夕食後!

律「じゃ、澪が手伝ってるあいだは
  私と梓が教えるからな!」

唯「おお!りっちゃんから教えてもらえるの!?」

律「そうだぞ!」

唯「それでは、お願いします!」

梓「(心配だな~)」

律「中野~、グリグリされたいか?」

梓「い、いえ!
 (心読まれた!?)」

律「んじゃ、再開!」

唯「パチパチパチ!」

律「ええと、まずはプレメモのカードを見せるぞ!」ゴソゴソ・・・

律「ほい」

唯「おお、裏のがらかわいい!」

梓「(わ、輪ゴムで止めてる...)」

律「裏はいいから
  表を見ろ表を!」

唯「はいはい」

唯「あ、これは『WORKING』の
  伊波まひるちゃんだ!」

律「お、唯知ってるのか?
 『WORKINGU』」

唯「うん!毎日アニメ見てたよ!
  この子の胸、りっちゃんみたいにペッタンコだったから!」

律「...」

梓「ププ・・・」

律「な~か~の~~~~!!!」

梓「す、すみません...」

唯「あ、でも、ぽぷらちゃんは小さくかったけど...
  胸は大きかったな~」

梓「...」

律「プッ・・・
  話を戻すぞ」

律「カードを見たかな」

唯「うん!」

律「カードの簡単な説明から行くぞ」

梓「(カードを見せる前からでも良かったんじゃ...)」

律「カードはな、まず、3種類に分けられることができるんだ」

唯「3種類に?」

律「そう、まず一つ目は
  今、唯が持ってるのはキャラクターカード
  このゲームの主役になるカードだ
  アプローチで相手にポイントを与えたり
  相手のアプローチを妨害ができるカードだ」

唯「アプローチ?妨害?ポイント?」

律「ああ、それか
  それは後で実戦やるときに教える」

梓「いや、今教えましょうよ!」

律「実戦の中でのほうが理解しやすいだろ!」

梓「あ...すみません...」

律「よし、罰としてあとは梓が教えろ!」

梓「あ、はい...
 (めんどくさくなったのかな?)」

唯「あずにゃん先生、お願いします!」

梓「その呼び方やめてください」

唯「ええ、可愛くていいじゃん!」

梓「やめないと教えませんよ」

唯「じゃあ、やめる!」

梓「よろしいです
  それでは次はイベントカードです」

梓「イベントカードというのは
  作中で起こった出来事やキャラクターの活躍ぶりを
  あらわしたカードです
  このカードはキャラクターを手助けしたり
  ゲームを有利に進めることができます」

唯「じゃあ、この『最高の女の子』のこと?」

梓「その通りです
  ただし、使用条件がある場合もあります」

唯「へ~」

律「zzzZZ...」

梓「最後はサポートカードです
  このカードはキャラの持ち物を表したカードです
  キャラカードにセットして使用できますが
  特定のキャラにしか使用できない場合もあります」

唯「...この『マジックハンド』は
  誰にでも使用できるの?」

梓「あ、はい
  特定のキャラに装備と書かれてませんからね」

唯「そんな風に見るんだね~」

梓「次はデッキについてです」

唯「ねえねえあずにゃん」

梓「なんでしょうか唯先輩?」

唯「このコストと発生ってなに?」

梓「あ、すみません
  説明し忘れてました」

唯「あずにゃんのドジっ子~」

梓「むっ///」

梓「と、とにかく教えますよ!」

唯「あはは、赤くなってる!」

梓「うるさいです!///」

梓「コストとはキャラカードや
  イベントカード、サポートカードを使うときに
  支払う数のことです」

唯「どうやって支払うの?
  お金?か...」

梓「違います!」

唯「おお!(貝って言おうとしたのに...)」

梓「コストの下にもう一つ数が
  掲載されてますよね」

唯「うん...
  2って書いてあるよ?」

梓「それを支払うのに使うんです」

唯「へ~」

梓「...ほんとに分かりましたか?」

唯「もちろんだよ!」フンス

梓「それでは次はデッキの作り方です」

梓「デッキは60枚のカードで作ります
  その時同じアニメのカードだけで組んでもいいですし
  ひとつのアニメだけでも組んでいいんです
  ちなみに、同じカードは4枚まで入れられます」

唯「ふむふむ...」

梓「作り方は分かりましたか?」

唯「わかったよ!」

梓「よかったです
  それでは早速...」

ガチャ!

