ホームルーム後。


唯「……りっちゃん。私怒ってるよ」じろり

律「な、なんのことだー?」

唯「わかってるでしょ!さっきのこと!」

唯「いくらなんでもやっていいことと悪いことがあるよ!」バンッ

律「うわっ!」

律「そんな怒るなよ、あれはほんの冗談で…」

唯「冗談じゃすまないよ!」

唯「私がお姉ちゃんなのにりっちゃんのせいで憂が…」

律「わ、悪かったって」

唯「まったく…」




紬「あの、唯ちゃん…」

唯「あっ!ムギちゃん!澪ちゃん!」

唯「ムギちゃん達にも私怒ってるんだからね!」

澪「ちがうんだ唯」

澪「私たちは唯をからかおうとしただけなんだ」

唯「えっ」

紬「唯ちゃんがいない間に、憂ちゃんと一緒に話を合わせて、ふざけようと思っただけなの」

紬「でも唯ちゃんがそんなに怒っちゃうとは思わなくて……ごめんなさい」

唯「……ほんと?」

澪「ああ、やりすぎちゃったな、ごめん」

唯「…もー!演技に見えなかったよー!」

紬「ふふふ」

唯「そういうことならいいけど、びっくりしたよぉ」

澪「ははは、憂ちゃんもなりきってたからな」

唯「あはは、もー憂ったらぁ」


律「ちぇー、私だけ怒られるのかよー」

…………

昼休み。


唯「ういー?」

憂「あっ、お姉ちゃん!」

梓「あ、唯先輩」

純「こ、こんにちは」

唯「えへへー、こんにちは。憂、ちゃんと授業うけられた?」

憂「うん、みんな優しいからいろいろ教えてくれて」

唯「そっかー、よかったあ」

憂「みんな手取り足取り教えてくれるからちょっとびっくりしたけど…」

唯「えっ、ど、どういう意味?」

梓「まぁまぁ。ところで唯先輩はご飯食べたんですか?」

唯「!」ハッ

唯「あーっ!忘れてた!」

梓「そんなびっくりしなくても…」

唯「そうじゃなくて、憂と私のお弁当のことすっかり忘れてた!」

梓「はー、先輩らしいです」

唯「ごめんね憂!憂が作れるはずなかったのに…」

憂「えっと…いつもは私が作ってたの?」

梓「そうだよ、先輩いつも憂にまかせっきりで…」

唯「あ、あずにゃぁあぁん……」

純「ま、まぁまぁ。それなら購買いきましょうよ!」

唯「うん…そうだね…」ションボリ

憂「お、お姉ちゃん…一緒に食べよう?ね?」


――――
――

放課後。

キーンコーン…

律「やっとおわったー」

澪「律は寝てただけだろ」

律「睡眠学習だよーん」

澪「うそつけ!」



唯「憂午後も大丈夫だったかな~」

紬「唯ちゃんは今日はもう帰っちゃうの?」

唯「うん、憂を1人で帰らせるのちょっと心配だし」

紬「……あ、そうだ!」

紬「それなら唯ちゃん、部室に憂ちゃんを呼んで、演奏を聴いてもらったらどうかしら?」

紬「もしかしたら何か思い出すきっかけになるかも!」

唯「あ!それいいねムギちゃん!」

紬「うふふ、お菓子余分に持ってきて良かった」

唯「そうと決まればわたし憂呼んでくるね!」

律「ていうか、梓が憂ちゃん連れてくるんじゃないかー?」

唯「あ、そっか。じゃああずにゃんに連絡しよう」




――――

部室。


梓「ほら憂、入って」

憂「う、うん」

憂「こ、こんにちはー…」

律「ようこそー!軽音部へ!」

紬「ようこそ~!」

唯「いぇーーい!」

澪「こんにちは」

憂「こんにちは…あ、皆さん、軽音部だったんですか?」

唯「そうだよー」





憂「なんだー、やっぱり冗談だったんですね」

律「あはは、当たり前だってー」

唯「…」じとー

律「…」

憂「びっくりしちゃいましたよぉ」

律「あはは…」

律「さ、さて!さっそく演奏でも披露するか!」

紬「おー!」


――――

ジャジャーン……

梓「ふぅ…」

唯「憂!どうだった!?」

律「特にドラムとか!」

憂「え、えと…」

憂「その…とってもよかったです」

律「それでそれで!?」

憂「いえ、あの…」

紬「何か思い出せた?」

憂「……いえ、何も……」

唯「うーん、そっかー…あ!じゃあ今度はU&Iやろう!」

澪「いっそのこと全部やっちゃおうか」

梓「いいですね!」

紬「やろうやろう!」

律「よっしゃー!燃えてきたー!」

憂「皆さん…」ジーン




ガチャ

さわ子「ちょっとやる気満々なところ悪いけどー」

律「あ、さわちゃん。どうしたの?」

さわ子「唯ちゃんと梓ちゃん来てくれるかしら?」

唯「えーっ?いま良いところなのにー!」

さわ子「ほらはやく」

