律「……?」

唯「はあっ、はあっ……こんな所でどうしたのさ」

紬「具合が悪いの?」

律「唯……ムギ……」

唯「……顔色悪いよ?」

律「……」

律「……えぐっ」

律「ひぐっ……うう……!」

唯「り、りっちゃん!?」

紬「ど、どうしましょう……」

律「うう……あああ……」

唯「え、えーと!痛いの痛いの飛んでけー!」

律「うえええええええん!」

唯「あわわわわ……」

紬「じ、じゃあ……!」

律「ぐすっ……うう……」

紬「りっちゃん!」

律「うええええ……」

紬「ぎゅー!」

律「!」

紬「……何か嫌なことがあったのね?」

紬「もう大丈夫よりっちゃん……」

律「……」

律「(……温かい)」

唯「泣き止んだ……恐るべしムギちゃん」

唯「……なんか良いなぁ」

紬「よしよし……」

紬「落ち着いた?」

律「……ありがと」

紬「どういたしまして♪」

唯「びっくりしたよ、いきなり泣き出しちゃうからさ」

唯「一体何があったの?」

律「……」

紬「……言えそうに無い?」

律「……」コクッ

紬「そう、なら聞かないわ」

紬「でも……一人で抱えちゃ駄目よ?」

紬「そんな顔したりっちゃん、見たくないな」

唯「そうだよりっちゃん!」

唯「りっちゃんはいつもドカーン!としてないと!」

律「……」

唯「……あれ?ボカーン!が良かった?」

紬「違うわよ唯ちゃん、りっちゃんはズドーン!よ?」

唯「えー?ドカーンだよー」

紬「ズドーン!よー」



律「……ぷっ」

唯「あ、笑った!」

律「……お前ら馬鹿だろ」

唯「しどい!これでも真面目に言ってるんだよ?」

紬「私のは冗談だけどね」

唯「ムギちゃんが裏切った!?」

紬「うふふ♪」

唯「ずるい……ずるいよムギちゃん」

唯「これじゃあ道化だよ……」

紬「私、友達を裏切るのが夢だったの!」


律「……ははっ!」

律「(……何やってんだろ私)」

律「唯、ムギ、ありがとな」

律「……なんか吹っ切れたかも」

紬「良かった~」

唯「元気になったんだね!」

律「ああ」

律「その……本当にありがと、慰めてくれて」

律「……嬉しかった//」

紬「やっぱりりっちゃんは元気が一番よ」

唯「そーそー!」

律「……へへっ」

唯「ねぇりっちゃん、私達と一緒に遊びに行かない?」

律「え?」

紬「私達、これからゲームセンターに行く予定だったの」

紬「りっちゃんもどう?」

律「……」

律「……悪いけど遠慮しとくよ」

律「ちょっとやりたいこと、出来たからさ」

唯「そっか……残念」

律「また……誘ってくれ」

紬「うん、誘うわ」

律「それじゃあ……」

唯「もう道端で泣いたら駄目だよぅ?」

律「うるせー」

紬「またねりっちゃん」

唯「まーたねー」

律「ああ、バイバイ」



律「……」

律「……バイバイ」


ゲームセンター

澪「なぁ聡、これ取ってくれよ」

聡「こんな大きいぬいぐるみなんて無理だよ澪姉ちゃん」

澪「……取ってくれるまで動かないからな」

聡「ええ……」

聡「しょうがないな……」チャリーン

聡「……」カチカチ

澪「……」ドキドキ

聡「……む」カチカチ

澪「……」ハラハラ

聡「そこだ!」

ポスッ

聡「嘘……取れた」

澪「凄い凄い聡!やったな!」

聡「……っと、はい澪姉ちゃん」

澪「ありがとう//」

澪「じゃあ次は……」

聡「まだあるの?」

澪「……だってこのぬいぐるみのシリーズ可愛いんだもん」

聡「……」

聡「み、澪姉ちゃんの方が……可愛いし//」

澪「!」

澪「さ、聡……//」



唯「次は何して遊ぼうか?」

紬「私、太鼓の達人やってみたい!」

唯「良いねぇ、じゃあ対戦しよっか!」

紬「そんなことが出来るの?」

唯「そうだよー、まずはね……」

紬「あ」

唯「どしたのムギちゃん」

紬「澪ちゃんだ」

唯「うそ、どこ?」

紬「クレーンゲームの所に……あら、聡君も居る」

唯「聡君ってりっちゃんの弟だよね」

唯「なんだか珍しい組み合わせだなぁ」

紬「声掛けてみましょうか」

唯「そだね、澪ちゃーん!聡君!」



澪「……ん?呼ばれた?」

唯「おっす澪ちゃん!」

紬「奇遇ね、二人とも」

澪「唯!ムギ!」

聡「あ、姉ちゃんのお友達の……」

唯「こんにちは聡君」

聡「こ、こんにちは」

澪「二人もゲーセンに遊びに来てたのか」

紬「うん、私が無理言って唯ちゃんを誘ったの」

紬「なんだか、こういう所は一人じゃ入り辛くて」

唯「そこで私が選ばれたという訳です!」ふんす!

