そして就寝時間、ビュティ以外の楽器たちは大きなリビングで寝ることになった

天の助「いやー、今日も充実した一日だったぜ」

首領パッチ「この調子で、明日もあいつらをサポートしてやろうぜ!」

ボーボボ「そうだな」

ソフトン「その前に、ひとついいか」

天の助「お、どうしたよ、ソフトン」

ソフトン「俺たちがこの様になった理由だが……」

3馬鹿「Zzzzzz」


ソフトン「……」

ソフトン「寝るか、明日も早い」




そして、唯たちは苦しい合宿を終えて自分たちの町へともどってきた

唯「終わっちゃったね、合宿」

ビュティ(半分以上遊んでたような…)

澪「それじゃ、私はこっちだから。いくぞー、天の助」

天の助「お、待ってくれよ澪!」

梓「首領パッチくん、私たちも帰りますよ」

首領パッチ「なあなあ、家かえったらUNOやろうぜ!」

梓「2人でやってどうするんですか」

唯「ボーボボも帰ろっか」

ボーボボ「そうだな」

律「じゃあ、まったな~」


唯とボーボボたちは、それぞれの帰路についた




澪と天の助の場合

澪「こら、待て天の助!」

天の助「やだやだ!お風呂はいりたくないよ!ママー!」

澪「お前、合宿中に一度もはいらなかっただろ!」

天の助「熱い湯につかると溶けちまうんだよぉおお!」

澪「今日は一緒に入ってでも入れるからな」

天の助「やめてくれえええええ!溶けたくねえええよおおおおおお!」

ガシッ

ズルズルズル

天の助「ちょっと、引きずらないで!やめて!」

澪「わかったわかった、水かける程度にするから…」

天の助「身が削れない程度に優しくしてね……」

澪「はいはい……」




律とビュティの場合

律「いや、結局私いっかいも叩かなかったなあ」

ビュティ「ごめんね、せめて首領パッチくんなら叩けたんだろうけど」

律「ビュティが気にする事じゃないって~」

ビュティ「他のみんなは、どんなカンジなんだろう」

律「それぞれ、楽しくやってんじゃない?」

律「間違いなく、にぎやかだと思うぞ~?」

ビュティ「うん、きっとそうだね……」

ビュティ(皆…とくに梓ちゃん大丈夫かな……)




唯とボーボボの場合

憂「はい、2人ともご飯できたよー」

ボーボボ「これが憂ちゃんのご飯か」

唯「わぁ~、いただきますー」

ボーボボ「いただきます」

パクパク

ボーボボ「こ、これは……!」

ボーボボ「すばらしい、そとはサックリ、中はジューシーで食感のコントラストが最高だ」

ボーボボ「その上、この味、この香り……!」

ボーボボ「まさに究極の一品だ」

憂(ただのご飯なんだけどなあ……)

唯「う~い~、このお味噌汁おいしいね」

憂「そう?今日はお豆腐にしてみたんだ」




紬とソフトンの場合

ソフトン「……ここが紬の家か」

紬「そうなの~、ソフトンさんの部屋も用意してあるからね」

ソフトン「世話をかける」

ソフトン(しかし、なぜこの様な事態に……?)

ソフトン(何者かが何かをしたのは間違いない)

ソフトン(しかし、この様な所業。ツルリーナ三世にも不可能なはず……)

紬「あ、ソフトンさん。よかったら、このブレスケアつかって」

ソフトン「……すまんな」




梓と梓と首領パッチの場合

首領パッチ「なあ、梓」

梓「なんでしょう?」

首領パッチ「俺に、ギターおしえてくれねえか?」

首領パッチ「そのよ、……俺も自分で弾きてぇんだよ」

首領パッチ「その、ユカリへのレクイエムってやつをよ」

梓「……」

梓「わかりました、では」

ズポッ ズポッ

梓「ちょっとずつ、慣れていきましょうね」

首領パッチ「梓……、ありがとう…!ありがとう…!」




そして、夜が明け
数日後、彼女たちの夏休みが終わった!