唯「ちぇー」




唯「それで、どうしたの?」

梓「もしかして憂のことですか?」

さわ子「ええ、憂ちゃん、今日一日過ごしてどうかしら。ちゃんと馴染めてた?」

梓「それは大丈夫です。クラスのみんなが憂のこと気にかけて引っ張りだこになってましたし、憂もみんなの名前覚えられたみたいです」

さわ子「そう、良かった。でもやっぱりまだ思い出せはしないのね」

唯「そういえばまだちっとも記憶戻ってないみたい…」

さわ子「まあそんなすぐにはいかないわよね」

さわ子「2人とも、しばらくの間憂ちゃんのことよろしくね。それと何かあったら私に教えてね」

梓「勿論です!」

唯「当たり前だよ!なんたって私が憂のお姉ちゃ…」

さわ子「じゃあ、私用事あるからまたね」

唯「あっ、まだ言い終わって…」

テクテク…


唯「はー、…あずにゃん、私からも憂のことよろしくね」

梓「はい、大丈夫です」

唯「じゃ、部室戻ろっか」




ガチャ

唯「ただいまー。ごめんねみんな……」


憂「み、皆さん……」

澪「憂ちゃん、もっと甘えていいんだぞ」ギュウウ

紬「そうよ、何でもさせてあげるからね」ムギュウ

憂「あっ、あの…//」

律「あれ?顔真っ赤だぞ?風邪でもひいたんじゃないか?」コツン

憂「わぁあぁぁ//」

紬「本当?風邪だったら大変!」

澪「憂ちゃん、今日はうちへおいで。風邪治さなくちゃな」

ウーイチャン ウーイチャン ウーイチャン


唯「ちょおおぉぉぉ!!」ズサー


憂「お姉ちゃん…!」

唯「憂!こっちきて!みんな憂を離して!なにしてるのもー!!」グイグイ

律「わ、なんだよ唯」

唯「憂になにしてたの!」



律「なにって…普通にコミュニケーションをしようとしただけだろ」

唯「普通じゃないでしょ!澪ちゃんも憂を連れ帰ってどうするつもり!」

澪「どうって…ただ看病を…」

唯「憂は別に風邪なんてひいてないでしょ!ムギちゃんもそんな胸押し付けないで!」

紬「そんな…別にわざとやってたわけじゃないし…」


唯「もう怒った!私の見えないところで憂に変なことしようとして!」

唯「憂!おうち帰るよ!」

憂「えっ、おね…」

唯「ほらはやく!」グイッ

憂「わわっ、お姉ちゃん…」

唯「バイバイ!」

バタン!



平沢家。


唯「憂、平気だった?」

憂「うん、なんとか…」

唯「よかった…」


唯「それにしてもやんなっちゃうよ!」

唯「みんなしていいように記憶喪失に付け込んでさ!」

憂「お姉ちゃん…」


憂「その…澪さんと紬さんは私のお姉ちゃんじゃないんだよね…?」

唯「えっ、そうだよ、聞いてたでしょ?」

憂「ううん、何も言われなかったから…。朝の時から気になってたの」

唯「ええっ!?だってあれは私をおどろかそうとしただけだって…」

憂「えっ、ちがうよ紬さんたちがいきなり言い寄ってきたんだよ」

唯「な、なんですと~~!!」

唯「あの2人、もう信用ならない!」


唯「憂!もう軽音部の先輩に近づいちゃだめだからね!」

憂「う、うん…」



…………


憂「うーん」

唯「はー、今日一日で怒り疲れちゃったよ」

憂「ごめんね、私のせいで…」

唯「憂は何も悪くないよう。ところでさっきから何探してるの?」

憂「うん、お菓子の本探してるんだけど、どこあるのかわからなくて」

唯「えっ!記憶もどったの!?」

憂「あ、ううん。でも梓ちゃんたちに私が料理の本持ってるってこと聞いたから」

唯「なんだー。でも憂は料理得意だったから何か思い出すかもね!」

憂「うん!」


唯「えっとねー。確かこっちにしまってあった気がするなぁ…」

ガサガサ

唯「あった!あったよ!」

憂「ほんとだ!ありがとお姉ちゃん!」

唯「うふふ、ところで何作るの?」ジュルリ

憂「えっとね、フレーズ・バニーユが食べたいって言ってたかなぁ」

唯「な、なにそれ…」

憂「苺とバニラのケーキだよ。…あ、お姉ちゃんにも作ってあげるね」


唯「うん…って誰かに作るの?」

憂「うん。純ちゃんに」

唯「純ちゃん?お願いされたの?」

憂「あ、えっとね、純ちゃんに教えてもらったんだけど、実は純ちゃんは私の親分なんだって。お姉ちゃん知ってた?」

唯「……」

憂「私は子分だから、純ちゃんの言うことには逆らえないんだよ」

唯「ふぅ~~…」

憂「だから毎日お菓子を作って献上しなくちゃ……ってお姉ちゃん?」



カッ!

唯「もういいっちゅうねん!!!!!」バン!




3