唯「あーずーにゃーん♪」

梓「えっ? 唯センパ――」




ゴシャッ!!




梓「……イ?」

梓「え、え……?」

男A「た、大変だ!! 女の子がロードローラーに轢かれたぞ!!」

男B「誰か、警察――いや、救急車!!」

男C「バラバラに吹っ飛んじまってる…ミンチよりひでぇよ」

梓「あ……ぃ」



梓「いやぁぁぁぁあああああああ!!!!!」

男D「!? お、おい君っ、大丈夫か?」

梓「……oh」

男D「えっ?」





梓『Yeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaah!!!!』





男ABCD『!?』

男A「おお……なんて素晴らしいシャウトなんだ……!!」

男B「こんなシャウト、一度だって聞いたことはない……!!」



梓「エビバディセイッ! Yeah!! Yeah!!」

男ABCD『Yeah!! Yeah!!』

梓「Yeah!! Yeah!!」

唯・男ABCD『Yeah!! Yeah!!』


男ABCD『!?』


梓「ooooh――」

梓「Yeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaah......」


男ABCD『……』


梓「もうっ、ダメじゃないですか唯先輩、横断歩道を渡るときは左右を確認しないと!」

唯「ゴメンゴメン、次からはちゃんと気を付けるよ」ギュウッ

梓「……仕方ないですね、唯先輩は」


スタスタスタ……


男ABCD『……』

ロードローラー「ナニコレ」

終わり