紬「ねぇさゆみちゃん?お願いがあるんだけどー」

さゆみ「お願い?」

紬「そう、あのね。軽音部に入ってみない?」

さゆみ「えっ?さゆみが?」

紬「うん、あのね。同じ軽音部に唯ちゃんって子がいるんだけど、さゆみちゃんの事気になっちゃったみたい」

さゆみ「えーでも、軽音部って何やるのか分からない」

紬「えーと、みんなで楽器を弾いたりね。歌ったりするの!」

さゆみ「みんなで楽器を弾いたり・・・歌う?」

紬「そう、歌うの!今はボーカルは唯ちゃんと後もう一人澪ちゃんって子がいるんだけど・・・」

さゆみ「ちょっと待って、さゆみ歌うのあまり得意じゃないよ?」

紬「あ、それは大丈夫よ!」

さゆみ「楽器も出来ないよ?」

紬「大丈夫!練習すれば何とかなるわ!」

さゆみ「あ、でもさゆみ可愛い楽器持ってるだけでも可愛さが滲みでるかも!」

紬「そうねーきっとさゆみちゃんなら、楽器似合うと思うわ~」

さゆみ「あ、でも仕事忙しいし」

紬「そうよね・・・」シュン

さゆみ「一応、顔だけなら見せてもいいよ」

紬「本当に?ありがとう」パァァ

さゆみ「ほら、私って可愛いしこの私の可愛さでムギちゃんやみんなが元気になれば嬉しい。だから、顔だけならいいよ」

紬「じゃあ軽音部はあっちだから着いてきて」

さゆみ「はーい」

紬「あ、仕事は大丈夫なの?」

さゆみ「今日は大丈夫だよ」

紬「そうなんだ~。丁度良かったわね~」

さゆみ「さゆみの可愛さは丁度良く無いけどね。丁度良く可愛いじゃなくて極度に可愛いそれがさゆみなの」

紬「うん、きっと唯ちゃんもさゆみちゃんみたいな可愛い子が来たら喜ぶと思うわ~」

部室

紬「みんなーおまたせーさゆみちゃん連れて来たわよ~」

律「おぉっ!!!待ってました!」

さゆみ「うさちゃんピース!」

梓「?????」

澪「わ、私いつもテレビで見てます!」

さゆみ「テレビに出てない時もあるよ」

唯「わーさゆみちゃんだー可愛いー」

さゆみ「ありがとうございます!」

梓「あ、あの~この方は?」

さゆみ「道重さゆみです。さゆみんって呼んでね!」

唯「さゆみーん!」

律「うっわー本物だ~すげー」

さゆみ「さゆみんって呼んでね!えーと・・・」

梓「あ、梓です。中野梓」

さゆみ「梓ちゃんさゆみんって呼んでね!うさちゃんピース!」

梓「さ、さゆみん・・・うさちゃんぴーす?」

さゆみ「でもなんで梓ちゃんは私の事知らないの?普通知ってるはずだけど・・・」

梓「そ、そうなんですか?始めてお会いしますけど・・・」

さゆみ「さゆみテレビとか出てるよ」

梓「ゆ、有名人ですか!?」

さゆみ「違うのさゆみは可愛いからテレビが出てくれってお願いするの」

梓「?????」

さゆみ「でも梓ちゃんきはさゆみを見れてラッキーだったね。今日のさゆみは可愛さ120%だから」

梓「は、はい」

さゆみ「うふふ。おさげ可愛い。ねーねー見て見て私もほらーこの髪型可愛いでしょ?」

梓「は、はい。可愛いです」

さゆみ「どのくらい?パーセントで言ったらどのくらい?」

梓「120%ぐら・・・い?」

さゆみ「控えめだね」

梓(さっき自分で120%って・・・)

律「あはは、梓すっかりさゆみちゃんのペースに巻き込まれてるなぁ」

さゆみ「あっそのカチューシャなんか味気無くない?」

律「ん?そっか?」

さゆみ「りっちゃんはもうちょっと冒険した方がいいかも!」

律「冒険かーでも私そんな柄じゃないしなぁ」

さゆみ「可愛い私が言うんだからまず間違いないって!りっちゃんガンバ!」キャピキャピ

律「さんきゅー」

唯「ねーねーさゆみん私はー?」

さゆみ「可愛いと思うよ。私の方が」

唯「わぁーありがとう!」

梓(最後の方いらないでしょ!)

澪「あ、あの!サ、サインください!」

さゆみ「うん、いいよー」サラサラ

澪「あ、ありがとうございます!」

さゆみ「ねーほら見てー字も可愛くない?」

紬「綺麗な字ね~」

さゆみ「あっ!さゆみもう帰らなきゃ!」

律「ん?なんかあるのか?」

さゆみ「帰ってネットパトロールしたい」

梓「ネットパトロール???」

さゆみ「そうそう、と言うことでバイバーイ」

唯「ああーん待ってぇ~・・・行っちゃった」

紬「うふふ。相変わらず自由な子ね~」

澪「サ、サイン貰った・・・」

唯「明日も来てくれるかなぁ?」

梓「えっ!?」

紬「うん、また明日も誘ってみるわね」

唯「わぁーいありがとう!」

律「ここ、気に入るといいなぁ」

梓「結構おかしな人ですよね。あの人」

澪「でも、そこがいいとこでもあるんだよ」

紬「うん、根はとってもいい子なの。だから最初はウザいと思ってもちゃんと付き合ってやればもう彼女の虜よ」

梓「は、はい頑張ってみます」



さゆみ「みんないい人だったなぁ。また明日もいこーっと」


おわり