梓「暇だなぁ・・・」ハァ

梓「せっかくのクリスマスだってのに家で1人ぼっち・・・」

梓「お父さんもお母さんはクリスマスライブ」

梓「憂は唯先輩といるし純はお兄ちゃん、菫はムギ先輩、直は兄弟達と」

梓「前から思ってたけど純と純のお兄ちゃんって怪しいよね」

梓「絶対禁断の関係だよアレ」

(禁断、か・・・)

(私も唯先輩と・・・)

梓「ってダメダメ!今年は受験に集中したいとだし」

梓「唯先輩だって・・・こんな気持ちバレたら絶対引かれるよね・・・」

梓「クリスマス、か・・・」

梓「電話、してみようかな?」

梓「あ、憂と一緒にいるんだっけ・・・」

梓「せっかく寮から帰ってきてるのに邪魔しちゃ悪いよね」

梓「寝よ・・・」zzz


唯「めりーくりすます!」

和「でも本当によかったのかしら」

唯「ほぇ?何が?」

和「クリスマスにせっかくの姉妹水入らずを邪魔しちゃって」

憂「邪魔だなんてないよ和ちゃん」

唯「そうだよ~みんないたほうが楽しいよ~」

唯「今日はパーチーだよ!」

和「そういえば唯」

唯「なぁに和ちゃん」

憂「そういえばいつも会いたいっていってるじゃないお姉ちゃん」

憂「梓ちゃん予定があるとは言ってなかったし今からでも誘ってみれば?」

唯「う・・・うん、でもほら、いきなりだと迷惑だし!」

唯(会えなかった時間が長くて今日会ったら自分を抑えられないかも)

憂「そういえばいつも会いたいっていってるじゃないお姉ちゃん」

憂「梓ちゃん予定があるとは言ってなかったし今からでも誘ってみれば?」

唯「う・・・うん、でもほら、いきなりだと迷惑だし!」

唯(会えなかった時間が長くて今日会ったら自分を抑えられないかも)

prrrrrrr

澪「あ、唯だ」

律「唯から?」

澪「うん。・・・あ、もしもし唯?」

澪「今?、うん律と一緒だ唯は?」

澪「え、憂ちゃんと和?梓は一緒じゃないのか?」

澪「あ、ちょ唯」

ブチッ

律「梓と一緒じゃないのかあいつ」

澪「そうみたいだな、動揺して電話きられちゃった」

律「まだコクってなかったのかよあいつら・・・」

澪「隠してるつもりなんだろ」

律「私らからすりゃバレバレなんだけどなーw」

澪「まあしょうがないだろ。世間の目もあるしいろいろ障害だってある。」

澪「私たちだって・・・」

律「ま、まあそうだなー私と澪は長い付き合いだったけどあいつらは2年ちょっとだ」

澪「いざ、ってなると怖いもんだよ。私がそうだったしな」

律「クフフ、あの時の澪ちゃんはかわいかったねー」

澪「茶化すな!全く律は・・・」

澪「今夜は覚悟しとけよ・・・」

律「じょ、冗談だって・・・」

律「しかたねーな唯は。後押ししてやるか」

澪「そうだな」

唯「もう!みんなしてあずにゃんあずにゃんって!」

唯(私だってそりゃあずにゃんと過ごしたいにきまってるじゃん・・・)

