梓「右の穴からちょっとだけはみ出してる…」



唯「あーずにゃん!」

梓「もー!離れてください!」

澪「今日も仲良いなあの二人」

律「まるでカップルみたいだぜ!」

紬「ちゃんちゃらおかしいわ」

唯「あずにゃん大好き!」

梓「ちょ、抱きつかないでくだ…えっ」

梓(嘘!唯先輩の鼻から…鼻毛が出てる!?)

唯「ん?どうしたのあずにゃん」

梓「い、いや別に」

梓(どうしよう…確実に鼻毛だあれ…)

澪「二人の関係が羨ましいよ」

律「うらやましいんだぜ!」

紬「ちゃんちゃらおかしいわ!」

梓(他の先輩方は気づいてないみたいだけど…)

唯「あずにゃん~♪」

梓「…うっ(だめだ…これ以上近づかれると笑っちゃうかも…!)」

梓(でも我慢しなきゃ!もしみんなの前で笑ったりなんかしたら…きっと唯先輩傷ついちゃうもん!)

唯「ど、どうしたのあずにゃん?」

梓「へ?何がですか?」

唯「だって『うっ』て声あげたと思ったら急に黙りこむから!」

澪「お腹でも痛いのか?」

律「心配なんだぜ!」

紬「ちゃんちゃらおかしいわ!」

梓「大丈夫です!平気ですので」

唯「…本当に~?」ジー

梓「本当です(だめだ…)」

唯「本当の本当にぃ~?」ジー

梓「本当の本当です(鼻毛がはみ出た顔で見つめられると…)」

唯「本当の本当の本当にぃ~?」ジー

梓「ほ、本当のほ…んふっ(もう我慢できない…!)」プルプル

梓「ぶぶーーー!!」

唯「わっ」

澪「どうしたんだ梓!?」

律「どうしたんだぜ!?」

紬「ちゃんちゃらおかしいわ!?」

梓「ゴホッゴホッ!なんでもないです!ちょっとむせちゃっただけです」ゴホン

唯「…嘘でしょ」

梓「!」

梓「い、いや!本当にむせただけなんで!」

唯「あずにゃん」

梓「え~っと…なんていうかその」

唯「わかるんだよ」

梓「そ、そうだ!唾飲み込むの失敗しちゃったんです!」

唯「私にはあずにゃんの考えてることが」

梓「唯…先輩…」

梓(そうだよね…黙ってても唯先輩はいつか気付いて傷つくだけだよね)

澪「なんだか今のお姉さんみたいだな!」

律「お姉さんみたいだぜ!」

紬「ちゃんちゃらおかしいわ!」

唯「私はあずにゃんが心配なんだよ」

梓(唯先輩のために…今私が言わなきゃ!よーし!)

