ユリ「あら、あなた…パチ美じゃない」

首領パッチ「久しぶりだなあ、ユリ。んなところに居ないで下りてこいよ」

ユリ「そうね、久しぶりアンタの顔も見ておきたいものね」

ふわっ

ヒューンッ

ストッ

ユリ「久しぶりね、パチ美。元気にしていたかしら?」

首領パッチ「お前の方は元気そうじゃないか」

ユリ「あらやだわ、何その目。怖~い…」

ボーボボ「お前、毛狩り隊だな…」

ユリ「そうよ、私はこの地区の隊長ユリよ」

首領パッチ「まさか、お前が毛狩り隊に入ってるとはな」

ユリ「色々あったのよ…、夢に敗れた私を拾ってくれたのが毛狩り隊だったの」

首領パッチ「お前も随分とかわっちまったな」

ユリ「それはお互いさまでしょ?」

首領パッチ「ははっ、そうかもしれねえな」

ユリ「もう、私はあのときの私とは違う!」

首領パッチ「……ああ、見れば分かるよ」

ユリ「私のこの、鉄パイプブルンブルン真拳であの世におくってあげるわ、パチ美!」

首領パッチ「ならば…!首領パッチハンマー!」

ガキィイン

ユリ「やるわね、あのバビロン真拳の男を一撃で倒したこの攻撃をとめるなんて!」

首領パッチ「この首領パッチハンマーには不可能はねえんだよ!」

ガキッ

ユリ(弾かれた…っ!?)