憂「電話早かったねお姉ちゃん」

和「やっぱり律と一緒かしら?」

唯「え・・・?よくわかったね和ちゃん」

和「まあ・・・それはねぇ・・・ねえ憂?」

憂「気づいてないのはお姉ちゃんだけだよ多分」

唯「えええ・・・?なぁに2人してー。気になるよー」

和「天然で鈍感な唯にはわからないわよ」

憂「そうだよ、後輩泣かせのお姉ちゃんには、ね」

唯「???なんでそこであずにゃんが?」

憂「そろそろ誤魔化してちゃだめだよお姉ちゃん。紬さんにも電話してみなよ?」

憂「多分澪さんと同じこと聞かれるんじゃないのかな?」

唯「え・・・?分かったよ・・・」

prrrrrr

紬「あら、唯ちゃんからだわ」

紬「もしもし、唯ちゃん?梓ちゃんとはどう?」

紬「え!?一緒じゃないの?もうなにやってるの唯ちゃん・・・」

菫「お嬢様?あ、もしかして噂の唯先輩ですか?」

紬「あら、知ってるの?」

菫「ええ、そりゃ梓先輩がいつも話してましたからね」

菫「その唯先輩のマネをして後輩に抱きついたり、あずにゃん先輩って呼ぶと顔真っ赤にして」

紬「あらあら梓ちゃんってば・・・」

紬「あ、ごめんなさい唯ちゃん話を戻すわね」

紬「唯ちゃん?私から全部話すことはできないけど、今日ぐらい素直になってもいいんじゃないかしら?」

紬「私からはそれだけよ。・・・うん。またね、メリークリスマス」

唯「・・・・・・・・」

憂「ね?澪さんと同じだったでしょ?」

唯「うん・・・」

憂「お姉ちゃん、聞いて?」

唯「・・・うん」

憂「時間は無限じゃないんだよ?このままの関係でも時間は過ぎていく」

憂「あと数年もすればお姉ちゃん達は就職して、どんどん梓ちゃんと過ごせる時間が減るの」

憂「もうどうしようもない所まできて後悔し続けてもいいの?」

唯「でも・・・もしもあずにゃんに嫌われたら・・・」グス

憂「大丈夫だよお姉ちゃん!梓ちゃんの親友の私が保障するよ!」

唯「憂ぃ・・・」

和「行ってきなさい、唯。きっと待ってるわよ」

和「ほら、手袋とマフラー」

唯「和ちゃん・・・」

唯「・・・・・・・・よし!」

唯「私、行ってくるよ!」




憂「いってらっしゃい、お姉ちゃん!」

唯「うん!」

唯「待っててね・・・あずにゃん!」

唯「あ、澪ちゃんとりっちゃんからメールだ」

唯「・・・・・・・・・・」クス

唯「ありがとう。澪ちゃん、りっちゃん」

梓「zzzzz」

梓「・・・・ん、もうこんな時間かぁ」

梓(唯先輩・・・)

梓「ちょっとだけ、電話してみよう」

梓「少しなら邪魔にならないよね・・・?」

ピンポーン

梓「あ、お母さん達かな?」

梓「でも今日は日をまたぐかもって・・・」

ピンポーンピンポーン

梓「ああもう、はーい今でまーす」

ガチャ

梓「どちらさまでs・・・あっ」




唯「メ・・・メリークリスm・・・ゲホッ・・・」ゼーハー




梓「ゆ、唯先輩!どうしたんですか!」

梓「ああもう膝擦り剥いてるじゃないですか!」

唯「あ・・ずにゃんに・・あいた・・・くて」ゼーハー

梓「ああとりあえず家入ってください!」



唯「ふぅ・・・ごめんねあずにゃん」

梓「全く来るなら連絡ぐらいして下さい!何も準備できないじゃないですか!」

唯「おっしゃる通りで・・・」

梓「ほら膝だして下さい!消毒液しみますよ」

唯「うひゃあ!痛いよ~あずにゃあああん」

梓「はい絆創膏。」

唯「ありがとあずにゃん・・・・怒ってる?」

梓「何がですか?」

唯「ほら・・・いきなり押しかけてきて、迷惑、かけて・・・」グス

梓「ちょ、なんで泣くんですか!」

唯「だってぇ・・・」


梓「怒ってなんかいませんよ。むしろ嬉しいくらいです。」

梓「それより憂はいいんですか?せっかく2人なんでしょ?」

唯「ううん。和ちゃんもいるから」

唯「それより憂やみんなに怒られちゃったよ。あずにゃんのとこに行けって」


梓「え?私のとこ・・・ですか?」

唯「あずにゃん、きいて?」

梓「え・・・えと・・・」

梓(これって・・・もしかして・・・)

唯「私ね、あずにゃんのこと・・・」

梓(クリスマスの奇跡、なのかな)

唯「あずにゃんのことがっ!」

梓(私も・・・言わなきゃ!)

唯「すk 梓「あ、愛してます!」

唯「・・・・・え?・・・・・」

梓「エ・・・・ああっごめんなさい!あああの私」////

唯「・・・・フフフッ」

梓「ゆ・・・唯先輩?」

唯「ハハハハッなーんだ憂の言うとおりだったや!」

唯「全然心配する必要なかったね。悩んでたのがばからしいや」

梓「あ・・・あの・・・・」グス

唯「ああっごめんねあずにゃん」


唯「・・・・・・わたしも愛してるよ、あずにゃん」



おしまい!