律「え~作業したばっかで疲れてんだよ~」

澪「自業自得だろお前は」

律「ちょっとだけ!ちょっとだけお茶にしよーぜ!な?」

刹那(!・・・ここは乗るしかない!)

刹那「そうだよ~ひとまずお茶だよ!」

梓「ちょっと唯先輩!」

紬「う~ん私も疲れちゃったしお茶にしない?」

澪「ムギが言うなら・・・」

梓「なっ!」

刹那(よし!)

梓「皆さん!!!!」

刹那(目標を沈黙させる!)

刹那「お願いだよ~あずにゃ~ん」ダキッ

刹那「私もちょっと調子わるくてさ・・・」

梓「・・・え?」

刹那「ね・・・?」

梓「う・・・」

刹那「ダメ・・・かな・・・?」ウルウル

刹那(恥ずかしい・・・だが退けん!)

梓「うぅ・・・///・・・・・・もう!仕方ないですね!ちょっとだけですからね!!!!」

刹那(目標の懐柔を確認。セカンドフェイズに移行する)

刹那「ありがと~あずにゃ~ん!!」ダキッ

梓「ふにゃあっ///」

刹那(とりあえずはなんとかなったか・・・)

刹那(しかし・・・俺は何故この世界に・・・)

刹那(やはりあの光が原因か・・・?)

刹那(神の仕業とでもいうのか・・・)

刹那(いや!この世界に神はいない!)

梓「唯先輩!///」

刹那(だが・・・仮に神がいるとして・・・)

梓「唯先輩ってば!///」

刹那(神がいるならばなんの目的で俺をここに・・・?)

梓「・・・・・唯先輩・・・・・?」

刹那(くそっ!わからない・・・なんなんだこの状況は・・・!)

梓「唯先輩!!!!!!!!!!」

刹那「!」

梓「そろそろ離して下さいよ・・・」

刹那「あっ・・・ごめんねあずにゃん」

梓「唯先輩・・・とっても恐い顔してましたよ・・・?」

梓「なにか・・・あるんですか?」

刹那「ごっごめんね!ちょっと考え事しててさ!」

刹那「やっぱり私調子悪いみたいでさ!」

刹那「今日は帰るね!ごめんね皆!」

梓「え!?そんないきなり!」

バタン!




梓(唯先輩・・・)

律「どうしたんだ唯のやつ」

澪「ちょっと変だったな」

紬「心配ね・・・」

________________________
_____________
_______


刹那「く、多少怪しまれたか・・・?」

刹那「だが仕方ない・・・これ以上は更に怪しまれる可能性がある・・・」

刹那「さて・・・ひとまず平沢家に向かうか。平沢 唯として帰らなければ平沢 憂に心配をっ!?」

刹那「まずい・・・俺は平沢家の場所を知らない!」

刹那「・・・!あれは!」




刹那「あ、おばあちゃ~ん!」

とみ「あら、唯ちゃんじゃない」

とみ「学校の帰りかい?」

刹那「うん!一緒に帰ろ?おばあちゃん」

とみ「ええ、行きましょう唯ちゃん」

刹那(よし!このご婦人について行けば隣が平沢家だ)

とみ「最近学校はどう?」

刹那「うん!楽しいよ!」

とみ「あら?今日はギー太ちゃんは一緒じゃないの?」

刹那「え?・・・あ!」

刹那(しまった・・・焦って部室に置いたままだったか・・・)

刹那(く・・・先ほどからミスばかり・・・!)

刹那「ううん!今日は部活なかったから!」

とみ「おやおやそうなのかい」

とみ「あ、この前はありがとうね唯ちゃん」

刹那「え?」

とみ「ほら演芸大会。唯ちゃんかっこよかったわよ」

刹那(あの唯梓回のことか)

とみ「今度あずにゃんさんと家においで?歓迎するわよ?」

刹那「うん!ありがと~おばあちゃん!」

_________________
__________
_____

テクテク

とみ「あら唯ちゃんどこへいくんだい?」

とみ「そっちは家じゃないじゃない」

刹那「!」

刹那「あ!ごめんねおばあちゃん!向こうに猫ちゃんがいてさ!」

とみ「そうかいそうかい。唯ちゃんは動物が好きね~」

刹那「えへへ~」

_________________
_________
_____

テクテク

刹那「・・・・・」

とみ「・・・・・・」

とみ「唯ちゃん今日は元気ないね?どうかしたかしら?」

刹那「あ!いや~ちょっとね~」

刹那(!あの形状は平沢家!)

刹那「じゃ、じゃねおばあちゃん!」

とみ「・・・・あなた・・・・ほんとに唯ちゃん?」

刹那「!」(なっ!?)

