唯「さあ、あなたはあずにゃんのどの部位をペロペロしたいですか?」

律「マジで?じゃあ私ケツの穴もらっていい?」

澪「私、上の口いくか」

紬「へ、ヘソの穴を///」ぽっ

澪「で、誰もアソコいかないの?w」

唯「あはははっ」

律「それで、私たちの今年の運勢は?」

唯「うーんとね、アナルをペロペロしたい人は『吉』ですっ!」

律「おー!」

唯「『アナルをペロペロしたいあなたは根本的に変態です。
Sでもあり、Mでもあるあなたはあらゆる出来事をポジティブに解釈し、恵まれた環境で過ごせるでしょう』
だってさ!」

律「やったぜ!」ペロペロ

梓「んっ・・・///」ひくんっ

澪「なぁ、私は?私は??」

唯「んーとね」

唯「澪ちゃんは~口だから『末吉』だねっ!」

澪「び、微妙・・・」

唯「『せっかくあずにゃんをペロペロできるのに、ちゅっちゅするだけとかヘタレ過ぎです
チャンス×幸運が舞い込んでもスルーしてしまう可能性あり
もっとアグレッシブに!』だって!」

澪「むぅ、まあそんなものかな?」ペロペロ

梓「はむっ、んっ、ふぁっ///」ちゅぱれろ

紬「唯ちゃん、おヘソの穴は?」

唯「おヘソをペロペロしたいムギちゃんはねー、『大凶』ですっ!」ふんすっ

紬「え・・・っ?」ガーン

唯「『ヘソをペロペロとか何考えてるわけ?不快です。死にます。
運勢も最悪です。理由はお前がキモいから。キモすぎだから、お前。
具体的にどんな不運が訪れるかと言うと楽屋でサイフをパクにゃんされます。
ラッキーアイテムはバルサンとアースジェット』だってさ!」

紬「そんな~。あんまりだわぁ~!」ペロペロ

梓「・・・っ!気持ちわるい・・・!」キッ

紬「ううっ」ペロペロ

憂「お姉ちゃん!私も梓ちゃんペロペロしに来たよ~!」

唯「あ、ういー!」

憂「お姉ちゃん、私は梓ちゃんのうなじをペロペロしようと思うんだけど。今年の運勢はどうかな?」

唯「おー?さすがのチョイスですな」

憂「えへへ///」

唯「うなじをペロペロしたい憂は『大吉』だよっ!」

憂「やった~!」ぴょんぴょん

唯『うなじをペロペロしたいあなたは堅実な思考の持ち主です。渋いね!
そのあずにゃんの魅力をよくわかっているセンスあふれる感性であらゆる事で最高の結果を出せるでしょう』
良かったねうい~!」

憂「うんっ♪」ペロペロ

梓「んはぁっ///ぁ、んんっ///」ゾクゾクっ

純「唯先輩!梓をペロペロするなら私も呼んでくださいよっ!」

唯「あー、純ちゃん!

純「新時代のペロリスト、鈴木純とは私のことですよ?」

唯「純ちゃんはあずにゃんのどこをペロペロしたいの?」

純「もちろん梓のちっぱいですよ!おっぱいです!」

純「あの発育途上の幼なおっぱいをペロペロしまくりたいですっ!」

唯「素晴らしいよ純ちゃん!『超吉』だよ!」

純「超吉!?」

唯「『あずにゃんのちっぱいをペロペロしたいあなたは基本中の基本をおろそかにしない玄人です
原点にして頂点。人々に夢を与える魅惑のちっぱいを愛する者には悪い人などいない!
あずにゃんのおっぱいは楽園です。思う存分ペロペロしてください』」