憂「ちょっと待って梓ちゃん!」

梓「う、憂?」

唯「憂、どったの?」

憂「梓ちゃん!」

梓「は、はい!」

憂「いきなり、初心者にデッキ作らせるのは
  よくないよ!お姉ちゃん、これ使って!」

唯「う、うん...」

憂「それじゃ、私まだ澪さんと
  プレメモしてる途中だから!」バタン!

唯「...」

梓「...」

唯「憂もプレメモしてたんだ...」

梓「と、ところで唯先輩それは?」

唯「えっと...
 『魔法少女まどか☆マギカ』スターターデッキ...」

梓「あ、初心者にはもってこいのものですね!」

唯「へ?なんで??」

梓「それにはデッキが既に作られてますし
  プレイシートが入ってますから簡単にやり方を覚えることができます」

唯「おお!それじゃあ、私もうプレメモできるの!?」

梓「はい!」

唯「じゃ、あずにゃん...
  早速やろうよ!」

梓「もちr...」

律「ちょっと待ったーーーーー!!」

唯「おわっ!りっちゃん、起きたの!?」

律「唯、まず私と勝負だ!」

唯「でも、あずにゃんと...」

律「いいから、いいから!
  いいだろ?梓!」

梓「...いいですよ
  唯先輩に教えながら見学しときます」

唯「あずにゃ~ん!!
  また、教えてくれるの!?」ダキッ!

梓「にゃ!いちいち、抱きつかないでください!」

唯「良いではないか~」

律「さっさとはじめっぞ!」

実戦!

律「よし、まずはデッキをシャッフルする!」シャッシャッシャ

唯「わかったよ!」シャッシャッシャ

律「シャッフルしたあと
  デッキ置き場に置く!」

唯「りっちゃんにはデッキ置き場ないじゃん!」

律「うるへーー!!
  お前に教えてるんだよ!」

唯「そうなの?」

梓「(...普通気づきましょうよ)」

律「次にデッキから七枚カードを引く」

唯「七枚だね!
  1,2,3,4,5,6,7...っと
  引いたよ!」

梓「唯先輩、ちょっと手札見せてください」

唯「うん!いいよ!」

梓「それでは失礼します...」チラッ!

梓「こ、これは...」

梓「(鹿目知久、二人の魔法少女×2、美樹さやか×2、
   彼女らが集う場所×2...)」

唯「あずにゃんどったの?」

梓「唯先輩、手札を変えてください」

唯「え!いいの?」

律「ああ、一回だけな手札を全部変えることができるんだ
  ただし、今の手札はデッキの一番下に置くんだ」

唯「それじゃ、手札変えます!」

==入れ替え完了==

梓「さっきよりはマシになりました」

律「よし、先行は私からだ!」

律「まずはデッキからカードを二枚引く!
  ...だが、先行の1ターン目だけは一枚しか引けないのだ!」

唯「え、なんで?」

梓「ゲームが有利にすすめられるからです」

律「ああ、いらねぇの来たか...
  次はカード出すぞ」

梓「唯先輩、やり方をちゃんと見ててください」

唯「わかってるよ~」

律「ええと、カードをまず捨て札カード置き場においてと...」

梓「コストを支払うときはああするんです」

唯「なんか可愛そうだね」

律「伊波まひる(2-006)をメインエリアに出す!」

唯「もう出せるの!?」

律「さらに、発生コストを払い
  小鳥遊なずな(01-065)を出し...
  さっきの伊波まひるをアクティブ状態にする!」

唯「アクティブ?」

梓「実際通常のカードは出したターンはアプローチできませんが...」

律「この《アクティブ》って書かれたカードか
  キャラの能力でそれを得たら出したターンでもアプローチができる!」

唯「へ~...」

梓「のんきですね...」

律「唯には妨害できるカードがないから
  デッキから一枚ポイント置き場にカードを置くんだ」

唯「うん・・・」

梓「ちなみに勝負の勝敗はポイント置き場にカードを七枚
  移されるかデッキのカードがなくなるかです」

唯「ふむふむ・・・」

律「私のターンは終わりだ」

梓「次は唯先輩ですよ!」

唯「よさこい!」

唯「ええと、まずはカードを二枚引く・・・」

唯「次は捨て札置き場にカードを置いて・・・」

唯「キャラを出す!」

鹿目まどか(01-016)

