エピローグ!


和『……二時間!残念。あなた達は、乗客を救えなかった。』


和が死んだ後、私たちは力なく座り、画面から目を背けていた。誰も言葉をかけるものもいない。


和『……これであと4時間後に、成田につく。ねえ、みんな、まだ遊びたいかしら?』


和の問いかけに誰も応じない。和はもう死んだ。

工具を使って壊された和の骸は、静かに席に置かれ、それに触れるものもいない。


和『……どうやら、私は死んだようね。

  でも、あなた達は生きている。』

和『……ウイルスに侵された体で、日本の地を踏む?

  天然痘のパンデミック、あなた達は英雄になれないのよ?

  まだ遊びたいなら、返事をして』


律が、一番疲れているように思われた。虚ろな目をして、和の骸を律だけが見つめている。


ワクチンの番号はB。それだけが私の頭の中にこびりついたままだった。


『当機はただ今、日本の上空を飛行しております。

 これより高度を落としますのでシートベルトのご着用をお願いいたします』


無気力な機長のアナウンスが響く。

唯「ねえ。りっちゃん。ワクチンを打って。

  りっちゃんは、生きるのにふさわしいよ……今まで本当にありがとう。」

紬「私からもお願い。りっちゃん、ワクチンを打って。

  私たちの分も、これから生きて。幸せに……生きて……」

梓「……律先輩、ありがとう。本当に、ありがとうございました。

  私は、きっとあなたに出会えたから、救われたんです……」

澪「……律。私からも…みんな。私は、もうここで死ぬ。

  本当にありがとう。天国で待ってるよ……この体、生き残ってもみんなに迷惑をかけるだけだ」

唯「澪ちゃん……」



私は、Aのシールが貼ってある注射器を取り、自分に打つ。シアン化カリウム。

唯も、ムギも梓も、B以外の注射器を取り、自分に打つ。意識を失うようにして倒れていく。

律はそれを見届け、静かに立ち上がり、Bの注射器を取り出す。

それを自分に打つ。そうだ、全てはそれでいいんだ。

律「……楽しかったよ、ありがとう」

彼女は最後にそうつぶやいた。



和『……おかえりなさい。日本に到着、おめでとう。

  あなたは英雄よ。シャワーを浴びたら、服を着替え、ドアを出て、エントランスへ向かうのよ。

  協力機関の方が迎えに来ているから。あなた達のことは丁重に扱うよう、指示してあるから安心して。

  まず家族に会いたいだろうけど、しばらくはホテルで暮らしてもらうわ。

  機内は十分に殺菌しておくから、ウイルスが広がる事はない。

  私は、自分の名誉と魂にかけて誓うわ。あなたに自由と、身分を保証する。

  本当におめでとう。あなたは無事、英雄となったのよ。人類を救ったのよ!』




私は静かに立ち上がり、全てが行われたファーストクラスを後にする。

横たわる5つの友の死体を踏み越えた。

虐殺が行われたエコノミークラスは見たくもなかったが、

シャワーを浴びて空港へとつながる通路へいくには、そこを通らなければならない。

全ての客は死んでいた。凍りついていた。

私はよろめきながら、飛行機を後にし、地上へ降りる。

明るいエントランス・ホール。私は生きている。

秋山澪は英雄なのか?シールを貼り替え、ワクチンを手に入れた。

それ以外、私は何もしていない。何かしたのは、他のみんなだ。




―いや、あなたは爆弾の承認をしたのよ、澪―





耳をつんざく爆音。私は振り返る。

誰だ?和か?和のいう、協力者?

いいや、まだプラスチック爆弾の承認をしていなかったのは……

律か?律は怪物だ。律は全て読んでいた。でも……まあ、いいか。

この世にワクチンを打った人間は私一人。


終劇