-4月-

律「ねえ、名前はなんていうの?」

澪「…秋山 澪」ボソッ

律「澪ちゃんっていうんだぁ。あ、私は田井中 律!よろしくね♪」

澪「よ、よろしく…田井中さん…」

律「律でいいよ!」

澪「えっ…でも呼び捨てにするのは…」

律「そんなの気にしなくていいのにぃ。あ、じゃーりっちゃん、は?」

澪「りっちゃん…。そう呼んでいいの…?」

律「もちろん!」

澪「りっちゃん…」

律「そうそう!あっ、秋山さんのことはなんて呼べばいいかな?ってまあさっき澪ちゃんって言っちゃったけど」

澪「じゃ、じゃあ…。澪…って…呼んで欲しい…///」ボソッ

律「おっけー!これからよろしくな、澪!」

澪「よ、よろしくっ…」

律「ところでぇ、なに書いてんの!」ヒョイ

澪「あっ、えと…。」

律「お、部活の申請用紙か…。何部に入るの?」

澪「あの、文芸部にしようかな…って///」

律「ほう、文芸部かあ…」

澪「ぅ、うん」

律「…」

澪「…」

律「うん…」

澪(ずっと申請用紙睨んでる…。もっ、もしかして怒ってる…!?)

澪「…」

律「…」

澪「…」

律「…」

澪「あの、りっ、りっちゃんは入りた いとことかあるの?」

律「なあ澪」

澪「はっ、はい!」ビクウッ

律「私と軽音部に入らないか?」

澪「…はい?」

澪「軽音部…?」

律「そう!軽音部!」

澪「それってギターとかドラムとか の…。わ、私楽器なんてできない よ…?」

律「そんなのこれから始めればいい じゃんっ。あ、ドラムは私がやるからあ、それ以外がいっかなー♪」

澪「でも私なんかにできるかな…。すごく難しそうだし…」

律「大丈夫だーって!分かるところは私も教えるしさっ!(まあドラム以外で分かる楽器なんてないけど)」

澪「ほ、ほんと?でもどうして私なんかを…?」

律「実は入部しようと思って申請用紙出しに行ったら廃部寸前でさあ。
今月中に4人集めなきゃなんないんだよね。澪はなんとなくベースとか似合いそうだし、文芸部志望ってことは作詞センスもありそうだしぃ。それにせっかく友達になったんだしさ ♪」

澪「…(!友達…?そっか…。りっちゃんは友達なんだ…。初めての…友達…!)」

律「あっ…やっぱりダメだった…?無理にとは言わないから…」

澪「入る!」

律「えっ…ほんとに?」

澪「私!りっちゃんと軽音部はいる よ!」フン!

律「おー!ありがとお!(よっしゃ あ!)」



-高校一年生の春。私に初めての友達ができた-

律「さてと。じゃあ早速だけどなんかやりたい楽器とかある?ギターとかどう?」

澪「…ギターって目立つかな…?」

律「へ?まあギターだし…。バンドの中では目立つほうだと思うよ」

澪「あ、あんまり見られるのは…。さっきりっちゃんも似合いそうって言ってくれたしベースやってみようかな…
(地味で目立たなそうだし)」

律「お!そっかー。じゃあ私と澪でリズム隊だな!」

澪「う、うん!頑張る!」フン!

律(可愛い)

-軽音部室-

澪「…」

律「…」

澪「りっちゃん、どうやって部員集めるの?」

律「待つ!」イスニドッカリ

澪「待つの…」

律「待つ!」ドッカリ


ガチャっ-

澪律「!」

紬「あのー…。入部希望なんですけど…」

律「軽音部のですか!?」ズイッ

澪(綺麗な髪…)

紬「あ、いえその、合唱部の…」

律「軽音部に入りませんか!?」ズイズイッ

澪(ハーフかな…?)

紬「合唱ぶ
律「いま部員が足りなくて困ってるんです!」

澪(眉毛太いなあ…)

律「お願いします!どうか、どうかこのとおり!」ズイズイズイーン

紬「えっと…。(あら?この黒髪の子)」

紬「…(可愛い)」ジー

律「?」

澪「色も白いし…」ボソッ

紬律「?」

澪「え!?いや、えっと今のはその…えと…(声に出ちゃった!)」

紬「今のはもしかして私のこと?」

澪「は、はい…。その、髪も綺麗だし、可愛いっ、人だなあって…」

紬(やだこの子可愛い)

澪「あ、あの!」

紬「?」

澪「よかったら、軽音部に入ってくれませんか…?その、ダメならいいんだけど…」ウワメズカイ

律(おお!)

紬(可愛い…可愛すぎるわこの子!)

澪「あ、あれ?」

律「やっぱりダメ、かな?」

紬「入ります!」

律澪「!」

律「ほんとに!?ありがとー!(澪よくやった!)」

澪「ありがとう…」ホッ

律「私はドラムの田井中 律。で、この子がベースの秋山 澪!」

紬「琴吹 紬です。キーボードくらいしかできないけど…」

律「十分だよ!これであと一人入部すれば…!」

紬「あと一人って?」

律「実は廃部寸前でさ、この軽音部。今月中に4人部員を集めなきゃいけないんだー」

紬「まあ、そうだったんですか…」

澪「入ってくれる人いるかな…」

律「だいじょぶだって!あと二週間もあるしい!」


-一週間後-

律「気付けば四月もあと、1週間…」

紬「誰も来てくれませんね…」

澪「ポスターも作ったのにね…」

ガチャッ

律澪紬「!」バッ!