梓「じ、実は…!」

梓「その…唯先輩……出てる……」ゴニョゴニョ

唯「ん?よく聞こえないよ」

梓「はな…だめだ!やっぱり言えない!」

梓「ごめんなさい唯先輩!ごめんなさいー!」ダッダッ

唯「待ってよあずにゃ~ん!」

澪「走ってどっか行っちゃった」

律「行っちゃったんだぜ!」

紬「ちゃんちゃらおかしいわ!」

2年の教室

憂「そんなことがあったんだー」

純「んで、結局言えずにここまで逃げて来ちゃったの?」

梓「うん…どうしよう」

憂「私がお姉ちゃんに言ってあげようか?」

梓「えっ」

純「憂は優しいなー」

梓「でも…あっ」

憂「私ならお姉ちゃんに言いやすいし」

梓「…」

憂「じゃあ今から行ってくるね」

梓「待って!」


梓「行っちゃった」

純「…止めなくていいの?」

梓「な、なんで?」

純「だって憂…」

純「左の鼻の穴から鼻毛が出てたじゃん!」

梓「あ、純も気づいてた?」

純「実は今朝から」

梓「私もさっき見つけてびっくりしたけど…さすがに憂に教えてあげる勇気はなかったよ」

純「だってあんなに真剣に梓のことを心配してくれてるんだもん」

梓「あのタイミングで鼻毛が出てるよなんて言えるわけないじゃん!」

純「…私、憂を止めに行ってくる!」

梓「!」

純「だってこのまま澪先輩たちの前に憂が行ったらどうなると思う?」

梓「はっ!きっと平沢鼻毛姉妹というあだ名を律先輩辺りにつけられて学校中に広められちゃう!」

純「そう!それだけはなんとしても阻止しないと!」

梓「私も行く!」

純「だめ!梓はここで待ってて」

梓「そんな!」

梓「私も行く!」

純「だめ!梓はここで待ってて」

梓「そんな!」

純「おーい!憂ー!」

憂「どうしたの純ちゃん」

純「待って!はぁ…はぁ…」

憂「そんなに急いでどうしたの?…はっ!もしかして」

憂「梓ちゃん、気づいちゃった?」

純「いや大丈夫だよ、梓はまだ気付いてないみたい」

純「自分の両方の鼻の穴から鼻毛がはみ出てることにはね!」

憂「なーんだ、よかった」ホッ

純「梓もまさか自分が鼻毛出てるなんて思ってもないだろうね」

憂「絶対教えちゃだめだよ」

純「わかってる、だって先輩の鼻毛の心配している本人が実は先輩よりたくさん鼻毛が出てたんだよ?」

純「そんなの私だったらはずかしすぎてしばらく学校休むし」

憂「もー純ちゃんはいじわるなんだから」

純「まぁまぁ、だからさ、やっぱり憂も言いに行かなくていいんじゃないかな」

純「誰かに言われるよりやっぱり自分で気付いた方がいいんだよきっと!」

憂「そうかな」

純「そうだよ!」

憂「そんなもんかな」

純「そんなもんだよ!」

梓「憂と純戻って来ない」

梓「なにしてんだろう…心配だなぁ」

梓「はっ!もしかして!」

梓「憂がうっかり言っちゃったのかな?」

梓「純の両方の鼻の穴から鼻毛とかがガッツリ大量にはみ出てることを!」

梓「いやいやそんなはずないよね」

梓「あの憂がそんなこと言うはずないもん」

梓「純の鼻毛がはみ出てるのはいつものことだけど」

梓「1年間誰も何も言わずにやってきたんだもんね」

梓「でもじゃあなんで二人はなかなか戻って来ないんだろ」

梓「ちょっと心配になってきたな」

梓「様子を見に行ってみようかな」

梓「ここで待っててって二回も言われたにもかかわらず様子を見に行ってみようかな」

梓「あっ、いたいた」

憂「そんなもんなのかなあ」

純「そんなもんなのだよ!」

梓「なんだ!ちゃんと憂を引き止めてくれてるじゃん!」

梓「よかった!平沢鼻毛姉妹の誕生をなんとか未然に防ぐことができたみたい!」

梓「ありがとう純、憂を止めてくれて」

梓「私、言ってくるよ」

梓「唯先輩に鼻毛がちょろんと出てますよって」

梓「言ってくるからね、私」

梓「唯先輩に鼻毛がちょろんと出てますよって」

憂「そんなもんなんでしょうか」

純「そんなもんなんですよ!」

梓「それじゃあいってきます」

一方その頃

唯「あずにゃんどうしたんだろ…」

澪「急に走ってどっか行っちゃうし…」

