唯「はいはいはーい!じゃあ私ウルトラマン!ウルトラマンやりたい!」

律「何言ってんだ!そういうカッチョのいい役は私の係だろー」

唯「えー!私だよー!」

紬「マットアローかマットジャイロか…うーん……あっ、マットビハイクルも捨てられないし……」

澪「……私は丘隊員になって向こうで座ってよーっと」

梓「」ガタガタ


『うわーいwwwwww古代怪獣が出たぞーwwwwwww』


『エビ反りしてよエビ反りwwwwwwwうぇーいwwwwwwww』


『工事現場に帰れーwwwwwwwwwwwwwwww』


『グードーンwwwwwwwwグードーンwwwwwwwwwww』



梓「…うぁ…あ……」ガタガタ


「―――ちゃん」

梓「」ガタガタ

紬「梓ちゃん?」

梓「ひぁっ!?な、なんですかムギ先輩」

紬「私は上野隊員にしようと思うんだけど……梓ちゃんは何の役がやりたい?」

梓「あ、あの…わた、わたし……」ビクビク

紬「?」

律「わかーったよ!わかったわかったわかりました!」

梓「」ビクッ

律「そこまで言うんなら仕方ない。じゃあウルトラマンの方は置いといて先に怪獣役から決めよう、な!」

唯「むー」

梓「か、かい……」

律「そうだなー怪獣はー」

梓「ひっ」

律「メガトン怪獣スカイドン!配役は秋山ぁー、みぃーおぉー!」

澪「へぇー……ってなんでだよ!」

唯「そうだよりっちゃん!帰りマンにスカイドンは出てこないよ!」

澪「違う!そこじゃない!!」

澪「……どうして私がメガトン怪獣なんだぁー!!!」ギリギリ

律「ぐえぇ…ギ、ギブギブ」

唯「おお、ウルトラネックハンギングツリー」

紬「そんな技あったっけ?」

梓「……」

梓「えっ」

澪「」ギリギリ

律「ちょ、マジ絞まってるから!あのちょっと!」

梓「あ、あの……」

律澪「ん?」

梓「あ、あの私は何の役を……?」

律「んん?そうだなー……」

梓「」ビクビク

律「そだ!ウルトラの母でどうだ!」

梓「……はい?」

澪「母?梓が?ちょっとイメージ違わないか?」

律「そうかー?だってほら!髪型一緒だし」

梓「……」

澪「んー…それもそうかぁ」

唯「いいじゃんあずにゃん母!私もあずにゃんにだったら助けてもらいたい!」

律「あっ、コラ!勝手に役を取るなよ!」

梓「……」

梓「……う、うぇぇ…」シクシク

唯澪律紬「!?」

律(お、おい!なんでいきなり泣きだしたんだ!?)

紬(もしかしてウルトラの母が嫌だったんじゃ……)

澪(いや待て。私たちが練習もしないでごっこ遊びに熱中してたから愛想が尽きちゃったのかも……)


唯「あ、あずにゃん泣かないで!ほーらよしよしいい子だねぇ~」ヨシヨシ

梓「うぅ…ぅ……」シクシク


澪(ほら!唯がなだめてる間に謝ってこい!)

律(ええっ!?私が!なんで!?)

澪(なんでもなにもごっこ遊びの発案も配役の指定も全部お前じゃないか!お前が悪い!)

律(ええー……)

梓「……ヒック…ヒック」

澪「ほら!」グイグイ

律「押すなって!」

律「……あー、あの梓?その、なんかごめんな?」

 「もう遊んだりしないでちゃんと練習するからさ、その…泣き止んでくれよ。な?」

梓「……ち、違うんです」グスッ

律「?」

梓「私その……嬉しくて……グスッ……」

唯澪律紬「嬉しい?」

梓「私、小さい頃からこんな髪型してたからずっとツインテールだツインテールだってイジメられてて……」

 「みんな私の目に向かってかんしゃく玉を投げてきたり……」

 「体育の時にはエビ反りしかさせてもらえなかったり……」

 「給食にエビが出てきたら共食いだからって取り上げられたり……」

 「挙句の果てにグドンだぞーって縄跳びでひっぱたかれたりして……」

 「それでその……私、この髪型に全然いい思い出がなくって……」シクシク

律(じゃあ髪型変えろよ……)

梓「だから私、嬉しかったんです……この髪型のおかげで」

 「……怪獣なんかじゃなく、ウルトラ戦士の一員に加えてもらえるなんて……グスッ…」

唯「あずにゃん……」

梓「律先輩」

律「な、なんだ」

梓「私、喜びで胸がいっぱいです!結婚してください!」

律「……いきなり話がデカイ!!!」


――――――――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――

唯「ヘアアアアァ!!!ダアッ!!!!!」ダシィンバタンバターン!!!


  <君ーにも見えぇーるウルトラの星ぃー 遠ぉーく離れて地球にひぃとーりぃー


律「ブモォオオオオ!!!」ドタドターン!!!


  <怪獣退治に使命を賭けて 燃える街にあぁーとわずかぁー


澪「宇宙戦士、その名はMATだ!行くぞ!」ダンダンダーン!!!

紬「はいっ!」ダンダンダーン!!!


  <轟く叫びを耳にして


梓「マザァー……光線!!!」


  <帰ってきたぞ帰ってきたぞ ウルトラマーン

おわり