さわ子「あら、どうしたの?」

律「先生かあ。入部希望者が来たのかと思ったのにい」ブー

さわ子「あらごめんなさい。でも入部希望者ならいたわよ。これ、その子の申請用紙ね」

澪「ほ、本当ですか?」

律紬「ばんざーい!」

さわ子「それから素敵なティーセットだけ(ry」

律澪紬「はーい」

澪「平沢 唯さん…」

律「なんかすごそうな名前だな」

紬「やっぱりギターかしら」

律「強力なメンバー加入だな!」

澪(どんな人なんだろう…。怖い人だったらやだな…)

ポワンポワンポワン

新入部員「んだあ?このティーセットはぁ?調子こいたことしてんじゃねえぞ糞共があ!」ファッキュー!!

チーセットガッシャーン!キャーキャー!パリーン!
オウシツクラスノカップガー!チ!チガ!ミエナイキコエナイー

ポワンポワンポワン

澪(…ないか)

-翌日の放課後-

唯「軽音部の部室ってここだよね…?」

唯「よし!やっぱりやめるって言わなきゃ…!」

唯「あ、で、でも…」


ポワンポワンポワン…

怖い人1「なに?やめたいだと!?ただでやめられると思ってるのか?」

怖い人2「殺害するぞぉお!」ファッキュー!

ポワンポワンポワン…

唯「ひいぃ…。」

ユイチャンノカタポン!

唯「ひいいい!」

律「なにしてんの…?」

-部室-

唯「おいしいぃ…!」

紬「そう?よかった」

唯(やめるのやめよっかなあ)モキュモキュ

律「平沢さんはどんな音楽やりたいの?」

唯「え?えっと…」

律「好きなギタリストは?」

唯「ええっとー…(やっぱり、ちゃんと謝ろう…!)」

律澪紬「?」

唯「あ、あの!実は今日、やっぱりやめさせてくださいっていいにきたんです!」

律澪紬「えっ」

唯「わ、私軽音部ってもっと簡単なことするんだと思ってて…」

紬「じゃあ、なにならできるの?」

唯「かすた…は、ハーモニカ!」

律「ハーモニカならあるよ吹いてみて」

唯「ごめんなさい吹けません!」バッ

唯「ほんとに楽器なんて何もできなくて…。ごめんなさい、じゃあ…」

律「大丈夫だよ!」

唯「え?」

律「実はここにいる澪もベース初心者でさ!これから始めるところなんだ」

唯「そうなの…?」

澪「う、うん…」

唯「で、でも…」

律「お願い!」

紬「今月中にあと一人入らないと廃部になっちゃうの…」

唯「え…?」

澪「平沢さん……ダメ?」ウワメズカイ

唯(あっはぁっ!何この子かわいい!)ズキューン

唯「ダメじゃ…ないです(可愛い…)」

律紬「ほんとに!?」

唯「私、この部に入部します!」フンス

澪「よかった…」ホッ

唯「でも私何すればいいのかな?」

紬「せっかくだからギターを始めてみたらどうかしら!」

唯「おお!かっこいい!けど難しそうだよ…」

律「大丈夫。分かるとこは私たちも教えるし♪(まあドラム以ry)」

澪(りっちゃん、ギターもわかるんだ…すごい!)

律「よし!じゃあ今度の休みに二人の楽器見に行こうぜ!」

律澪紬唯「おー!」

-土曜日-

唯「すごーいギターがいっぱーい!」

澪「ベースも沢山ある…」

律「まあ予算の範囲内で好きに選ぶといいよ!」

澪「これかっこいい…あ、でもこれ右利き用だ…」ショボン

紬「まあまあ澪ちゃん。あ、あっちにレフティモデルおいてるわよ」

澪「ほ、ほんと…!?」パアァッ

紬(まあ可愛い)

唯「あ、これ可愛い!」

律「でもそれ25万円もするぞ?」

唯「え…うわホントだあ」

紬「どうしたの?」

律「このギターが欲しいらしいんだけど…」

唯「これはさすがに手が出ないや…」

紬「実は澪ちゃんも…欲しいベースを買うにはお金が足りないみたいで…」

澪「うん…」ショボン

律「うーんみんなでバイトでもするか?」

紬「そうだ!ちょっと待ってて!」

律澪唯「?」

-五分後-

紬「このギターとベース、それぞれ五万円で売ってくれるって!」

澪律「え!?」

唯「なに!?なにやったの!?」

紬「じつはここう(ry」

唯「ありがとうムギちゃん…。残りはちゃんと返すからっ」

澪「ありがとう…!」ペコリ

-月曜日-

律「おー楽器持つとそれなりにみえるな!」

唯「えへへ!」

澪「へ、変じゃない…?」

紬「すごく似合ってるわよ澪ちゃん」

律「やっとスタートだなっ」

紬「私たちの軽音部…」

律「夢は武道館!」

澪紬唯「えー!」

律「卒業までに!」

澪紬唯「ええー!」


ドレミーレド? ドレミレドレー

澪唯「まだこれしか弾けないや…」エヘ

おわり