部室

唯「いや~やっぱりムギちゃんのお菓子はおいしいね~」

律「そうだな~」

梓「ちょっと唯先輩!だらけてばっかじゃだめです!」

梓「いい加減練習始めてください!この前できてなかった部分おしえますから!」

律「お前ら夫婦は静かにしろよ~せっかくのお茶がまずくなっちまう」

梓「なっ///夫婦じゃありません!私は唯先輩を・・・!」

澪「律、お前も人のこと言えないぞ」

澪「最近ドラム走り気味だ。ほらお前も準備しろ」

澪「全く・・・ん?どうしたムギ」

紬「うふふ・・・こういう日常っていいわ~って」

唯「ムギちゃん家でっかいもんね~」

紬「家じゃこんなほのぼのした雰囲気味わえないから~」

唯「一回行ってみたいな~」

紬「ごめんね唯ちゃん・・・家は色々機密があってね・・・」

梓(機密って・・・)

律(なにがあんだ)

唯「そっか~じゃあしょうがないね」

紬「ごめんね~」

澪「さ、練習するぞ」

律「しかたね~な~よっしゃ練習だ!」

______________________
____________
______

帰り道!

唯「疲れたね~」

梓「結局全然練習できなかったじゃないですか!」

梓「唯先輩また間違えてましたよ!たるんでます!」

唯「ごめんって~」

梓「そもそも唯先輩は・・・!」

唯「あ~ずにゃんっ!!!」ダキッ

梓「にゃあっ!?」

唯「ごめんよ~あずにゃあああん」ナデナデ

梓「も、もう!!///やめてください今外ですよ///」

唯「じゃあ家ならいいんだ~」

梓「う・・・///もう・・・しょうがない人ですね・・・」

梓「ほらもう別れる道ですよ」

唯「あ・・・もうこんなとこか」

唯「またね~あずにゃん!」パッ

梓「あ・・・・あ、はいまた月曜日に」

___________________
___________
_____

唯「ん?なんだこれ?」ヒョイ

唯「カード?まあいいや」

唯「ただいま~憂~」

憂「おかえりお姉ちゃん」

唯「きょうも疲れた~」

憂「ご飯できてるよ~」

唯「わーい!!」

_______________
_________
_____

唯「それでね~そしたらあずにゃんが怒っちゃって~」

憂「はは・・・そうなんだ」

唯「怒ったあずにゃん抱きしめたら猫みたいに暴れて~」

憂「ふ、ふ~ん・・・・・・」

唯「でも結局おとなしくなってね~」

憂「・・・・・・・」

唯「かわいいよね~あずにゃん」

憂「・・・・・・そうだね」

憂「あ、お風呂沸いてるよお姉ちゃん!」

唯「うん!じゃあ入ってくるよ!」

憂「は~い」

憂「・・・・・・・・・・・・・」

__________________
__________
____


ゆいのへや!

唯「ふ~いい風呂だった~」

コト

唯「あ、あのカード・・・」

唯「あ、思い出した!あれ子供のころやってたテレビのやつだ!」

唯「え~とたしか押入れに・・・」ゴソゴソ

唯「あ、あった!」

唯「え~っとこれを腕につけて・・・」

唯「よし!カードセット!」カシャ

『クリアーベント』

唯「え?」

スウゥ

唯「うわぁ!?体が透明に!?」

唯「ま・・・マジですか・・・」

唯「すごい!服まで透明になるなんて便利!」

唯「まさか本当に効果を発揮するカードとは・・・」

唯「ムフフ・・・」

唯「きっと天からの恵だね・・・!」

唯「この際余計な事は気にしないようにするよ!」

唯「よし!これでみんなの私生活を見て回ろう!」

唯「お風呂入っちゃったし今日は憂だけにしとくかな」

唯「もう夜だし明日は休みだしね!」

唯「休日に軽音部のみんなの素顔をみせてもらおう!」

唯「そうと決まれば・・・」

憂のへや!

唯(よ~し潜入成功!)

唯(なんかに集中してるみたい)

憂「・・・・・・チッ・・・・・が・・・・」ブツブツ

唯(?)

憂「あのクソ猫がぁ・・・・!」ガンガン

唯「ひえっ!?」

憂「!?お姉ちゃん!?」バッ

シーン

憂「なんだ気のせいか・・・」

唯(憂があずにゃんの写真を・・・)ガタガタ

憂「クソ猫がぁ・・・!よくも毎度毎度私のお姉ちゃんを・・・!!!」ガンガン

唯(ひええええええぇぇ)ガクブル

憂「もしなんかあったら焼き猫にして食ってやらぁぁぁ!!!!!」

唯(う・・・・ふぇえええええええん!!!!)ピュー

ゆいのへや

唯「なにあれ・・・・・・」ガタガタ

唯「あんなの憂じゃないよぉ・・・・」ガタガタ

唯「・・・・・・寝よう」

唯「きっとなんかの間違いなんだ・・・!」

唯「朝にはきっと優しい憂が私を起こしてくれるんだ・・・!」

唯「zzzzzzzz・・・・・・・・・」

___________________
__________
_____

憂「お姉ちゃ~ん?朝だよ~?」ユサユサ

唯「う~ん・・・・・」

唯「ん・・・・・ひいっ!?」

憂「どうしたの!?怖い夢でもみた?」

唯「う・・・うん。怖い夢であってほしいかなー」

唯「あ・・・あのさ憂」

憂「なぁにお姉ちゃん」

唯「最近あずにゃんとー・・・」

憂「・・・・」ピクッ

憂「梓ちゃんがどうしたの?」ニコニコ

唯(一瞬!一瞬だけ反応が!)