唯「今日からまた学校だねえ~」

澪「唯、だめだぞちゃんと気を引き締めないと」

唯「だぁってぇ」

律「まだ夏休みって気分だもんなー」

紬「ふふ、わかるわかる。まだスイッチ入らないのよね」

澪「いや、わかっちゃだめだろ…」

天の助「部活はどうするんだ?」

澪「今日からはじめたっていいんだけどな」

ボーボボ「何事も、早いにこしたことはないからな」

ビュティ「ねぇなんで2人ともナチュラルにいるの!?」

ビュティ「ここ女子高だよーーーーーー!!」

ボーボボ「大丈夫だって」

ボーボボ「ちゃんとボボ美になるから」

天の助「俺はほら、澪の非常食として」

澪「食わないぞ」

ビュティ「そういう問題じゃないよ!そもそも、私たち楽器でしょ!」

ボーボボ「俺と天の助は別に持ち歩いてても違和感ないだろ?」

天の助「そうそう、ビュティが部室にいるならまだしもな」

ビュティ「あ、あれ……」

唯「大丈夫だよ~、事情話せばさわちゃんも許してくれるよ」

澪「そ、そうなのか……?」




唯「……っていうワケなんだ~」

さわ子「あらあら、それは大変ね」

澪「え、えぇ!?」

ビュティ「し、信じてくれるんですか?」

さわ子「うそつくなら、もっとマシなウソつくだろうし」

ボーボボ「確かに、楽器が人になるとかありえないもんな」

天の助「ホントだよな」

ボーボボ「アッハッハッハッハッハ!」

天の助「ハッハッハッハッハッハ!」

律「いや、お前ら鏡みろって……」

澪「あれ、そういえばソフトンは?」

紬「それが、朝からいなくて」

天の助「どこにいったんだ、あのグルグル巻き野郎」




屋上

ソフトン「ここで待っていれば、貴様がくると思っていたぞ」

?「ほう、ばれていたか」

ソフトン「やはり、貴様がこの事態の黒幕か」

?「その通り。で、それを知ったところでどうする?」

ソフトン「愚問、…貴様を倒すまでだ!」

ソフトン「バビロン真拳奥義…」

ソフトン「ルクセンブルクの雷鳴!」

?「甘いわ…!」

ソフトン「何っ…!?」

ガキィン!

ソフトン「ぐはっ……」

?「お前など私の敵ではないわ…」

ソフトン「ぐっ…、ボーボボ、……気をつけろ」

ガクッ




首領パッチ「あーあ、梓のヤツ授業中だからつまんねーな」

ドサッ

首領パッチ「な、なんだぁっ!?」

ソフトン「  」

首領パッチ「お前っ!ソフトン、ソフトンでねっか!」

首領パッチ「いったい、何があっただ?」

ボーボボ「おーい、首領パッチどーん」

首領パッチ「おお、ボーボボどん、天の助どん!」

天の助「授業はじまったから抜け出してきちまっただ~」

首領パッチ「そんなことより、みてくれ!」

ボーボボ「こ、こいつはひどい!誰の仕業だ?」

天の助「治療してやりゃにゃ~いかんなぁ!」


ボーボボ「ソフトンどん!ソフトンどん!」

天の助「目を開けてくれ~、おねげぇだ~!」

首領パッチ「アンタが死んだら、誰が紬のキーボードやるんだっぺぇ!?」

天の助「ソフトンどーん!」

ソフトン「 」

天の助「はよ起きろや!」

ドコォッ!

ソフトン「ぐふぉぁ!?」

天の助「ほらおきた♪」

首領パッチ「ソフトンどーん!」

ボーボボ「えがった、えがった…」



ソフトン「こ、ここは…?」

首領パッチ「校庭だよ、お前、上から起きてきたんだぞ」

天の助「一体なにがあったんだ?」

ソフトン「それは…、屋上を見ろ。そうすれば全てがわかる」

首領パッチ「屋上?…一体何が……?」

天の助「あるっていうんだよ?」

ボーボボ「あ、あれは…誰かがいるな」

首領パッチ「…あ、アイツは……!それじゃあ、まさか……」

ソフトン「そう、彼女こそが今回の事件の黒幕だ」



首領パッチ「……ユリ!」


5