~夜・琴吹グループ

男「…」カタカタ

チカッ チカッ

ピュウーン…

男「何だ…?」

?「琴吹グループ常務、私福高康だな?」

男「お…、お前は何者だ!?」

?「死ね!殺人音波!」ビビビ

男「うわああーっ!」

~後日・琴吹邸

紬「ただいま~」

使用人「お帰りなさいませ、お嬢様」

紬「誰か、お客様?」

使用人「専務の尾兼様がお見えになっています」

紬「あら、じゃあご挨拶を…」

ガチャ

専務「では」

紬「こんにちは。お久しぶりです」

専務「やあ、お嬢さん。綺麗になりましたな。では」

紬「じゃあ、私も約束があるから出掛けてくるね」

使用人「あら、これは…」

紬「専務さんの忘れ物かな。まだ遠くに行ってないと思うから、届けてあげよう」

使用人「そうですか。それでは、申し訳ありませんが、お願い致します」

紬「うん。じゃ、行ってくるね」


?「琴吹グループ専務、尾兼大助だな?」

専務「誰だ!?」

オンパマン「バドーのロボット、オンパマン!」

専務「ば、化け物!」

オンパマン「死ねーっ!」ビビビ

専務「うわあーっ!」ドサッ

紬「…!」

ダダッ

オンパマン「見られたか…?」


紬「はあっはあっ…」バタン

使用人「お忘れ物物ですか?」

紬「はあ…はあ…」

~夜

ピンポーン

新條「夜分失礼します。警察の者です」

新條「もうすでにご存知かと思いますが、尾兼大助さんが何者かに殺害されました」

使用人「はい…」

新條「もしよろしければ、お話を聞かせてもらいたいんですが」

使用人「お話といっても…」

紬「あ…、あの…」

新條「何か?」

紬「わ…、私見たんです!」

新條「見たって…?何を!?」

紬「専務さんを殺した犯人を!」

新條「本当かい?それは一体!?」

紬「人間とは思えない…。あれはまるで…」

K「…」ガチャ

紬「ロボット…!」

新條「おお、K。来たか」

K「遅れました、新條刑事」

新條「心配しないでください。こいつは、警視庁特別科学捜査室のロボット刑事Kです」

紬「ロボット刑事…」

K「ところで、今の話ですが、まさか…」

紬「は、はい。あれはまるでロボットでした」

K「新條さん!」

新條「まさか、またバドーか…?」

K「だとすると、目撃したお嬢さんを狙ってくるのでは…」

新條「…よし。K、お前はお嬢さんの警戒につくんだ。犯人は俺と親父さんで突き止める」

K「了解です」

~朝

ブロロロロ…

唯「おお、すごい車…」

K「着きましたよ」

紬「ど、どうも…」

唯「ムギちゃん、おはよ~」

紬「おはよう、唯ちゃん」

唯「この人誰?」

律「おーっす、ムギ」

澪「ムギ、おはよう」

律「何だ?今日はSPが一緒か?」

澪「変なお面だな…」

K「いえ、これはお面じゃありませんよ」

紬「こちら、警察のロボット刑事Kさん」

澪「ロボット!?」

唯「本当!?」

K「ええ、本当ですよ」

唯・律「おお~」パチパチパチパチ


~H・R

さわ子「…という訳で、しばらくの間ロボット刑事のKさんが琴吹さんの警備につきます」

K「皆さん、よろしく」

さわ子「さて、今日は…」

律「はいは~い!」

さわ子「何?田井中さん」

律「私、Kさんに色々聞いてみたいで~す!」

さわ子「ええっ?あのね、Kさんは遊びに来ている訳じゃ…」

K「いえ、私は全然構いませんよ」

律「やったー!じゃあ私から!Kさんは、空飛べますか?」

K「うん、飛べますよ。足からジェット噴射でね」

律「すげー!」

アカネ「はい!ロケットパンチはありますか?」

しずか「科学の子ですか?」

信代「ドラ焼き好き?」

エリ「ビルの街に吠える?」

曜子「アニメじゃない?」

ちか「まさか!?」

姫子「ザクとは違うんですか?」

いちご「…頭、取れる?」

唯「え、え~と…。好きな色は?」

ワイワイキャーキャー

K「え、え~と…」

さわ子(こうなると思った…)

