部室にて...

律「よっしゃー!
  また、私の勝ちだ!!」

梓「また、負けてしましました...」

澪「梓はキャラクターカード
  入れすぎだぞ」

梓「キャラクターのカードばかり
  当たるんですよ...」

律「お前...
  すごいな...」

ガチャッ!

唯「あっずにゃーーーん!!」ダキッ!

梓「にゃう!?
  ゆ、唯先輩!」

律「お、唯
  掃除終わったのか?」

唯「やっと終わったよ~
  あ、ムギちゃんは用事があるから帰るって!」

律「え、ムギいないのか...?」

唯「そうであります...
  りっちゃん隊長...」

律「...今日は練習休みにs...」

澪「律!」ゴチン!

律「冗談ですよ...
  澪しゃ~ん...」ヒリヒリ

梓「唯先輩...
  いい加減離れてください...」

唯「ええ、もうちょっと...」

梓「ダメです!」

唯「ぶ~...
  あずにゃんのいけず~...」パッ!

澪「ほら、練習するぞ
  律と梓はカードを片付けろ」

律「へーい」

テキパキ、テキパキ・・・

唯「...」ジーッ!

澪「唯、どうしたんだ?」

唯「いや~
  りっちゃんとあずにゃんが片付けてるカードって
  何かな~って思って...」

律「何って...
  プレメモだよ」

唯「ぷ、ぷれめも?」

梓「はい、プレメモ...
  プレシャスメモリーズですよ」

唯「ぷ、ぷれしゃす...」

澪「唯も知ってるだろ?」

唯「ううん...
  知らないよ~...」

律「」

澪「」

梓「」

唯「へ?み、みんな?」

律・澪・梓「なんだってーーー!!?」

唯「ひっ!?」ビクッ

律「唯、本当に知らないのか!?」

唯「え、ええ...?」

梓「そうですよ!
  唯先輩!」

唯「み、みんなおt...」

澪「落ち着いていられるかーー!」

唯「へ!?み、澪ちゃん?
 (なんで言葉がわかったんだろう...?)」

律「んなもん、軽音部の仲だからだ!」

唯「(りっちゃんは心を読んだ!?)」
___________________

数分後...

律「ひとまず、落ち着いてと...」グタ~

唯「(...みんなすごかったな~)」

梓「それで唯先輩?」

唯「は、はい!」

澪「お前、本当に知らないのか?」

唯「う、うん...
  全く知らないよ~
  まず、カードゲーム自体あまりわからないし...」

律「マジでか」

梓「(唯先輩がカードゲームにはまってないとは...
   予想外です)」

澪「プレメモも知らないわけか...
  まあ、しょうがないか
  それじゃ、練習...」

律「ちょっと待ったーーー!!」

澪「なんだよ、律!」

律「どうせならさ、この際
  唯にプレメモ教えね?」

澪「またお前は、練習をs...」

梓「いいですね!律先輩!」

澪「あ、梓!?」

梓「唯先輩にプレメモを教えましょう!」

澪「ちょっと...」

唯「教えてつかさい!」ペコリ!

律「うむ、それでは教えよう!
  でも、学校じゃ流石にまずいから
  誰かの家で教えてやるよ」

梓「え、律先輩のお宅でいいじゃありませんか?」

律「いや、ちょっと無理なんだ...」

澪「(多分、聡でだな...)」

唯「じゃあ、私の家でやろうよ!
  教えてくれるんだし!」

律「じゃ、一旦家に帰って
  そのあと、唯の家に集合だ!」

唯・梓「おーー!!」

澪「お、お~...
 (...練習できないのか...)」ショボン・・・
__________
________
_____
_

唯の家!

唯「ただいま~」

憂「あれ、お姉ちゃん?
  おかえりなさい、早かったんだね」

唯「うん、あ、あとから
  りっちゃん、澪ちゃん、あずにゃんが来るんだ」

憂「え、梓ちゃんたちが?」

唯「そうだよ~
  なんかね、ぷれめもをね
  教えてくれるんだ~」

憂「へ~そうなんだ
  じゃあ、みなさんの分の夜ご飯作らなきゃね!」

唯「おお、みんなでご飯か~」

憂「じゃあ、材料買ってくるね!」

唯「いってらっしゃ~い」パタン

憂「(よかった~、出かける行実ができて
   ちょうど、プレメモのカード買いに行きたかったから
   だけど、お姉ちゃんプレメモ知らなかったんだ~)」

________
______
__
ピンポーン!

唯「あ、来た!」ガチャ!

律「よっ!唯!」

澪「こんばんわ」

梓「お邪魔します」

唯「どうぞ、どうぞ!
  入って!」

律「お邪魔しまーす!」

唯の部屋!

律「それでは、唯にプレシャスメモリーズ
  訳して...」

梓「プレメモを教えます」

律「おい、梓セリフ取るな!」

澪「それじゃ、まずはどんなゲームからかだ」

唯「待ってました!」パチパチパチ!!

律「無視かよ!」

澪「まず、プレシャスメモリーズというのはな
  訳すとプレメモってなるんだ」

唯「はいはい!質問です!」

澪「なんだ?」

唯「なんで、訳すとプレメモってなるの!?」

澪「それはだな...」チラッ

律「へ、私が答えるのか!?」

澪「(頼む律!)」メデウッタエ!

唯「りっちゃん!」キラキラ!!

律「う、・・・あ、梓ならわかるぞ!」

梓「いえ、私にはわかりません」

律「(こいつ、さらりと白状しやがった!)」

唯「ねえ、りっちゃん教えて!」サラニキラキラ!!

律「そ、それはだな・・・
  私にもわかりましぇん!」

唯「ぶ~、なんだ~...」

律「(つーか、わかるわけねえだろ!)」

澪「まあ、とりあえず続けるぞ」

唯「よさこい!」フンス!

律「澪しゃん、ひどい・・・」

澪「プレメモはな、
  アニメのキャラクターやその場面を表した
  カードの事なんだ」

唯「ほうほう・・・」

梓「それでその、アニメ種類なんですが
  『ひだまりスケッチ』『WORKING』
  『俺の妹がこんなに可愛いわけない』
  『侵略!イカ娘』『魔法少女まどか☆マギカ』などです」

唯「...これ以外にもあるの?」

律「そうだぞ、
  『偽物語』『刀語』『まよキチ!』...」

唯「りっちゃん、もうお腹いっぱいです...」プスプス・・・

律「なんで、アニメの題名だけでメンスと!?」

澪「続けるぞ?」

唯「お、お願いします...」

梓「(そんなに難しいものなのだろうか?)」

澪「プレメモのやり方を今から
  説明するけど...
  唯は大丈夫なのか?」

唯「だ、大丈夫...」

律「全然大丈夫じゃないだろ!」

ガチャ!

憂「みなさーん、夕食の準備ができました!」

律「え、私たちの分まで作ってたのか?」

憂「はい」ニコリ

律「憂ちゃん、サンキュー!
  今日さ、親がいないから飯どうしようと思ってたんだよ!」

澪「律、お前作れるだろ?」

律「材料がないんだよ!」

梓「いいの憂?ご馳走になって?」

憂「もちろんだよ」

唯「やったー!ごはん、ごはん♪」

律「...きりかえ速っ!」


2