律「心配なんだぜ…」

紬「ちゃんちゃらおかしいわ…」

唯「なにか悩みでもあるのかな」

澪「体調が悪いのかも」

律「心配なんだぜ」

紬「ちゃんちゃらおかしいわ」

澪「確か何か言おうとしてたよな、何か出てるとか」

唯「唯先輩って私の名前を呼んでた気もする」

律「はなって言ってた気がするぜ!」

紬「ちゃんちゃらおかしいわ!」

唯「いったい何を言いたかったんだろう」

澪「ちょっと待って…なんだかもうすぐわかりそうな気が…!」

律「私はさっぱりわからんぜ…!」

紬「ちゃんちゃらおかしいわ…!」

澪「はっ!わかったぞ!梓が何を言おうとしていたのか!」

唯「本当に!?」

澪「ああ!さっき聞き取れた3つのキーワードがあるだろ?」

唯「それって確か…『出てる』と『唯先輩』と『はな』だよね?」

澪「そう、それを繋げることで梓が何を言いたかったかを導きだすことに成功した」

唯「澪ちゃんすごい!!」

律「まるで名探偵なんだぜ!!」

紬「ちゃんちゃらおかしいわ!!」

澪「よせよ照れるだろ」

唯「それで?はやくあずにゃんが言いたかったことを教えてよ!」

澪「わかった、じゃあまず最初のキーワード『出てる』についてだけど」

澪「これはまず"おしっこが出てる"という意味の発言で間違いない」

唯「そ、そんな…それは本当なの?」

澪「ああ、おそらく」

唯「なるほど…確かにあずにゃんはあのとき急に黙りこんだ」

澪「そう!まるで談笑している最中ついおしっこがちょろんと出ちゃった人のように!」

律「わかりやすいたとえなんだぜ!」

紬「ちゃんちゃらおかしいわ!」

澪「そして2つ目のキーワード『唯先輩』についてだけど」

澪「これはおそらくおしっこが出ている自分の立場を言ったものなのだろう」

澪「"唯先輩の前なのに"といったところだろうか」

澪「きっと大好きな先輩の前でおしっこを出しちゃった自分にショックを受けてたんだよ」

澪「もしかすると唯に嫌われるかもしれないと思ったんじゃないかな」

唯「だから急に黙りこんで…」

唯「そんな…そんなのってないよ!あんまりだよ!」

唯「私は目の前でおしっこ出ちゃったからってあずにゃんのこと嫌いになるはずなんてないのに!」ポロポロ

律「ありえないんだぜ!」ポロポロ

紬「ちゃんちゃらおかしいわ!」ポロポロ

澪「でも梓はそう思ってしまったんだなぁ」

唯「そんな!」

澪「確実にそう思ってたはずなんだなぁ」

唯「そんな!」

澪「最後に3つ目のキーワード『はな』についてだけど」

澪「これはいくら考えても前の2つに繋がらなかった、多分関係ないんだろう」

唯「そっか」

澪「これについては忘れよう」

唯「そうしよっか」

律「なかったことにするんだぜ」

紬「ちゃんちゃらおかしいわ」

澪「つまり梓が言いたかったのは『おしっこが出ちゃった…唯先輩の前なのに…!』ということになり

梓「やっと見つけましたよ!唯先輩!あとみなさん!」

唯「あずにゃん!?」

澪「なんだよ良いところだったのに…」

律「かっこわるいんだぜ」

紬「ちゃんちゃらおかしいわ」

唯「心配したんだよあずにゃん!どこ行ってたの?」

梓「す、すみません…実は…」

唯「もー!私はあずにゃんが目の前でおしっこしても嫌いになんかならないのに!」

梓「おしっ…え?何の話ですか?」

唯「体調が悪いわけじゃないんだよね?おしっこがちょろんと出ちゃっただけなんだよね?」

梓「ちょっと唯先輩が何を言ってるかわからないんですけど」

梓「とりあえずその話は後にして私の話を聞いてもらえませんか?」

唯「でも」

梓「唯先輩に聞いてもらわないといけないことなんです!ずっと言いたかったことなんです!」

唯「わかったよ、じゃあ先に言って…あっ」

梓「実は…唯先輩…その…今朝からはなg

唯「ちょっと待って!あずにゃん鼻毛がはみ出てるよ!抜いてあげるね!」ブチッ

梓「いたっ!」

唯「あっ!こっちからも出てる!両方抜いてあげるね!」ブチブチッ

梓「あいたっ!」

中野梓は恥ずかしさのあまり1週間学校を休んだ