首領パッチ「終わりだ、ユリ…!首領パッチソード!」

ズバァッ

ユリ「ぐああああああっ!」



ユリ「ちっ、さすがにやるわね…!」

ユリ「しかし、私はまだ負けないわ…!」

ユリ「またね、パチ美……しかるべき場所で会いましょう!」

首領パチ「まて、ユリ!」




ボーボボ「逃がしてしまったか……」

天の助「鉄パイプブルンブルン真拳、恐るべし」

ソフトン「ぐっ…」

ボーボボ「どうした、傷がいたむのか!?」

ソフトン「平気だ……」

ソフトン「それよりも、ヤツの能力の謎がとけた…」

ソフトン「おそらく、彼女の鉄パイプブルンブルン真拳は」

ソフトン「物体同士の情報をミックスすることができる」

天の助「なんだって!?」

ソフトン「彼女の持つ鉄パイプは、両端がカットされていた」

ソフトン「その両端でモノとモノをつなぐことで」

ソフトン「とある物体Aを、とある物体Bにしてしまうのだろう」

ソフトン「姿形はAのままだがな」

首領パッチ「なるほど、わからん」

天の助「俺もさっぱりだよ~」

ボーボボ「安心しろ、俺もだ」

ソフトン「つまり、俺たちを彼女の楽器にしたのが…あの女だ」

首領パッチ「何ぃーーーーーーー!?」

ソフトン「おそらく、彼女の鉄パイプを破壊せねば」

ボーボボ「俺たちは元に戻れないって事か……」

首領パッチ「ちくしょう、ユリのヤツ…!」

天の助「そういえば、しかるべき場所に会おうって…」

首領パッチ「どこのことだ?」

キーンコーンカーンコーン

天の助「お、もう放課後か」

首領パッチ「しゃーねぇな、一旦みんなの所にもどるか」

ボーボボ「首領パッチ、お前だけ梓のところだが……」

首領パッチ「大丈夫だって、ユリのやつもそう何度もおそってこねえよ」




唯「えぇ!?なんでボーボボがギー太になっちゃったのかわかったの!?」

ソフトン「かくかくしかじか」

澪「なるほど…」

律「っていうか、あの養成所の話本当だったんだな」

紬「でも、しかるべき場所っていつかしら…?」

唯「あ、もしかして文化祭じゃない!?」

澪「そうか、文化祭ならステージがあるしな」

天の助「なるほど!」

ボーボボ「さえてるじゃねぇか、唯ちゃん」

唯「えへへへへ…」

ビュティ「よかった、これでなんとか皆元に戻れそうだね」

天の助「文化祭までまだまだあるけどな」

ボーボボ「それまでに、腕を磨けばいいさ」

澪「ああ、そうだな!」

律「よーし、私たち放課後ティータイムも援護するぞー!」




こうして、ボーボボたちは来る文化祭のために

己の腕を磨くべく、修行をはじめた


唯たちは、それを援護しながらも彼らを楽器として扱い

来る文化祭のために、己の腕を磨いた




そして、文化祭前夜

首領パッチ「…だめだ、全然ひけねえよ」

梓「あきらめちゃだめです!ユカリさんのためにレクイエムをひくんでしょう!?」

首領パッチ「もう、いいよ」

梓「え……?」

首領パッチ「あいつのためにそんなもん弾いたって、もう意味ねえよ!」

首領パッチ「ユリだって毛狩り隊にはいっちまってよ、…もう、いいんだ、どうでも」

梓「首領パッチくん……」

首領パッチ「はっ、だからよ、もういいんだ…、こんなギター!」

ズポッ ズポッ

ビターンッ ビターンッ

梓「……!」

バチーン

首領パッチ「……え?」

梓「首領パッチくん……出てってください」

梓「……首領パッチくんの顔、みたくないです!」

首領パッチ「え、ちょっと、待てよ、落ち着けって、なあ、梓?」

ガララ

ガシッ

梓「いいから、出てってください!」

ヒューンッ

首領パッチ「ああああああああっ!」

ビターンッ

首領パッチ「いでっ…おいっ!梓!」

ガララ ピシャッ



首領パッチ「……なんだってんだよ」

首領パッチ(わぁってるよ、梓。弱音はくなっていうんだろ?)

首領パッチ(でもよ、今回ばかりは、吐かせてくれや……)

首領パッチ(ユカリ、……すまねえな)




そして翌日、文化祭当日

ボーボボ「おい、聞いたぞ」

ボーボボ「お前、あずにゃんと喧嘩したんだって?」

首領パッチ「それがなんだよ」

ボーボボ「仲直りしろよ、今日はお前らにとって……!」

首領パッチ「俺らにとって…?なんだよ…!」

ボーボボ「大事な日じゃねぇのかよ!」

首領パッチ「うるせぇな、お前は唯のおもりでもしてりゃいいだろ」

ボーボボ「お前!…おれは、お前のためを思ってだな」

首領パッチ「またいつもの仲間面か?…いつ頼んだよ、なぁ?そんなことしてくれって」

首領パッチ「俺はそんなこと頼んじゃいねぇぞ!」

ボーボボ「首領パッチ…お前」

首領パッチ「やってらんねぇぜ……、あばよ。文化祭終わるまでパチンコでもいってくらあ」

ボーボボ「まて!……首領パッチ」




校門

首領パッチ「まったく、学校のちかくにはパチンコ屋ねえからな」

首領パッチ「まあいいや、適当に歩きゃみつかんだろ」


天の助「待てよ、首領パッチ!」

首領パッチ「今度はお前かよ。ボーボボの差し金かあ?」

天の助「なあ、考えなおせよ!」

首領パッチ「うるせえな、ほっとけよ」

天の助「お前……!」

首領パッチ「殴るなら殴れよ…」

天の助「……っ!」

澪「やめろ、天の助!」

天の助「澪……」

首領パッチ「おぉっと、持ち主さまも一緒とは、豪勢な説得だな」

首領パッチ「けど、そんなんじゃ俺には響かないぜ。あばよ」


澪「……逃げるな、首領パッチ!」

首領パッチ「あぁ?」

澪「お前、結局はそのユリっていう子が敵になった現実から逃げてるだけだろ!」

澪「それを、ユカリさんや梓を言い訳にしてるだけだ!」

首領パッチ「知った風なクチ聞いてくれるじゃねーか……」

首領パッチ「ああそうだよ!逃げてるよ、悪いかよ!」

首領パッチ「……けっ、しらけちまったぜ」

天の助「待て、この命にかけてもいかせねぇぞ~!」

ガシッ

首領パッチ「気持ちわりぃな、離せよ!」

天の助「逃げるな…、今のお前は……」

天の助「これっぽちもハジけてねぇよ!!」

首領パッチ「!」



首領パッチ「……どいつもこいつも、知った風なクチを」

首領パッチ「けど、……そうだよな」

首領パッチ「俺としたことが、ハジけずに逃げちまうなんて」

首領パッチ「いくぜ、澪。天の助」

首領パッチ「文化祭へよ……!」

天の助「おうよ、まってやしたぜ!パチの親分!」

澪(よかった、よかった……)





