そして、ボーボボたちは夕食をとることにした

ボーボボ「はーい♪みんなそろったかしら?」

ボーボボ「今日の夕食は…お豆腐のお味噌汁でーす!」

唯(あれ?わかめじゃないんだ……)

首領パッチ「あぁ!?味噌汁だあ!?ざけんなこら!もっといいモンくわせろや!」

ボーボボ「おだまり!」

バチィンッ

首領パッチ「ぎゃふっ…、な、殴ったね」

ボーボボ「殴ってなぜ悪いか」

ボーボボ「貴様はいい、そうやって喚いていれば気分も晴れるんだからな」

首領パッチ「僕がそんなに 安っぽい人間ですか!」

バシィ

首領パッチ「二度もぶった……!」

首領パッチ「親父にも豚レター送ったことないのに!」

首領パッチ「黒豚さんからお手紙ついた♪」

ボーボボ「白豚さんたら読まずに太陽にブロリーごとぶち込んだ♪」

天の助「しーかたがないのでお手紙かーいた」

3バカ「さっきのお手紙から割り出した住所で出前をとった♪」

ビュティ「ちょっと、それ立派な犯罪だよ!」

ソフトン「いただきます……」

紬「今日の夕食はボーボボくんが作ってくれたの~」

ビュティ「え」

ソフトン「安心しろ、ビュティ……何ともないでござる」

ビュティ「明らかに悪影響でてるーー!」



ボーボボ「だってぇ~、みんなに食べてほしくてぇ~、わたち~、はりきっちゃって~…」

ビュティ「はりきり過ぎー!もう、何いれたの!?」

ボーボボ「普通に味噌汁を作っただけだよー」

澪「それでああなるのか……」

ソフトン「誠に、拙者はなんともないでござるよ」

首領パッチ「貴様、人斬りソフトン斎だな……」

ソフトン「いやいや、拙者はただの流浪人でござるよ」

首領パッチ「問答無用っ!」

ズバッ

ソフトン「おろろ、こんなところで首領パッチソードを振り回すのは危ないでござるよ」

ビュティ「本当に何入れたの?」

ボーボボ「首領パッチエキス」

説明しよう、首領パッチエキスとは首領パッチと同じ思考になる以外になんの害もない液体である!

ビュティ「最悪だーー!」



ソフトン「バビロン真拳奥義……」

ソフトン「あの夏の哀愁龍閃!」

ズバァンッ!

首領パッチ「グハァッ…!」

首領パッチ「ふふふ、いくら取り繕うと、…お前は所詮人斬りよ……」

ビュティ「ねえ、いつになったら戻るの?」

ボーボボ「さあ、時間たったら戻るんじゃないか?」

ビュティ「戻らなかったら、私本当に怒るからね」

律「ていうか、夕食どうしよう……」

天の助「俺の出番だな!」

天の助「プルプル真拳奥義…!」

天の助「極上料理!」

澪「台所になにかあるんじゃないか?ちょっと見てくるよ」

梓「あ、じゃあ私もいきます!」

天の助「う~ん、やっぱりこうなるのね♪」




そして、なんとか夕食を食べることができた軽音部とボーボボたちは、合宿らしく練習することにした

梓「とはいっても、首領パッチくんをどうやって演奏すれば……」

首領パッチ「ああ、ちょっとまてよ…」

ズポッ

首領パッチ「このトゲの断面をよ~くみてみろ」

梓「あ、弦がはってある」

首領パッチ「この弦を、こっちのトゲで……」

ズポッ

首領パッチ「弾けばいいってわけよ」

梓「なるほど…、つまり」

梓「首領パッチくんの本体はつかわないんですね」

首領パッチ「……ちょっとまて、やっぱ今のなし」

梓「え、え?」

首領パッチ「だって、これだとステージにあがれないじゃない!」

首領パッチ「子供の頃からの夢だった、ステージに!」



そう、それは10年前

私は、幼馴染のタケルくんのことが好きだったの

そんなある日のことよ。



タケル「なあ、パチ美。お前テレビとかみる?」

首領パッチ「ええ、見るわよ。いきなりどうしたの?」

タケル「いやあ、テレビとか見てるとさ、アイドルとかでてくるじゃん?」

タケル「みんなかわいいなーって」

首領パッチ(タケルくん、アイドルがすきなんだ……)

