純「あとは直か……」

純(そういえば電話したことないな……)

純「……」

純「……ええい!」

純「…」ピッピッ  プップップッ プルルルルル プルルルルル プルルルルル

直『はい奥田です』

純「あ。直?」

直『はい』

純「……うん。元気そうで何より」

『ねーちゃんお腹すいた!!!』

純「!!!?」

直『あ、すみません弟が…』

『チャーハンがいい!』

直『電話してるから静かにしなさい!』

純「ご、ゴメン忙しそうだね……」

直『すみません』

敦司「お!カンペキにアルデンテじゃん!」ガタン

純「……」

純「じゃ、ごめん。また」

直『あ、はい。それではまた学校で』

純「じゃあね……」ピッ

純「みんな無事か……ふー……」

純「そりゃそうだよ……」

純「お昼ご飯食べたら先輩達にも電話してみようかな……」

安価↓3つ採用

※唯だな。

※ムギ

※澪

純(ご飯食べたら唯先輩達に電話しよう)モグモグ

純(寮だからウマくいけば全員無事かわかるね)モグモグ

…………
………
……

純「唯先輩が電話番号変えてませんように……」ピッピッ

プップップッ プルルルルル プルルルルル プルルルルル プルルルルル

純「あ、も―」

唯『もしもしー!わー!純ちゃん久しぶりー!』

純「あ、お久しぶりです」

唯『どったの!?憂とケンカした!?』

純「あ、その辺はご心配なく……」

唯『よかったぁ~』

純「あの、皆さんお元気ですか?」

唯『うん!元気だよー』

唯『あ、ちょっと待ってね』

純「あ、はい」

純「……」

澪『あ、もしもし。鈴木さん?』

純「!?」

純「えっ、だ、あっ、えええ、はい!」

純「ど、どうもお久しぶりです」ペコペコ

澪『あ……うん。久しぶりだね』

純「お忙しいところすみません……」

澪『大丈夫だよ。なんかあったの?』

純「いえ!決してそういうわけではなくてですね!」アタフタ

澪『学際の話とか聞いたよ』

澪『みんなも元気にやってるみたいで良かったよ』

純「は、はい!なんとか!」ペコペコ

澪『12月中旬に家帰るからその時にでも会えるといいな』

純「はい!ええ!ぜひ!はい!」ガクガク

純「ちなみにですね!ムギ先輩はおかげんいかがでありますか!?」

澪『ムギ?昨日からそっち帰ってるけど……』

純「え、あ、え、桜丘にですか?」

澪『うん』

純「あ、そうなんですね!わかりました!ありがとうございます!はい!失礼したします!

澪『あっ、うん。じゃあ……』

純「では!」ピッ

純「おうああああ……」ヘタッ


― その頃 東京都 学生寮

唯「えー!電話切っちゃったのー?」ブー

澪「だって鈴木さんから切っちゃったんだぞ。仕方ないだろ」

律「ねぇねぇスゴい突っ込みたいんだけど」

律「なんで私だけスルーなの?」

唯「りっちゃんはいつも元気だからね」

律「ひどくないか佐々木さん!」

澪「今名前間違えたのわざとだろ」

律「わざとだ!ひどいやひどいや!アタシばっか!」ヨヨヨヨ


― 午後0時40分 鈴木家 リビング

純「……ふう」

純「食後のコーヒーがおいしい……」ズズッ

敦司「食器は純が洗うんだぞ」

純「わかってるから!あっちゃんいちいちうるさい!」

敦司「へいへい」

純「……ふっ」ズズッ


敦司「DVD観るかな」

テレビ『プッ』

敦司「どれにすっかな……」


純「お皿洗うか……めんどくさ……」ヨッコイショ

純(鍋以外は食器洗い機にやってもらお)ガチャガチャ

純(はぁ……この後どうしようかな)キュッ ジャー


安価↓

※自衛の手段を整える。


食器洗い機「ゴッシャゴッシャ」

純「終わったー…」

純「さて…」

純「なんか武器でも用意しとこ…」


―  リビング


純「あっちゃん。金属バット貸して」

敦司「はぁ!?」

純「あっちゃん野球する時のあるじゃん」

敦司「あー…玄関のとこの物置に入ってるよ」

純「あとさー。お父さんの木刀どこだっけ木刀」

敦司「ってか、お前どうすんだよそれ……」

純「護身用だよ!」

敦司「何言ってんだよお前……」

パタン

敦司「……」


― 玄関収納庫


純「あー。あったあった」

純「金属バット(中学硬式用) を 手に入れた」

純「あとは……木刀か……」

純「あ、あった」

純「思ってたより結構重……」

純「木刀(素振り木刀) を 手に入れた」

純「あ、ゴルフクラブもあるじゃん」

純「なんか曲がってない?」

純「ゴルフクラブ(5番ウッド) を 手に入れた」


純「あとは……」

安価↓

※楯替わりに鍋の蓋。


― リビング

敦司「うお!?」

純「何?」

敦司「その鍋の蓋はなんだよ」

純「盾だよ!」

敦司「バットは?」

純「武器だよ!」

敦司「予防接種で頭どっかおかしくなったのか?」

純「マジだよ!」

敦司「……」ボーゼン

敦司「……そ、そうだな。今のままだと頭の防御が手薄だと思う」

敦司「使わないメット貸してやるよ……」ヨロッ

純「サンキュー」


純「フルフェイスヘルメット を 手に入れた」

安価↓

※とりあえず、自室で防戦の姿勢を取る。


― 純の部屋

純「窓の鍵よし!」

純「ドアの鍵よし!」

純「バリケードよし!」

純「武器よし!」

純「食糧水よし!」

純「通信よし!」


純「……」ドーン

純「……」


ピーンポーン

純「!?」

純「……敵かっ!」ドアピトッ


敦司『はい』

敦司『あ、はい。今開けまーす』


純(だ、誰か来た!)

純(誰だろう)

安価↓

※犯人


ガチャリ

?『どうもー。カエル急便です。ハンコをお願いします』

敦司『はい。ご苦労様です』

?『ありがとうございましたー』

ガチャ バタン

敦司『純?ばあちゃんから荷物来たぞー』

純「ええ?荷物?」

敦司『ばあちゃんだからまたおこづかいとか入ってんじゃね?』

純「あ、うん。後で行くー」

純(どうしようかな……)

純(ていうか防戦モードはいいんだけどトイレ行けないじゃん…)

純(どうしよ)

安価↓  ※今日はここまで

※とりあえず、届いた荷物を確認する。
※もし、ヤバいものだったら警察に即通報。
※中身は>>1の判断に任せます。


― リビング


敦司「……ばあちゃん何入れてきたんだ?めっちゃ重いし」

敦司「っと」ドコッ

敦司「これガムテ巻きすぎだろ」ベリベリ

敦司「いやマジで巻きすぎだろ」バリバリバリ

敦司(なんか手ベタベタしてきた)

敦司「……」ベリベリ

敦司「頑丈すぎだろ!」バン


― 同時刻 純の部屋

純「……このタイミングで荷物とか」

純(……またばあちゃんおこづかい入れてきたのかな)

純「……」

純(……来月苦しいしな)

純「……うーん」

純「……」

敦司『―!』

純「!?」

純「……見てみよう。うん!」

カチャ パタン


3