5




体育館

ユリ「遅かったわね、パチ美」

首領パッチ「ああ、ちょっと野暮用があってよ」

ユリ「よかった、あなたがきてくれて」

首領パッチ「なあ、ユリ。お前はまだアイドルになりてぇのか?」

ユリ「まさか。そんなバカな夢もう捨てたわ」

首領パッチ「そうか、残念だ……!」

ザシュッ

ユリ「えっ……」

首領パッチ「夢を捨てたお前が…」

首領パッチ「夢見がちな女子高生のギターの俺に勝てるわけねぇだろう?」

ユリ「ぐっ……」

ボーボボ「首領パッチー!いまだ、止めをさせー!」

首領パッチ「ボーボボ…」

首領パッチ「おうよ!」



ユリ「フッフッフッフ」

首領パッチ「…な、なんだこりゃぁ…!」

ユリ「この女を倒してもむだだ、この俺を倒さないかぎりなぁ!」

ビュティ「え、一体誰なの…!?」

ソフトン「おそらく、この声の主が彼女をあやつっていたのだ!」

ビュティ「そんな…!」


ユリ「俺はこの地区の本当の隊長…鉄パイプさまだ!」

カラン

鉄パイプ「はーっはっは!お前らを血祭りにあげてやるぞー!」

ビュティ「ええーーー!そっちは本体だったのーーーーー!?」


ボーボボ「首領パッチ!」

首領パッチ「ああ、あれしかねぇようだな!」

首領パッチ「トランスフォーム…飴玉!」

ボーボボ「鼻毛真拳究極奥義…」

ボーボボ「聖鼻毛融合!」

パクッ

ゴゴゴゴ

鉄パイプ「な、なんだあ!?何がおこっているんだ!?」



パッチボボ「融合完了」

パッチボボ「ユリを弄んでくれた借りは返すぞ」



パッチボボ「物質ハジケ融合!」

パッチボボ「踏み切り板&バスケットボール!」

パッチボボ「ヴォルカニックカパタルト!」

鉄パイプ「ぎゃあああああああ!」

パッチボボ「さらに、卓球ラケット&ピンポン球!」

パッチボボ「エターナルラリー!」

鉄パイプ「うぎゃぁぁあああああああっ!?」

鉄パイプ(なんだ、こいつは…!強すぎるぞ…!)

鉄パイプ「だかしかし!俺を見くびるなよ!」

鉄パイプ「俺は人の身体をのっとれるのだ!」

鉄パイプ「お前の仲間を乗っ取ってやるぞ!」

天の助「えっ!?」

鉄パイプ「いただきだああああ!」


天の助「…ふははは!どうだ、これで手が出せないだろう!」

ビュティ(あーあ……)




パッチボボ「物質ハジケ融合…」

パッチボボ「伝説の首領パッチソード&魔剣大根ブレード!」

パッチボボ「聖魔支配剣さとうきびセイバー!」

天の助「え、え!?ちょっとまて、おい!これお前の仲間の身体だぞ!?おい!」

パッチボボ「無限斬!」

天の助「ぎゃああああああああああ!」

カラン

鉄パイプ「なんてやつだ、仲間を攻撃するなんて、てめぇそれで恥ずかしくねぇのか!」

ビュティ「人質とったあんたに言われたくないよ!!」


パッチボボ「これでけりをつける…!」

パッチボボ「物質ハジケ融合…」

パッチボボ「鼻毛&鼻毛!」

鉄パイプ「くっ、まずい、よけなくては……!」

パッチボボ「ハジ毛真拳奥義……」

パッチボボ「ダブルKING鼻毛様召還!!」

天の助「ぎゃああああああああああ!」

鉄パイプ「ぐわあああああああああ!」

ビュティ「天の助くんもやったーーーーーーー!?」

鉄パイプ「ぐはっ…」


鉄パイプ&ところ天の助撃破




ボーボボ「……これで彼女も解放されるだろ」

首領パッチ「ユリ、ユリー!」

ユリ「パ、パチ美……、ありがとう」

首領パッチ「よかった、お前が無事で……」


首領パッチ「これで心おきなく……」

首領パッチ「息の根を止められるぜ!」

バチンッ

ユリ「ぐはっ……」

ユリ撃破


ビュティ「ちょっと!なにやってるの首領パッチくん!」

首領パッチ「え、だってこいつ毛狩り隊じゃん」

ビュティ「それはそうだけど、操られてたじゃない!」

首領パッチ「それを理由に許されるのって、納得いかねぇんだよな」




首領パッチ「さて、唯。ちょっと頼みたいことがあるんだけどよ」

唯「どうしたの?」

首領パッチ「もうすぐ、お前らの演奏の番だろ?」

首領パッチ「…その前に俺に一曲歌わせてくれないか」

首領パッチ「梓に謝りたくてよ」

首領パッチ「……まあ、口でいうのもあれだから、歌でとどけてぇんだ」

澪「うん、いいんじゃないか?私、よかったら演奏しようか?」

律「お、いいね。私ものった!」

紬「私も」

唯「……えへへっ、それじゃ、準備しよっか♪」



首領パッチ「この会場にいる、俺の大切な人にこの歌を届けたいんだ」

首領パッチ「……俺が変な意地はっちまって、逃げちゃいけないことなら逃げちまって」

首領パッチ「そのせいで、喧嘩になっちまって」


梓「……」


首領パッチ「だから、歌にのせてそいつに謝りたいと思うんだ」

首領パッチ「わりぃな。唯。こんなことに巻き込んじまってよ」

唯「大丈夫、大丈夫」

首領パッチ「それじゃ、…聞いてください。俺の素直な気持ちを」


パチパチパチ



首領パッチ「βカロチーン!!!」

ビュティ「最悪だーーーーー!!」




6