梓「1年の中野梓と言います」

唯「これからよろしくねー」




律「さっそく暗い話題で申し訳ないのだが」

梓「え……はい」

律「この部室には敵が潜んでいるんだ」

梓「敵?」

澪「きゃああああああああ!!」

梓「ひっ!?」

律「早速きたか! 唯!」

唯「あいよーっ!」

律唯「ゴキジェットをくらえー!!」


プシュー

G「」ピクピク



律「ふう」

唯「何故か部室にゴッキーが出現するんだよね」

梓「ああ……敵ってそういうことですか」

律「ほんとなんでだろうな?」

紬「みんな~今日はケーキを持って来たの~」

唯律「わーい!」

梓「……」




そんなこんなで1週間が過ぎた

梓「全然練習しないじゃないですか!」

律「んえぁ、もうちょっと休んでからでも……あれ、このマカロンなんか黒くね?」

澪「律っそれは……!」

律「ん? ぎゃああああああゴキブリイイイ!!!!」

紬「いやああああ!!」

梓「どんだけゴキブリがいるんですかここは!」

律「こんなゴキブリだらけの所じゃ練習なんて出来ないって」

梓「ゴキブリの所為にしないで下さい」

梓「……あ、それじゃあゴキブリがいなくなったら練習してくれますか?」

律「もちろん! 清々しい気持ちになって練習にも身が入るだろうなあ!」

梓「私に考えがあります」

律「考え?」

梓「とある方法でゴキブリを一掃出来るかもしれません」

唯「本当!? お願いします!!」

梓「いいですよ。ただし、成功したらちゃんと毎日バンドの練習をしてもらいますからね」

律「もっちろーん!」

梓「わかりました。ではやってみます!」

梓「では……」

唯「あずにゃんギター弾くの?」

梓「はい。これでゴキブリの嫌がる音を出して追い払うんです」

梓「では」


ジャカジャーン! ピロリロピロリロ!


唯「……ん?」


カサカサカサカサカサカサカサカサ!!
ガサガサガサガサガサガサガサ!!
ゾロゾロゾロゾロ


澪「ひっぎゃああああああああ!?」

律「うわーーーーなんだこのゴキブリの数!!」

紬「」チーン

唯「」チーン



律「でもこいつら外に出ていってる!」

梓「成功のようですね」

シーン……

唯「ご、ゴキブリは……?」

律「多分みんな出ていったぞ」

紬「やっ」

澪「やったああああああああああああ!!」

唯「すごいよあずにゃん! 天才!!」

律「ようしこれで!」

梓「練習できますね!」

律「気持ちよくお茶が出来るぞー!!」

梓「え……」




さらに1週間が過ぎた

梓「全然練習しないじゃないですか!」

律「いやー心置きなくお茶が出来るってのが嬉しすぎて」

梓「約束が違います!!」

唯「まあまあ、あずにゃんもお茶しようよ~」

梓「……」

ジャッジャラーン! ティロリロティロリロ!

唯「おおっ?」

律「梓……?」

澪「一体何を……」



梓「……」

律「何だ……何も起こらないぞ?」

唯「あずにゃん?」

梓「ガツガツガツガツ!!」

唯「あーっ!? それ私のケーキ!」

律「なんだよー梓も食べたかったんじゃ――ってそれあたしの!」

澪「ああっわたしのいちご……」

紬「あ、梓ちゃん! ケーキが欲しいならまだ箱にいっぱい入ってるから」

梓「よこすです!」むんずっ

梓「先輩のバカー!」バタン カチャ

いじけたあずにゃんはお菓子を全部持って物置に入り、しばらく出てきてくれませんでした。




唯「あずにゃんはパイドパイパー」



END