよね」

紬「え?」

唯「わたしの眉毛欲しいでしょ?」

紬「えっと、どうしたの?」

唯「でもね、あげられないよ。高級品だから」

紬「唯ちゃん?」

唯「かわゆい!」



唯「ねえ、澪ちゃん」

澪「ん、唯」

唯「怖がりさんだよね」

澪「いきなり何言うんだよ」

唯「でもね、澪ちゃん。わたしは怖がらなくてもかわゆいよ」

澪「はあ?」

唯「右利きだけどかわゆいよ」

澪「唯?」

唯「黒髪ざまあみろだよ」

澪「・・・」

唯「かわゆい!」



唯「ねえねえ、あずにゃん初号機」

梓「誰ですかそれ」

唯「わたしはゴキブリっぽくなくてもかわゆいよ」

梓「誰がゴキブリですか!?」

唯「猫耳なんてなくても、かわゆいよ」

梓「さっきから、何を言ってるんですか?」

唯「年齢なんて問題じゃないくらいに、くぁゆいよ」

梓「おば・・・」

唯「かわゆい!」





唯「はあ・・・」

律「なんだ、元気ないな」

唯「わたしって、駄目人間だよね・・・」

律「え?」

唯「りっちゃんみたいに可愛くないし」

律「唯も可愛いよ」

唯「りっちゃんみたいに、かっこよくないし」

律「まあ、わたしの役どころ?」

唯「駄目駄目だよ・・・」

律「そ、そんなことないぞ!?」



紬「ごめんなさい、遅れて」

律「あ、ムギ」

唯「あー、ムギちゃん」

紬「どうかしたの?」

唯「わたしは、人間失格です」

紬「え?」

唯「ムギちゃんみたいの金持ちじゃないし」

律「ムギは特別だ」

唯「ティーセット持ってないし」

律「買えよ!」

唯「別荘持ってないし」

律「買え・・・ないか・・・」

紬「安いのもあるから」

律「わたし達、駄目人間だな・・・」

唯「はあ・・・」



澪「おーいどうしたんだ?」

唯「私たちは人間失格です」

律「自分が嫌になるよ…」

澪「どうしたんだよ!」

唯「私はムギちゃんにギターを値切ってもらったり…」 

律「いつもお菓子を持ってきてもらったり別荘貸してもらったり…」

唯「ムギちゃんがいなかったら私たちなんて存在できないよ…」 

紬「そんなことないって!」アセアセ 

澪「そうだぞ!大体ムギがすごいんじゃなくて親がすごいだけなんだから」

紬「」

澪「あ!いやごめんそんなつもりじゃ…」



唯「私たちはもうだめだね」

律「生きてる価値がない」 

紬「死にたい」

澪「あああああぁどうしたらいいんだぁー」


梓「みなさんどうしたんですか?」

唯「あずにゃん…」

律「もうダメなんだよ…」

梓「なにがあったんですか?」

唯「私は澪ちゃんみたいにかわいくないし」

梓「そんなことないです!」

律「おっぱい小さいし…」

梓「あんなのはただの脂肪です!」

紬「澪ちゃんみたいな作詞能力もないし…」

梓「あんな恥ずかしい歌詞書いて自分で歌ってりゃ世話ないです!」

澪「」 

梓「!!…違うんですよ澪先輩これはその…」




唯「はぁ…」

律「ふぅ…」

紬「死にたい」

澪「」 

梓「みんなしっかりしてください!」

唯律紬澪「…」

梓「今日のところは帰りましょう!ね?」




2