梓「なにしてるの?二人とも・・・」

憂「CMごっこだよ!」

梓「あー。あのなんかのゲームみたいなヤツの?」

純「そうだよ。梓はあずフレッド役だからよろしくね」

梓「セリフ無いじゃん!?」

憂「梓ちゃんはあずフレッド役が一番ピッタリだよっ!」

純「そうそう。梓はあずフレッドがいいと思うな」

梓「なんて言うか、『あずフレッド』って言いたいだけだよね?」

純「まぁね」

憂「何故だ!?何故裏切ったあずフレッド!!」

純「うーいー王、ここは私が・・・」ずいっ


梓「その間私は何をしてればいいのさ・・・」

純「えっと、こう、対面して『グルルル・・・』って唸って貰えてれば」


梓「グルルル・・・」くわっ


憂「あ、いい感じにあずフレッドだよ梓ちゃん!」

梓「あずフレッド感のさじ加減はまったく理解出来てないんだけど?」

純「アヴァロンは、俺が護る!!」キリッ


憂「やったー!」

梓「やったーなの!?」

純「完成だね憂、梓!」

梓「目的達成!?もうわけがわからないよ!?」

純「いやー、梓のあずフレッドのおかげで無事アヴァロンごっこが完成したよ」

憂「ありがとう梓ちゃん!ナイスあずフレッドだったよ」

梓「私、グルルルしか言ってないけどね」

純「いやいや、あずフレッドあってこそのアヴァロンごっこだよねー」

憂「そうそう。あずフレッドが裏切らないとアヴァロンが始まらないよ~」

梓「裏切った覚えすらないけどね」

憂「やっぱり、梓ちゃんのあずフレッドがいい味出してたよね」

純「いやぁ、あずフレッドも良かったけど、憂のうーいー王も良かったよー?」

憂「そんなことないよ~。あずフレッドが一番良かったよぉ」てれっ

純「まぁ、確かにあずフレッドは別格かなぁ」

梓「再び言うけど、二人とも『あずフレッド』って言いたいだけだよね?」

憂「そんなことないよー」
純「ソンナコトナイヨー」

梓「あずフレッドも違う気がするけど、うーいー王も相当だよね」

憂「あずフレッドがいれば、うーいー王はまあどうでもいいと思うよ?」

梓「まさかのあずフレッドメインキャスト・・・」

純「あのCMはあずフレッドが実際の主役だから。ほら、私に至っては名前すら無いし?」

梓「一番目立ってるのにね」

憂「ううん、一番目立ってるのはあずフレッドだよっ!」

梓「どんだけあずフレッドを推すのさ」

梓「・・・そもそも、あのCMって『モルドレッド』じゃない?」

純「えっ?」

梓「だから、元がモルドレッドなんだから『あずドレッド』じゃないとおかしいかなーって。私が言うのもなんだけどさ」

憂「えっ、えっ・・・?あずフレッドはあずドレッドだったの・・・?」

梓「いや、そもそもあずフレッドが知らないんだけど」

純「えっ?意味がわかんない」

梓「わかれよ!モルドレッドなんだから○○ドレッドじゃないのかって話なんだから!」

純「梓はあずフレッドじゃなくて、あずドレッドだったってこと・・・?」

梓「そもそも私はあずフレッドじゃないし!」

憂「梓ちゃんが、あずフレッドじゃない・・・!?」がたっ

純「嘘・・・ッ!梓があずフレッドじゃないなんて・・・」ガクブル

梓「いや、そもそも私、ああ、まあいいや」

純「梓は、あずフレッドじゃなかった・・・?」わなわな

梓「だから、そもそもあずフレッド違うって言ってるのにっ!」

憂「ああ、ああっ!」ガクブル

憂「何故だ!?何故裏切ったあずフレッド!!」

純「おのれあずフレッド!まさか貴様の正体があずドレッドだったとは!!」

憂「このあずドレッドめっ!」

純「アヴァロンは俺が護るっ!!!」


梓「・・・グルルル!」


おしまい!