澪「そうなのか」

唯「ところでなんで澪ちゃん達もゲーセンに?」

唯「もしかしておデートとか?なんちゃっ……」

澪「//」

聡「//」

唯「へ、何その反応」

紬「……もしかして本当にデートなの!?」

澪「……あー」

澪「……うん//」

唯「おおおお二人は何時の間に付き合ってたのですか!?」

澪「け……結構前から……//」

澪「なぁ?//」

聡「うん//」

唯「ほえ~……そげなこつもあるもんばいね……」

澪「唯……言葉おかしくなってるぞ?」




紬「……」

紬「(ここ最近、澪ちゃんがそわそわしてると思ったらそういうこと……)」

紬「(まさか聡君とは意外な伏兵だわ)」

紬「……」

紬「(待てよ……りっちゃんはこのことを知っているのだろうか?)」

紬「(私が見る限り、りっちゃんは澪ちゃんにぞっこんなのは疑いようがない)」

紬「(もしりっちゃんが澪ちゃんと聡君が付き合っていることを知ったら……)」

紬「……」

紬「(いやいや更に待てよ?)」

紬「(さっきのりっちゃんの様子……普段からは考えられない姿だった)」

紬「(予測の範疇を外れないが、何か乙女心にショックを受けたのでは無いだろうか?)」

紬「(そしてもしそのショックの原因が……)」

紬「(澪ちゃんと聡君に関することだったら……)」

紬「(……既にりっちゃんは澪ちゃんと聡君が付き合っていることを知っている?)」

紬「(ゼロではない……か)」


この間、わずか二秒


紬「澪ちゃん」

澪「なんだ?」

紬「貴方達が付き合っていること……りっちゃんは知ってるの?」

澪「……」

澪「知ってる」

紬「(bingo!)」

紬「私達さっきね、りっちゃんに会ったの」

澪「!」

紬「りっちゃん、人目もはばからずに道の真ん中で泣いてた……」

紬「理由は話してくれなかったけど、きっと澪ちゃんのことで泣いてたんだと思う」

紬「澪ちゃん……何か知らない?」

澪「……」

澪「この前……律に告白されたんだ」

澪「私が好きって……」

紬「(なんと!)」

澪「……でもフッた」

紬「どうして?」

澪「だって……気持ち悪いよ……女同士なのに」

澪「私は律をずっと友達だと思ってたのに、律はそう思ってなかったんだ」

澪「私を……そういう目で見てたんだ」

紬「……りっちゃんにそう言ったの?」

澪「……うん」

澪「それで引いてくれるかなって思ったんだけど……」

澪「律、今日の私達のデートを邪魔しに来て……」

澪「それで……」

紬「(……ああなったと)」

紬「その……もっと他の言い方は出来なかったの?」

紬「確かに女の子が女の子を好きになるなんて普通じゃないけど……」

紬「それにしたって、勇気を出して告白したりっちゃんが可哀想よ」



唯「(……会話に入れない)」

聡「(姉ちゃん……)」

澪「だって……!」

澪「おかしいのは、変なのは律だろ!?」

澪「私は普通の女の子だ!普通の恋がしたいんだ!」

澪「まともに受け入れられる訳無いじゃないか!」

紬「澪ちゃん…!」

澪「……帰る」

唯「澪ちゃん!」

紬「待って澪ちゃん!」

澪「……来ないでくれ!」



紬「……」

唯「……どうしよう」

紬「……分からない」

紬「(時間が解決してくれるのか……それとももう戻らないのか……)」

聡「(やっぱり……澪姉ちゃんと付き合うべきじゃなかったのかな)」

紬「……」

紬「(どうすればこのトライアングルは解決する……?)」

紬「……」

紬「……」

紬「(駄目、思いつかない……)」


澪「なんだよ……私ばかり責めて……」

澪「私は……私は悪くない」

澪「悪くないんだ……」


紬『その……もっと他の言い方は出来なかったの?』


澪「……」

澪「私は……」

澪「……」


「ひゃくてんなんてすごいねみおちゃん!」

「ほら、パイナップル!」

「澪、一緒に帰ろう?」

「もー、みおしゃんたら怖がりなんだから」

「これ!これだよ澪!バンドやろうぜ!」


澪「……」

澪「りつ……」

澪「私……どうしたら良かったんだよぉ……!」

澪「……」






澪「メール……律から……?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもごめんね澪

つまらないことで悩ませてさ

死ぬよ私。もう迷惑掛けたくないから

呼んだらこのメールは消しといてくれ

誰にも私が居た証を残したくないから

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

澪「!」

澪「なんだよ……なんだよコレ……!」

澪「嫌だ……!」

澪「律!!!」だっ


唯「ムギちゃん……どうする?」

紬「……今の私達に出来ることは多分無いと思うわ」

唯「でも……りっちゃんと澪ちゃん元通りに戻れるかな……?」

紬「それは……」

聡「……俺が全部悪いんです」

聡「俺……姉ちゃんの気持ち知ってたのに……」

紬「……誰が悪い訳じゃないわ」

紬「りっちゃんは純粋過ぎて……澪ちゃんは不器用過ぎただけ」

紬「きっといつかまた笑い会える日が来るわ」

唯「……うん」

聡「……」

紬「(そうきっとまた……)」

紬「!」

紬「(……何?この不快感は……)」

紬「!!」


律『……なんか吹っ切れたかも』


紬「(ちょっと待って……)」

紬「(吹っ切れた……ってどういう意味……?)」

紬「(あの時はなんとも思わなかったけど……)」

紬「(あの言葉には何か別の意味が……?)」

紬「!!!」


唯『ねぇりっちゃん、私達と一緒に遊びに行かない?』

律『え?』

紬『私達、これからゲームセンターに行く予定だったの』

紬『りっちゃんもどう?』

律『……』

律『……悪いけど遠慮しとくよ』

律『ちょっとやりたいこと、出来たからさ』


紬「(やりたいこと……って?)」

紬「(まさか……)」ガタガタ

唯「ムギちゃん?」

聡「?」

紬「み、みんな急いでりっちゃん家に行くわよ!?」

唯「どうして?」

紬「いいから早く!」

唯「は、はひっ!」

紬「聡君も!」

聡「は、はい!」

紬「(お願い……!なんともありませんように……!)」


3