純「やたー!いくよ梓~!」ペロペロ

梓「はんっ、んぁっ、やっ///」びくっ

和「唯、私もいるわよ」

唯「和ちゃんもあずにゃんをペロペロしたいの?」

和「もちろんよ。ペロリストたる者、常に『梓ちゃんペロペロ』ばかり考えているわ」

唯「さすがだね和ちゃん!それで、あずにゃんのどこをペロペロしたいの?」

和「いいえ、違うわ唯。その考えは根底から違っているのよ!」

唯「??」

和「私はね、梓ちゃんにペロペロしてもらいたいのよ」

唯「!!!」

唯「まったく異次元の発想・・・っ!革新者の思考・・・っ!」ざわざわ

和「さあ、梓ちゃんにペロペロしてもらいたい、私の運勢は!?」

唯「和ちゃんの運勢、それは・・・!」

和「・・・!」ゴクリ

唯「『新世界の神』です!」

和「神・・・!!」

唯「『ペロペロすることにとらわれず、あずにゃんにペロペロしてもらいたいあなたは、新世界の神にふさわしい
その圧倒的な発想力でペロリスト界に革命を起こすでしょう』だってさ」

和「我は神なり」ばばーん

唯「すごいよ!和ちゃんすごい!」

和「さあ、梓ちゃん。新世界の神たる私の足に口づけを・・・!」すっ

梓「は、はい・・・///和先輩神様・・・」ペロペロ

和「ふふっ・・・!」ゾクゾクゾクゾクッ!

さわ子「ペロペロ!ペロペロ!」

唯「あれ?さわちゃんもあずにゃんをペロペロしたいの?」

さわ子「もちろんよ!ペロペロするに決まってるじゃない!!」

唯「ふーん。ちなみにどこをペロペロしたいの?」

さわ子「アソコよ!」

唯「・・・えっ?」

さわ子「だって私はペロリストよ?おま◯こをペロペロするに決まってるわ!」

唯「貴様・・・!」キッ

唯「さわちゃん。いや、山中さわ子!!」

さわ子「な、何よ!?」

唯「貴様の運勢は・・・『性犯罪者』だ!!」

さわ子「なっ・・・!?」

唯「『あずにゃんの性器をペロペロしたいあなたは性犯罪者です。
Yesペロペロ,Noファックの精神を忘れた変態ペド野郎です
さっさとブタ箱にぶち込まれやがれクズが!!』」

さわ子「ううっ、私が間違っていたのね・・・」

唯「わかっていくれましたか、先生・・・っ!」

さわ子「そうね、私はペロリストの風上にも置けない変態ペド犯罪者だったわ・・・」

唯「・・・はい」

ウーファンファンファンファンファンファン

さわ子「ふふっ、お迎えが来たみたいね」

唯「先生、面会には行きますから」

さわ子「いいえ、来なくていいわ。だってあなたは・・・」

唯「・・・。」

さわ子「穢れない、素敵なペロリストなんですもの」

唯「さわ子先生っ!」

唯「さて、こんなもんかな?」

梓「唯先輩」

唯「あ、あずにゃーん!」ぎゅっ

梓「もうっ!いきなり抱きつかないでくださいよっ!」

唯「えへへ、ごめんごめん~」すりすり

梓「唯先輩は・・・」

唯「ん?」

梓「唯先輩は私のどこをペロペロしたいですか?」

唯「私は・・・」

唯「私はね、あずにゃんの全身をペロペロしたいな!」

梓「言うと思いました」

唯「えへへ~」

梓「『どの部位を?』って言ってるのに」

唯「だって~」

梓「そんな唯先輩の今年の運勢は」

梓「『ペロリスト』ですね!」

唯「運勢がペロリスト!?」

梓「運勢と言うか、運命ですね。因縁のペロリストです」

唯「生粋のペロリストですっ!」ふんすっ

梓「まったくもう・・・」

唯「と、言うわけであずにゃーん!」がばっ

梓「にゃあっ!?///」

唯「えへへー。あずにゃんペロペロ♪」ペロペロ

梓「ん、あっ///ふぅんっ、ひゃんっ///」びくびくっ

澪「唯ばっかりズルいぞ!」ペロペロ

律「私たちも混ぜろ~!」ペロペロ

紬「梓ちゃーん♪」ペロペロ

梓「ひゃぁ・・・///み、皆さんっ///」びくんびくん


今年もペロリストはあずにゃんをペロペロするのでした

おしまい!





唯「他は全部『中吉』で」

梓(テキトーだなぁ)