~放課後

律「よーし、部活行こうぜー」

K「みんなは、何の部活をしているんだい?」

紬「私達は、軽音部です」

唯「みんなでバンドやってるんだ~」

K「へえ、それはすごい」

唯「Kさんにあずにゃん紹介しなきゃね!」

K「あずにゃん?」

澪「後輩です。梓っていうんですけど、唯はそう呼んでるんです」

唯「とってもかわいいんだよ~」

K「へえ、それは楽しみだね」

~部室

唯「さ、入って入って」

梓「あ、先輩方お疲れ…」

K「こんにちは」

梓「誰!?」


梓「そうだったんですか。すいません、びっくりしちゃって…」

K「はは、いいんだよ」

梓「それにしても、ムギ先輩大丈夫なんですか?心配です」

紬「うん、Kさんがついてくれてるし」

紬「今日はおいしいハーブティーよ」

澪「いい香りだな」

梓「味も最高です!」

唯「ケーキもおいしい!」

K「…」

律「あれ、Kさん食べないの?」

K「え?うん…」

澪「…!もしかして、Kさん…」


紬「あ…」

律「Kさん、ロボットだから食べられないんだ」

澪「そういえば、お昼も食べてなかったな…」

紬「Kさん、ごめんなさい!」

K「いいんだよ。私は食べなくても。ただ、見ているのが楽しいんだ」

唯「見てるだけでいいの?」

K「うん。みんながおいしそうに、楽しそうに食べてるのを見てると私も楽しくなるんだ」

唯「Kさんって、いい人だね」

澪「ああ、なかなか言えるコトじゃない」

梓「神様みたいです!」

K「いや、私はそんな…//そんなつもりじゃ…//」

律「全く、聞かせてやりたいよな。若干一名に」

律「なんせ、ただ飲み食いしてだらけるだけなんだから」

K「へえ、そんな人がいるんだ」

律「まあね。普段は猫被りのくせに…」

さわ子「やってるー?」ガチャ

律「ブーッ!」

さわ子「あら。どうしたの、りっちゃん」

律「な、なんでもないなんでもない」

K「ああ、さっきの話は山中先生の…」

律「ちょっと、Kさん!」

さわ子「あら…。何かおしゃべりしてたみたいねえ?」ポキポキ

律「ぎえ~~~!」

~警視庁特別科学捜査室

新條「そうか。わかった。引き続き警戒してくれ」ガチャン

芝「機械野郎か」

新條「ええ。今の所、異常はないそうです」

新條「それにしても、ずいぶんと楽しそうでしたよ」

芝「楽しそう?」

新條「チキショー、あの野郎。うまくやりやがって」

芝「ふん、仕事を遊びと勘違いしてるとはな。だからあいつは鉄クズだと言うんだ」

芝「最も、わし達もいい加減ホシの目星くらいつけんと、遊んでるのと同じだがな」

新條「そうだ、そのコトなんですが」

芝「何だ、誰か浮かんだのか」

新條「ええ、こいつなんですが」

芝「『浦出金造』…」

新條「こいつは、昔琴吹グループに勤めてたんですが、会社の金を横領して、裏金を作ったってんで逮捕されてます」

芝「裏金…?そうか、思い出した」

新條「何か?」

芝「ああ、殺された被害者の二人だが、あの二人もこの裏金事件の時に容疑をかけられていたんだ」

新條「あの二人が!?逮捕はできなかったんですか?」

芝「状況からすると間違いなかったんだが、決め手がなくてな」
芝「どう逮捕するか検討してる時にこの浦出が出頭してきたんだ」

新條「それで、捜査は?」

芝「おしまいだ。他の二人は決め手がない上に、浦出が全部自分でやったと言い張ってな」

新條「そうか…。もしかして、浦出は二人の身代わりになったのでは?」

芝「何?」

新條「きっと、身代わりになれば後で分け前は弾むとでも言ったんだろう」

芝「しかし、いざ出所して分け前のコトで揉め事があったという訳か…」

芝「よし、浦出を徹底的に調査しろ」

新條「了解です」



2