首領パッチ「ね、ねえ。タケルくん」

首領パッチ「もし私が、アイドルになれたらどうする…?」

タケル「パチ美が~?なれるわけないじゃん!」

首領パッチ「タケルくん、ひっどーい!」

タケル「ははは、でも。もしなれたら俺が一番のファンになってやるよ」

首領パッチ「タケルくん……」


そして、私はアイドルになるために歌や踊りのレッスン始めたわ。

無事、養成所にはいることの出来た私は、さらにレッスンを重ねたわ

それもぜんぶ、タケルくんのため。彼に振り向いてほしかったから……


先生「はいはーい、終わり!」

先生「ユカリちゃん、今日もすごくよかったわよ」

ユカリ「ありがとうございます」

先生「パチ美ちゃんは、今日はすこし動きが固かったわね、どうかしたの?」

首領パッチ「い、いえ…、大丈夫です」

先生「ムリはだめよ?はーい、それじゃ、今日は解散ね」



ユカリ「パチ美、どうかしたの?最近、元気ないみたいだけど」

パチ美「だ、大丈夫。なんでもないから」


この子はユカリ。私と同期で入ったこともあって、すぐに打ち解けたわ

でも、彼女は私よりもはるかに才能があった……

私は、友情と嫉妬の板ばさみから、レッスンに身が入らなくなってしまっていたの


ユカリ「大丈夫よ、パチ美ならきっとすっごいアイドルになれるわ!」

ユカリ「親友の私がいうんだから、間違いないわよ」


なにより、彼女の優しさが、彼女の友情が

嫉妬などという醜い感情を抱く私をよけいに惨めにみせていったわ



澪「これ、いつまで続くんだ?」

ビュティ「気が済むまでやらせてあげて…・…」




そんなある日の事……

ユリ「パチ美!大変!」

首領パッチ「あら、どうしたのユリ?そんなに血相を変えて……」

ユリ「ユカリが…、ユカリが交通事故にあったって!」

首領パッチ「ええ!?」

ユリ「それでね、もう助からないかもしれないんだって……」

首領パッチ「ちょっと、しっかりしてよ…!ねえ、病院はどこなの!?」


私は、泣き崩れる彼女を宥めるフリをしながらも動揺をかくせなかったわ

病院の場所をきいた私は、すぐにユリと一緒にユカリの元へ駆けつけた



首領パッチ「ユカリ!」


病室のベッドの上には、よくわからないチューブをつけ、包帯だらけのユカリが居たの

先生や、ユカリの家族の表情からももう助からないっていうのが伝わってきたわ


首領パッチ「ユカリ……」

ユカリの母「パチ美ちゃん……。」

首領パッチ「先生、ユカリを、ユカリを助けてください!」

首領パッチ「お願いです、ユカリを、ユカリを助けて!!」


私は先生に泣きすがったわ。先生、すっごく困ってた…。

そんな時…


ユカリ「パチ…、美……?」

首領パッチ「ユカリ!」


目を覚ました彼女の発した声は、いつものはつらつとした声とは違っていた。

力なく、搾り出すような声だったわ


ユカリ「パチ美、いるの……?」

首領パッチ「ええ、ここにいる、ここにいるわ!ユリも来てる!」

ユリ「ユカリ!」

ユカリ「……ふふ、どうしたの、パチ美。そんな顔して」

ユカリ「涙で、ぐしゃぐしゃじゃない」

首領パッチ「……こ、これは」

ユカリ「パチ美に、そんな顔似合わないでしょ?」

ユカリ「あなたがないていいのは、結婚式と、引退するときだけ」

首領パッチ「なにいってるのよ、私はまだアイドルに……」

ユカリ「なれるわよ、パチ美なら。もちろん、ユリも」

ユカリ「2人とも、きっと立派なアイドルになってね…、約束よ?」

ユカリ「破ったりなんかしたら、許さないんだから」

ユカリ「私、あなたたちに会えて本当によかったわ……」

ユカリ「パパモ、ママも、みんなありがとう……」

ユカリ「大好き……」

首領パッチ「………っ」

首領パッチ「ユカリーーーーーーー!!」






首領パッチ「そうよ、だから私は……!」

首領パッチ「何が何でも、ステージに上がらなくちゃいけないのよーーー!!」

首領パッチ「だから考えてよ!私がステージに上がれる方法!」

梓「え、ええっ!?…じゃぁ…、ステージ上の飾りつけとか?」

首領パッチ「……」

首領パッチ「よし、それでいこう」

ビュティ「いいの!?ユカリちゃんそんなんで喜ぶの!?」

ユカリ「いいわよ?」

ビュティ「いいんだ!?」


澪「…………」

ユカリ「あら、どうしたのこの子。」

梓「あ、澪先輩、おばけとかがニガテで……」

ユカリ「あら、そうなの?じゃあ、私がいちゃまずいわね」

ユカリ「じゃあね、パチ美。あなたのステージ楽しみにしてるわ!」

首領パッチ「ユカリー!期待しててねー!」



4