~学校

律「よーし、帰ろうぜー!」

梓「今日は、珍しくいい練習ができました」

唯「Kさんがいたから張り切っちゃった」

澪「それじゃ、今度からKさんに毎日来てもらおうか」

K「うん、いいとも」

律「え~、それじゃ毎日練習…」

梓「毎日練習が普通なんですが…」

紬「あっ」

澪「どうした、ムギ」

紬「部室に忘れ物…。ちょっと取ってくるね!」

K「それじゃ、私も…」

紬「ううん、すぐに戻るからKさんも待っててください」タタ…

K「そうかい?」

ピーッピーッ

K「!」


紬「あった…」

チカッチカッ

紬「な、何!?」

?「琴吹紬だな」

紬「だ、誰!?」

オンパマン「バドーのロボット、オンパマン!」

紬「ひっ!」

オンパマン「お前には死んでもらう!」

K「待て!」

K「紬さんには手は出させないぞ!」

オンパマン「ロボット刑事とは貴様か!」

オンパマン「邪魔をするならば、貴様も死ね!」

K「いくぞ!」シュバーッ!

K「ゴーッ!」バサーッ!

オンパマン「小癪なロボットめ!」

K「トオ!」ドガア

オンパマン「ぐっ!」

K「どうだ!」ドガアン

オンパマン「ぐえっ!」ドザア

K「観念するんだ!」

オンパマン「そうはいくか!くらえ!ロボット破壊音波!」バアアアア

K「ぐあっ!」

紬「Kさん!」

K「あ…、頭が割れそうだ…!」

オンパマン「どうだ、このままお前はスクラップになるのだ!」

紬「このままじゃKさんが…」

紬「そうだ!」バシッ

ジリリリリリリリリリリリ

オンパマン「むっ!」

「何?」「火事?」「どうしたの?」ザワザワ

オンパマン「おのれ、覚えていろ!」バーッ!

紬「Kさん、大丈夫!?」

K「あ、ありがとう…」

K(しかし、恐ろしい敵だ…)

~アジト

バドー・首領「浦出金造。我々バドー犯罪組織は、約束を果たした。次はお前が約束を守る番だ」

浦出「わかっている。あいつらは、俺を身代わりにする変わりに分け前を弾むと約束した…」

浦出「たが、いざ出てきてみれば、刑務所からでてきたばかりの俺に金を渡すと自分達が疑われると…」

浦出「そして、ほんのはした金で済ませようとしやがった…」

オンパマン「しかし、我々バドー犯罪組織と巡り会えたのは、あなたの幸運です」

オンパマン「さあ、契約書通りあなたが手に入れる金額の、50%を報酬としていただきます」

浦出「待ってくれ。まだ、目撃者の始末が終わっていない」

浦出「金は間違いないなく払う。だが、それは目撃者の始末が終わってからにしてくれ」

バドー・首領「よし。オンパマン!目撃者を間違いないなく始末してくるのだ!」

浦出「よし、俺は今から金を取ってくる。後で落ち合おう」

オンパマン「了解しました!」


~警視庁特別科学捜査室

新條「何っ…!?そうか。よし、わかった」

芝「どうした」

新條「バドーのロボットが現れたそうです」

芝「うむ…。よし、浦出をすぐに緊急手配するんだ」

新條「はい!」


ブロロロ…

浦出「…」

ファンファンファンファン

浦出「!」

浦出「クソッ!」ブロオオオ

ファンファンファンファン

キキーッ!

新條「浦出金造だな」

新條「話がある。暑まで来てもらおうか」

浦出「…!」


バアン!

新條「さあ吐け!お前がバドーと契約して、昔の仲間を殺したんだろう!」

浦出「バドー?何のコトだか知らねえな」

新條「しらばっくれるな!」

浦出「…」

新條「今、お前のアジトを捜索している。お前がバドーらしい奴と頻繁に会っていたのは、調べがついてるんだ!」

バタン!

警官「新條刑事!」

新條「どうした?」

警官「浦出のアジトを捜索していた所、これを発見しました!」

新條「バドー殺人契約書!。どうだ!これでもまだシラを切るか!」

浦出「…」

芝「年貢の納め時だな」

浦出「フン…」

芝「何だ?」

浦出「今更、手遅れだぜ」

芝「何だと?」

浦出「今頃、バドーのロボットが目撃者を始末している頃だ…。ククククク…、ハーハッハ!」

新條「残念だったな!」

浦出「何?」

新條「お前にはバドーのロボットがついているかもしれないが、こっちにはロボット刑事Kがついてるんだ!」

~学校

K「はい、わかりました!」

唯「どうしたの?」

K「バドーに殺人を依頼した人間を逮捕したそうだよ」

唯「本当?」

紬「よかった…」

K「後は、バドーのロボットを何とかするだけだ」

ピーッピーッ

K「!」

K「みんな、気をつけて!近くにバドーのロボットがいる!」

紬「えっ!」

オンパマン「フッフッフ…。ロボット刑事もあの小娘共もまとめて始末してくれる!」

オンパマン「操り音波!」パアアア

ジャーン…

唯「あれ…。誰かギー太に触った?」

律「い…、いや…」

ダン…ダン…

律「わ、私のドラムが勝手に!」

ジャーンジャーンダンダンダンダンジャジャジャジャ!

梓「うわああ!」

澪「な、何で誰も触ってないのに!」

紬「あ、頭が割れそう…」

K「そうか!奴は遠くからみんなの楽器を操って、殺人音波と同じ周波数の音を出しているんだ!」


K「そうだ!操り音波の出所を探るんだ!」

ピーッピーッ

K「あそこか!」

K「たあーっ!」バーッ!

オンパマン「むっ!」

K「オンパマン!今度は逃がさないぞ!」

K「いくぞ!」シュバーッ!

K「ゴーッ!」バサーッ!

オンパマン「おのれ!まずは貴様から叩き壊してくれる!」

K「たあ!」ドガッ!

オンパマン「ぐっ!」

オンパマン「おのれ!」バッ

K「そうはさせるか!」ドガア!

オンパマン「クソッ!」

K「お前の最後だ!」

オンパマン「そうはいかん!ロボット破壊音波!」バアアアア

K「うあっ…!あ…、頭が…」

オンパマン「どうだ!とどめをさしてやる!」

唯「Kさんが!」

律「よーし、みんなやるぞ!」

紬「うん!」

澪「よ、よし!」

梓「オッケーです!」

律「音量を最大にしろ!ふわふわターイム!」

ジャンジャカジャンジャカジャンジャカジャカジャン!ジャンジャカジャンジャカジャンジャカジャカジャン!

K「…音が消えた!」

(放課後ティータイムの演奏がロボット破壊音波をかき消したのだ)

オンパマン「おのれ小娘共!」

K「いまだ!」ガチャッ

K「破壊銃!」ズバッ!

ドガアアアアン!

唯「やったー!」

K「ありがとう。君達のおかげだ」

唯「正義は勝つ!」ブイ!


紬「本当にありがとうございました」

梓「また、いつでも遊びに来てください」

芝「…全く、最近の若いもんはわからんな」

芝「あんな機械野郎のどこがいいんだ」

新條「あれ?親父さん、もしかして妬いてるんですかい?」

芝「…馬鹿言え」

アハハハ…

Kは、皆の笑い声の中で、安らぎを感じていた

しかし、それも長くは続かない事を、Kは知っている

恐るべきバドーを倒さない限り、真の平和はやってこないのだ