梓「まあ、いいでしょ...」

唯「ねえねえ、あずにゃん...」

梓「なんでしょうか?」

唯「コストが0って書かれてたらどうするの?」

梓「その場合は手札を捨てずにそのまま出せますよ」

唯「だったら、これも出す!」

鹿目まどか&キュウべえ(01-013)

梓「唯先輩、ここでそれは...」

律「梓!」

梓「すみません・・・」

唯「??」

律「えっと、唯はアプローチできないから
  ターン終了だな」

唯「そうだよ~」

律「じゃあ、また私だ」

律のメインエリア
伊波まひる(02-006)

小鳥遊なずな(01-065)

サポートエリア
なし

律「山札を引いてと...」

律「サポートカード《マジックハンド》を
  サポートエリアにだして《伊波まひる》につける」

律「まずは《小鳥遊なずな》でアプローチ!」

唯「まただ...
  デッキから一枚...」

梓「待ってください
  唯先輩、妨害ができますよ」

唯「妨害?」

梓「はい、相手のアプローチを止めることができます」

唯「じゃあ、妨害!」

律「どのカードでだ?」

唯「う~んと...
  鹿目まどか(01-016)で!」

梓「ちなみに勝敗はアプローチした側はAPのポイントで
  妨害した方はDPのポイントで争います」

律「私はAP20!」

唯「DP30です!」

梓「この場合は律先輩の負けです」

律「マジかよ!」

唯「やったー!!守ったー!!
  よくやったね、まどかちゃん!」

梓「(なぜ、カードを撫でる...)」

律「まだだぜ!
  今度は伊波でアプローチ!」

唯「だったら
 《鹿目まどか&キュウべえ》で妨害!」

律「させないぞ!
 《マジックハンド》の能力でそのカードでは
  妨害できないようにする!」

唯「ええ!だったら、また置くの~!!」

梓「はい」

唯「グスン・・」

律「私のターン終了!」

唯「次は私だね!」

==数分後==

律「私の勝ちだな~♪」

唯「うう...
  負けた...」

梓「律先輩!
  少しは手を向いてください!」

律「うるへ~!!
  どんな時でも本気でやるそれが私のやり方だ!」

ガチャ!

澪「ごめん...
  憂ちゃんとの勝負で結構時間が...」

律「あ、澪」

梓「もう教え終わりましたよ」

澪「え、嘘...」

唯「今度は澪ちゃんとやる!」

律「どうせ負けるぞ~」

唯「澪ちゃんには勝つもん!」

澪「唯、私もやりたいが時間が...」

梓「あ、八時回ってますね」

律「やべ!帰らないと!」

唯「今夜、うちに泊まればいいよ!」

澪「でも悪いだろ?」

唯「大丈夫だよ!
  憂なら許しt...」

憂「お姉ちゃん!皆さん!」バタン!

律「う、憂ちゃん!」

梓「コラー!
  ドアを乱暴に開けない!」

憂「それよりこれ見てください!」

澪「パソコン...?」

律「あ、これ今日あった
  大会の決勝戦の動画だ...」

唯「大会?」

梓「プレメモにも大会があるんですよ
  スポーツみたいに」

唯「へ~」

梓「それで、憂
  この決勝戦の動画がどうしたの?」

憂「再生したほうが早く伝わるよ...」カチッ!

『ただいま、決勝が始まりました!』

律「普通に始まったな...」

憂「このあとです...」

『まずは先行の琴吹紬選手のターン』

澪「え」

律「おい...」

梓「これって...」

唯「あのまゆげは...」

憂「ムギさんです...」

紬『私のターンからよ!』

一同「えええええええええええええええええ!!!」

~fin~



おまけ

紬「よかったわ~
  出番があって♪」

紬「ちなみに模写されてないルールを
  ここに掲載するわ♪」

ポイント置き場のカードは表から裏に変えると発生コストとして使えます

アプローチのとき妨害されてAPとDPが一緒だった場合今度はそれぞれ逆を見て数字の大きさで勝敗(退場)を決めます

上記でどちらともAP,DPが一緒だった場合、どちらも退場となります

紬「わからなかったら
  WIKIページなどで見てね~♪」

~FIN~