唯「まっしろ…」

紬「冬だから」

唯「はぁーーっ」

紬「あんまり白くならないね」

唯「…うん。やっぱりムギちゃんのほうが暖かいんだね」

紬「そうかもしれないね」

唯「ねぇ、ムギちゃん。私の手、温めてくれる?」

紬「はぁーーーーっ」

唯「あはは。ムギちゃん。息じゃ流石に暖かくならないよ」

紬「えっ。なら、どうすれば」

唯「こうするんだよ…」

紬「あっ」

唯「こうやって手をつなぐだけであったかあったかだよ」

紬「…うん」

唯「でも手の甲が冷えちゃうね。そうだポケットの中に入れちゃおっか」

紬「ポケットの中に?」

唯「うん」

紬「唯ちゃんの左手を私の右ポケットに」

唯「ムギちゃんの左手を私の右ポケットに」

紬「…ちょっと恥ずかしいね」

唯「うん。でもとってあったかい」

紬「そうね。とってもあったかいわ」

唯「でも、顔が少し寒いね」

紬「…そうだね」

唯「はーーっ」

紬「唯ちゃん?」

唯「ちょっとぐらいはあったかくなるかなって…」

紬「はーっ」

唯「はーーっ」

紬「はーーっ」

唯「すー、はーーーっ」

紬「すー、はーーーっ」

唯「すーー、はーーーーっ」

紬「すーー、はーーーーっ」

唯「すーーーーごほっごほっ」

紬「唯ちゃん!」

唯「…大丈夫。ちょっとむせただけだから」

紬「大丈夫ならいいんだけど」

唯「ムギちゃんは心配症だね…」

紬「でも、少しあったかくなったね」

唯「呼吸ってお腹の筋肉を使うからかな?」

紬「そうかもしれない」

唯「…あっ」

紬「どうしたの?」

唯「私の息くさくなかった?」

紬「ちょっと甘かったかも」

唯「ほんとう?」

紬「ほんのすこしカカオの匂いもしたかも」

唯「てぃーたいむにちょこれーと食べたからかな」

紬「たぶんね。それで…」

唯「うん?」

紬「私の息はどうだった?」

唯「ムギちゃんの息は、ちょっと変わってるんだよ」

紬「えっ」

唯「ムギちゃんの息を吸うと思い出すんだ。あの時のこと」

紬「あの時のことって?」

唯「初めて…したときのことだよ」

紬「唯ちゃん…」

唯「したいな」

紬「…」

唯「してもいいかな?」

紬「…」

唯「それではいただきます」

紬「…」





唯「そろそろ帰ろっか」

紬「そうだね」

唯「ちょっと名残惜しいね」

紬「片方の手は離さないと」

唯「両手を繋いだままは歩けないから」

紬「でも、離したくない」

唯「私も離したくないよ」

紬「じゃあ離さない」

唯「…ムギちゃん?」

紬「こうやってずっと手を繋いでいれば死ぬまで一緒にいられるから」

唯「こんな寒いところにいたら本当に死んじゃうよ」

紬「死んじゃうね」

唯「ムギちゃんは死にたいの?」

紬「唯ちゃんと離れるぐらいなら死んだほうがいい」

唯「ムギちゃん、重い女だって言われたことある?」

紬「はじめて」

唯「ムギちゃんは、私にだけ重い女だね」

紬「うん。私は唯ちゃんだけだから」

唯「りっちゃんは?」

紬「いらない」

唯「みおちゃんは?」

紬「いらない」

唯「中野梓は?」

紬「いらない」

唯「本当に?」

紬「うん…」

唯「ムギちゃん、嘘つきって言われたことあるでしょ?

紬「ないよ」

唯「ムギちゃんは、私にだけ嘘つきだね」

紬「私には唯ちゃんだけだから」

唯「信じてもいいのかな?」

紬「信じなくてもいいよ」

唯「えっ」

紬「どうでもいいから、二人で冷たくなって死んじゃおう」

唯「むぎちゃん…本気?」

紬「唯ちゃんは私と死ぬの嫌?」

唯「どうだろう」

紬「わからないんだ?」

唯「うん」

紬「そっかぁ」

唯「…やっぱり嫌かな」

紬「どうして?」

唯「手の暖かさが分からなくなっちゃうよ」

紬「私の?」

唯「ムギちゃんの」

紬「それなら、仕方ないね」

唯「ムギちゃんの左手離すね」

紬「唯ちゃんの右手を離すよ」

唯「寂しいね」

紬「でも、もう片方の手はあたたかい」

唯「でも、もう片方の手は冷えちゃうね」

紬「なら、あたためないといけないね」

唯「どうやって?」

紬「すーーー、はーーーーっ」

唯「あはは。それじゃあんまりあったかくならないよ」

紬「すーーー、はーーーーっ」

唯「それに私の手しかあたたかくならないよ」

紬「すーーー、はーーーーっ」

唯「…だけど、ありがとう」

紬「すーーー、はーーーっ」

唯「いつの日か私があたためてあげるから」

紬「すーーー、はーーーっ」

唯「心まで全部だよ。だから待っててねムギちゃん」

紬「すーーー、はーーーっ」

おわる。