刹那「何言ってるの~おばあちゃん!」

刹那「そんな事ある訳ないじゃん!」

とみ「いいえ、あなたは違うわ」

刹那「・・・・・・・・・」

刹那「・・・・」

刹那「何故分かった?」

とみ「ふふ・・・年をとると色々分かるのよ」

刹那「・・・俺はたしかに平沢 唯ではない」

刹那「だが俺は平沢 唯の敵ではない」

刹那「まずは聞いて欲しい」

とみ「・・・・・話してごらんなさい」

______________________
_____________
_______

刹那「・・・・・・・という訳だ」

刹那「・・・とても信じられないと思う」

刹那「実際俺も訳がわからないんだ・・・」

刹那「だが信じてほしい。これは事実なんだ」

とみ「・・・・信じるわ」

刹那「!」

刹那「言っておきながらなんだが・・・よく信じてくれたな」

とみ「・・・・・あなたが唯ちゃんの体を使ってるのと・・・そうね」

刹那「?」

とみ「私にしかわからない理由があるのよ・・・」

刹那「その理由とは?」

とみ「今は言えないのよ」

とみ「それに残念だけど私あなたの手助けにはならないでしょうね」

とみ「私はただの老人だし・・・頑張ってね、唯ちゃんのためにも」

刹那「ああ、この体を平沢 唯の元へ返すためにも俺はこの世界にきた理由を突き止め元の世界に帰らなければならない」

刹那「では失礼する。話を聞いてくれて感謝する。一文字 とみ」

スタスタスタ ガチャッバタン





とみ「頑張るのよ・・・この町の為にも・・・・・」

______________________
___________
_____


刹那「ただいま~憂~」

憂「お帰りお姉ちゃん。早いね?」

刹那「うん・・・ちょっと調子わるくてさ、部活早退したんだ」

憂「ええ!?大丈夫なの!?」

刹那「あ!うん大丈夫だよ憂!ほんとにちょっとだけだから!」

刹那「部屋で寝てくるね!」

憂「辛かったらすぐ言ってね!」

刹那「あはは、ほんとに大丈夫!心配しないで!」

憂「うん・・・無理しないでね!お姉ちゃん!」

刹那「わかった~」

_____________________
__________
____

ゆいのへや!

刹那「平沢 憂にはすまないが・・・」

刹那「明日からは情報収集に専念しなければ・・・」

刹那「平沢 唯にも悪い事をした・・・・もう少しだけ辛抱してくれ」

刹那(それに・・・)

~~~梓『唯先輩?』~~~

刹那(ガンダム・・・いや、中野 梓にも・・・)

刹那「・・・・・」zzzzzz

__________________
____________

よくじつ!

憂「お姉ちゃん、調子はどう?」

刹那「うう・・・ちょっとまだ微妙みたい・・・」

憂「病院いく?」

刹那「うん。自分で行けるから憂は学校行ってて」

憂「ほんとに大丈夫?」

刹那「そこまでひどくもないから大丈夫だよ」

憂「悪化したらメールしてね。軽音部の皆さんには梓ちゃんから伝えてもらうよ」

刹那「ごめんね心配かけて」

憂「ううん。じゃあ行ってくるね」

刹那(本当にすまない・・・)

____________________
____________
______

刹那「さて・・・今日は情報収集に専念しなければ」

刹那「俺達の世界より遥かに水準が劣るが・・・」

刹那「ネットでの情報収集から始めるか」

~~~~~~
カタカタ

刹那「やはりこの世界にMSは存在しない・・・」

刹那「兵器水準は元の世界の2000年代と変わらないか・・・」

数時間後・・・

刹那「くっ・・・何も見るからない・・・か」

カタカタ

刹那「!」

刹那「これは・・・!?」

~~桜ヵ丘に巨大人型機械出現!?~~

刹那「50年前の新聞記事・・・」

刹那「桜ヵ丘に巨大機械が出現し桜ヵ丘町が壊滅・・・」

刹那「写真の類は・・・ないか」

刹那「町の図書館ならば当時の資料があるか・・・?」

刹那「いや、もう今日は遅い」

刹那「出かけた事が知られれば平沢 憂に怪しまれるな」

刹那「明日は土曜日・・・2日間は自由に行動できる」

ピンポーン

刹那「む・・・?」

刹那「誰だ・・・」

ガチャ

梓「・・・・・・」

刹那「!」

刹那「どうしたの~あずにゃん。憂は?

梓「憂は買い物です・・・唯先輩・・・」

刹那「?」

梓「昨日から様子、変だったから・・・」

梓「私、何かしましたか?」

梓「私・・・何か・・・気に障ること・・・しちゃったのかな・・・って」

刹那「え・・・そんなことないよ?なんでそんなこと?」

梓「だって・・・口調がおかしかったり・・・私のこと・・・中野って呼んだり・・・」

刹那「それは・・・えっと・・・寝ぼけててさ」

梓「そうですか・・・」

梓「あと・・・はい、ギー太」

刹那「あ、ありがとーあずにゃん」

刹那「まだちょっと調子悪いからさ、またねあずにゃん」

バタン

梓「あ・・・」

梓「・・・・・・・・・・・・・・」

梓「唯、せんぱ・・・・・ぃ」

_______________________

刹那「まずいな・・・これ以上は・・・」

刹那「軽音部からのメールが・・・」

刹那「やはり信頼されているのか・・・平沢 唯」

刹那「中野 梓からのメールと着信が多いな・・・」

刹那「くそ・・・俺は何をしている・・・!」



3