唯「いや・・・なんでもないや」

憂「そっか、ご飯できてるよ」

唯「わかった~」

憂「私今日は出かけてくるからね」

唯「うん!行ってらっしゃ~い」

______________________
_____________
_______

唯「よし・・・昨日は何もなかった・・・うん。何もなかった」

唯「さあ!気を取り直して今度は軽音部のみんなだ!」

唯「そんな訳でさあ!」カシャ

『クリアーベント』

唯「派手に行くぜ!」

唯「まずは・・・りっちゃんだ!」

田井中家!

唯(潜入成功!)

唯(さありっちゃんよ・・・汝の姿を見せたまえ!)

律「ん~あ~」ゴロゴロ

唯(何してんだろ)

律「暇じゃ~」

唯(なんだつまんないの~)

唯(いつものりっちゃんと変わんないや)

唯(まあ憂みたいになるより全然いいけどさ)

律「澪に電話してみようかな~」

唯(お?)

律「ん~でもな~最近殴られてばっかだしな~」

律「嫌われて・・・ないよな」

唯(ん?)

律「澪ぉ・・・」

唯(なんと)

唯(りっちゃんにこんな乙女な一面が・・・)

律「澪・・・んぅ・・・」

唯(!?!?!?)

律「澪・・・澪ぉ・・・」ハァハァ

唯(真昼間から何盛ってるのさ!?)

唯(うへぇ見てられない・・・退散退散っ)ピュー

_____________________
____________
_______

唯「いやぁりっちゃんの以外な一面がみれたね!」

唯「まぁ憂のインパクトが強すぎたせいかまずまずってとこかな」

唯「じゃあ次はりっちゃん恋する澪ちゃん家行くかな」

唯「さあレッツゴー!!」

_______________________
_____________
_______

秋山家

唯(さあ見せてもらおうか澪ちゃん!)

唯(まさか澪ちゃんもりっちゃん好きだったりして)クスクス

澪「・・・・・・・・・・・・・・」

唯(ん?)

澪「誰だッ!!!!!」

唯(ひょえっ!?)

澪「姿を現せ!!!!!!」

唯(ば、バレた!?でもなんで!?)

澪「ほう・・・貴様か・・・」ツカツカ

唯(ひっ!?)サッ

スウ

唯(・・・・・・・あれ?)

澪「まさか貴様が私の前に現れるとはな・・・」

唯(・・・・・へ?)

唯(澪ちゃんどこ向いて?)

澪「久しぶりだな・・・漆黒の騎士よ・・・」

澪「だが今は時期尚早すぎはしないか?」

唯(ああ・・・)

澪「今は決着の時ではない・・・」

澪「・・・・何っ!?大天使が動き出しただと!?」

澪「分かった・・・・ではまた・・・」

唯(澪ちゃん・・・・・・)

澪「フフフフフフ・・・・・フハハハハハハハハハハハハ」

澪「アーッハッハハハハハハハハハハッ・・ゴホっゲフッ」

唯(澪ちゃん・・・中二病ってやつなんだ・・・)

prrrrrrrrrrrrrrr

澪「!?」ビクッ

澪「!!!!」シュバッ

澪「ああ、もしもし律か?どうしたんだ?」

唯(早っ!?反応も早いし変わり身も早いよ澪ちゃん!?)

澪「ああ!分かった!じゃあ後でな!」

唯(りっちゃんよかったね・・・澪ちゃんすごい嬉しそう)

ピッ

澪「クハハハハハハハ!!!!!ならば行くとするか!ラグナロクへ!!」

澪「ママー!?律と一緒にでかけてくるねーー!!!」

唯(・・・・・・まあいっか)

澪母「あらまた田井中さんと?」

澪「うん!律の奴がどうしてもって仕方なくてさ~」ニヤニヤ

澪母「なに強がってるのよ嬉しいくせに」

澪「そ・・・そんなんじゃないって///い・・・行ってきます!」

唯(澪ちゃん中二設定はどこいったのさ)

______________________
___________
_____

唯「澪ちゃんはまあ普通だったね。ちょっと痛いけど」

唯「美人じゃなかったらどうなってたことやら」

唯「あれファンクラブの子達がみたらどうなるんだろ」

唯「さーて次はムギちゃん家行ってみようか!」

唯「ふふふ・・・これは楽しみだね・・・」

唯「なんせ機密に溢れたムギちゃん家!」

唯「その全貌をあばかせてもらうよ!」

琴吹家

唯「・・・・・うっわ~でか~~~」

唯「てかこれどうやって入るんだろ・・・」

ブウゥゥゥゥン キイィ

唯「あ、車が・・・よし!これの背中に乗れば!」

警備員「ご苦労様でーす」

執事「うむ」

ドン

執事「ん?」チラッ

シーン

執事「気のせいか・・・」

ブウゥゥゥン

唯(ムフフ・・・琴吹家の警備も所詮こんなものか!)




2