律「……え?今なんだって?」

澪「律と付き合う事は気持ち悪いって言ったんだ」

律「え……」

澪「あのさ…律は、自分が何言ってるかわかってる?私達は女なんだ……付き合える訳無いだろ」

律「うぐっ!」グサッ

澪「私の事今までそんな目で見てたかと思うと正直気持ち悪い」

律「き、気持ち悪い…だって……」

澪「……うん。律とは長い付き合いだけど……はっきりいって引いた」

律「うっ……」グスッ

澪「泣くなよ律。だってしょうがないじゃないか、私は普通がいい」

律「……」

澪「律の事は勿論嫌いじゃないけど…同性を好きにはなれないから。女の子をそういう目で見れないよ」

律「ち、違うっ!私は女の子が好きなんじゃないっ!」

澪「何が違うんだよ」

律「わ、私は……澪が好きなんだよ…」グスッ

澪「だから?それで何か違うの?」

律「澪は他の女子とは違うんだよっ!たまたま好きになったのが澪で……女だっただけじゃんか」

律「女の子が好きなんじゃなくて澪が好きなんだよ」

澪「気持ちはありがたいけどやっぱり無理だよ、ごめんな律」

律「……うっ……」グスッ

澪「それにさ、100歩譲って仮に私が同性愛者としよう。それでも律とは付き合えない」

律「えっ……何で?」グスッ

澪「律には言えなかったけどさ、聡と付き合ってるんだ」

律「……え」

澪「ごめんな」

律「う、嘘だろ?……」

澪「本当だ」

律「澪…何考えてんだよ……聡はまだ小学生だろ……おい」

澪「律は知らないのか?今時の小学生は普通にみんな彼氏とか作ってるぞ」

律「………で、でも」

澪「心配しなくてもいいよ律。律が考えてるような不純な事はまだ何もしてない」

澪「私と聡はピュアな付き合いなんだ」

律「………」

澪「それでもおおっぴらに言う事じゃないからさ…聡には口止めしておいたんだ、ごめんな」

律「何で……なんでよりにもよって聡なんだよ……ひどすぎるだろ」

澪「なんでって……そんなの好きになったらしょうがないだろ……」

律「……本気なのか?」

澪「……うん、本気だ」

律「そっか……はは、なんか笑えてきた……」

澪「……ごめんな、そういう訳だから律とは付き合えない」

律「それはもういい……でも私は……澪と聡の事応援できない」

澪「うん、わかってる」

律「むしろ反対かもしれない……」

澪「それもわかってる。私も律の立場だったら絶対そうする」

律「澪……」

澪「それでも好きなんだよ、聡が」

律「澪……はは、澪がショタだったなんてな、そんなの絶対おかしいし」

澪「別にショタって訳じゃない、それに10年も経てば普通のカップルじゃないか」

澪「少なくとも……律みたいに悩む事はないだろ」

律「……」

澪「じゃあな、律。付き合う事は出来ないけど律は大切な仲間。それは変わらないから」

律「……」

澪「明日からもいつも通りで頼む。唯やムギに余計な気を使わせたくない、律もそうだろ?」

律「……」

澪「後、聡を責めるのだけは止めてくれ」

律「……」

澪「聡も最初は断ってきたんだけど私がずっと猛アタックしてたから付き合う事になったんだ」

律「……」

澪「聡も律の気持ち知ってたから…ずっと悩んでたんだ。私と付き合う事に」

律「……」

澪「だから…責めないでやってくれ頼むよ」

律「……」

澪「ばいばい律、……また明日な」スッ

律「……」

澪「……」スタスタ

律「……」

澪「……」スタスタ

律「……澪」

澪「……」スタスタ

律「澪!待ってよ澪!」

澪「……」スタスタ

律「……澪ぉ…」グスッ

澪「……」スタスタ

澪の家

澪「……ふう…これで良かったんだよな…」

澪「……」

澪「律……やっぱり泣いてたな」

澪「……」

PrPr

澪「電話だ、誰だろ……聡か」ピッ

澪「もしもし……うん……うん」

澪「ああ、律にも私達の事言ったよ」

澪「……うん……ごめんな、頼むよ」

澪「……」

澪「うん、わかった。じゃあ今度の日曜日に、楽しみにしてる。じゃあな」ガチャ

澪「……」

澪「……今度の日曜日聡とデートか」


日曜日

澪「……」

聡「おっす澪姉ちゃん」

澪「あ、ああ……おはよう聡……」

聡「澪姉ちゃんどうかした?」

澪「どうかしたって……そりゃどうかするだろ……」

聡「え?なんで?」キョトン

澪「なんでって…今日は私と聡のデートだろ?」

聡「まあそうだね」

澪「いいか聡……デートってのは二人っきりで楽しむものなんだ」

聡「いや、それくらい知ってるって」

律「何かおかしいんでちゅか?澪ちゅわん?」

澪「何で律までここにいるんだあぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

律「てへ♪」キャピッ


澪「テヘッ♪じゃないっ!律は帰れってっ!」

律「それは断る!可愛い可愛いウチの聡が淫乱メス豚に食われるのを黙って見過ごせるかー!」

澪「誰が淫乱メス豚だっ!いいから帰れっ!」ゴン

律「うげっ!?いって~ちょっとは手加減しろよな~」

澪「あのな……今日!私と!聡は!デートに来たんだ!律は邪魔しに来たのか!」

律「邪魔って、ひどくね!?」

澪「じゃあ何しに来たんだよ」

律「何って……そりゃ気になるじゃんか、変な事しないかさ」

澪「する訳ないだろっ!」ポカッ

律「ぐへ!?」


澪「へ、変な事言うなよっ!私と聡がそんな事す、すすすする訳ないだろっ!」

律「てて……聡はともかく、澪は危険だからほっとけないっての」

澪「は?どういう意味だよ」

律「どうって、そのままじゃん。ウチの聡は流石にまだだろうけど……澪は違うだろ」

澪「違う?何がだ?」

律「澪しゃんには性欲があるじゃん?」

澪「せっ!?ば、馬鹿!きゅきゅ急に何言いだすんだよっ!」

律「隠すな隠すな、ほれほれおじさんにだけ言ってごらん?」

律「澪しゃんだって年頃の女の子だしウチの聡でオナニーくらいお楽しみなってるんでごさいましょ?ん?」ハアハア

※作者別

澪「ひっ……」

聡「やめろよ姉ちゃん、澪姉ちゃん嫌がってるだろ」ドンッ!

律「わっ!」

聡「行こう、澪姉ちゃん」

澪「う、うん……」



律「……」

律「なんで?」

律「なんで私じゃないの?」

律「なんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんで」

律「おかしいだろこんなの」

律「なんで澪があんな奴なんかと」

律「…憎い」

律「憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い」

律「……」ぶつぶつ



紬「あら……あれはりっちゃん?」

唯「ほえ?どこ?」

紬「ほらあそこ」

唯「あ、本当だ」

唯「……でもなんか様子が変だよ?」

紬「うん……なんで地べたに座ってるんだろう」

唯「もしかして怪我してるのかな!?」

紬「……大変!急いで行きましょう!」

唯「うん!りっちゃーん!」

紬「りっちゃ~ん!」


2