…………

翌日、学校。


唯「じゃあ憂、気をつけるんだよ」

憂「うん…」

唯「じゃあねー」


憂「…」

唯『憂はいくら何でもみんなの言うこと真に受けすぎ!』

憂(お姉ちゃんに怒られちゃった)

憂(今日からは人のことを信じすぎないように気をつけなきゃ!)

憂「よーし!」



……


憂「おはよー」

純「あ、おはよー憂。ケーキはー?」

憂「ムッ!」

純「ほれ憂、近うよれ…」

憂「純ちゃん!分かってるんだからね!親分だなんて嘘でしょ!」

純「えっ」ギクッ

憂「騙そうとしたってそうは問屋が卸さないよ!……あっ!わかった!本当は私が親分だったんでしょ!」

純「えっ!?いや違…」

憂「そういうことだったんだ…。でももう騙されないんだから!もう怒った!罰として明日ケーキ焼いて持ってくること!」

純「ちょ、ちょっと!そんなのムリに決まって…」

憂「持ってこなかったら怒るよ!じゃあね!」

純「あっ待っ…」

テクテク…

憂「まったく…」プンスカ

純「…」



……


澪「あ、憂ちゃん」

憂「あっ!あなたは!」

澪「?昨日は熱大丈夫だった?風邪引いてない?」

憂「もう騙されないですからね!」

澪「えっ」

憂「昨日はさりげなくお姉ちゃんのフリしてましたけど、嘘だって分かってますから!」

憂「ベース弾けるっていうのもきっと嘘なんですよね!かっこつけようとしたってダメです!」

澪「えっ、べ、ベースは嘘じゃ…ていうか目の前で弾いて…」

憂「あ!昨日は言いくるめられそうになりましたけど、きっとその胸も嘘なんでしょう!」

澪「なっ」

憂「うん、確かにそうだ……。胸の形が本物には見えません!騙されないですよ!」

澪「ガーン」

憂「もうこんなことやめてください。さよなら」

テクテク…

澪「うぅ、うっ…」グスン


……


紬「あら、憂ちゃん」

憂「あっ!もう騙さ…」

紬「昨日はごめんなさい!もう分かってると思うけど、お姉ちゃんだって言ったのは嘘なの」

憂「えっ」

紬「魔が差したというか…度が過ぎちゃったのね、ごめんね?」

憂「あの、えっと……」

憂(先に認められちゃった…どうしよう)

憂(でもお姉ちゃんは、『人を信用するな!』って言ってたし……。よし!)

憂「分かりました!つまり紬さんは本当にお姉ちゃんだったんですね!」

紬「へ?」

憂「紬さんが『お姉ちゃんじゃない』と言うなら、実際はその逆で、紬さんが本当のお姉ちゃんだというわけですね!」

紬「???」

憂「そういうことだったんだ…。でもやっぱりそう言われると紬さんがお姉ちゃんだった気がしてくるような…」


紬「…」


カシャカシャチーン


紬「……そうなの。やっと気づいてくれた…」

唯「おいこら」



……

放課後、下駄箱前。


憂「…はぁ」


唯『憂は極端すぎるよー…』

憂『うう、ごめんなさい…』

唯『まあ今回は被害が少なかったからいいけど、次から気をつけようね』


憂(また怒られちゃった…)

憂(私ってダメなのかなぁ…)

憂「…帰ろう」

憂「……ん?」

憂「なんだろうこれ…」ピラッ

『平沢憂さんへ』

憂「?」


純「おっ、ラブレターじゃん」

憂「わっ、じゅじゅ純ちゃん!?ちちち違うよ!」

純「いやそうでしょ。ハートマークとか付いてるし」

憂「違うってば!」ガサガサ

純「そんなこといいながらめっちゃ広げてるじゃん…」

憂「えっと…『放課後、体育館裏で待ってます』」

純「それだけ?」

憂「うん…どどどうしよう!?」

純「まあ落ち着きなって。とりあえず行ってみたらいいじゃん。誰か分かんないし」

憂「大丈夫かな…」

純「平気平気!ほらはやく!」

憂「わわっ」


……

体育館裏。


憂「あ、あのー?誰かいますかー…?」

「あ、憂ちゃん!」

憂「!はい」ビクッ

律「やっほー」

憂「え、律さん?」

律「来てくれたんだ。ありがとう」



憂「えっと…」

律「記憶のほうはどう?ちょっとは戻った?」

憂「あ、いえ、まだ…」

律「そっかー。記憶戻ったらまた憂ちゃんの手料理食べたいな」

憂「は、はい」

律「憂ちゃんには全然敵わないけどさ、私も料理するんだよね」

憂「そうなんですか?」

律「うん。憂ちゃんはさ、やっぱり料理好きなもの同士って相性が良いと思わない?」


憂「?え、えっと、」

律「やっぱり大事だよね、そういうの。付き合う相手も料理好きじゃないと何もうまくいかないっていうか」

憂「?」

律「うん…。おまけに私ドラムも弾けるし、部長だし」

憂「あ、あの、どうして呼び出したんですか…?」

律「うん。ボタンもつけられるし…ってことで、じゃあ本題に移ろっか」



律「平沢憂さん!」

憂「は、はい!」

律「第一印象から決めてました!私の妹になってください!!」

憂「…ええっ!?」


律「昨日はなんか騙したみたいになっちゃったけど、今度は本気なんだ!お願いします!」ペコリ

憂(ど、どうしよう…)

律「…」ペコッ

憂「……ご、ごめんなさい!私にはもうお姉ちゃんがいるので…」

律「そっ、そこをなんとか!」

憂「でも…」

律「何なら遊びでいいから!身体だけでもいいから!!」

憂「い、意味がわからないです!」

律「先っぽだけで……」

憂「あわわ…」



憂「ご、ごめんなさい!できません!さよならっ!」

律「あぁっ!そんなーー!」

タタタ

……





4