唯「見せろ! 見せろ! パンツ見せろォ!!!」

紬「なんでここで止まるのよぉ、ふざけるんじゃないわよ!!」


佐藤「……」
姫子「唯もムギもやばいんじゃない……?」
↑効いてない二人


佐「出生証明書の所在を吐いたら続きを見せてあげるわ」

唯「あずにゃんが持ってるよ!!!」

佐藤「あっさり言うなよ!!」

佐「中野梓が持ってることくらい分かってるわよ。
  その中野梓がどこにいるかを聞いてるの」

紬「知る訳ないでしょう!!」

佐「……あなたたちが活動拠点にしていた場所とかはないの?」

唯「澪ちゃんのパンツ! 澪ちゃんのパンツ!」

紬「縞パンツ! 縞パンツ!!」

和「ちょっとやりすぎてしまったみたいね。
  もうまともに会話が出来る状態じゃないわ」

佐「ちっ……」

佐「もういいわ、モニターを片付けなさい」

会員「はっ」

唯「ああっ、まだパンツ見てないのにィ」

紬「片付けないで続きを見せてよぉ」

佐藤「いいかげん目覚めなさい!!」バコッボカッ

唯「ぶべっ」
紬「げふっ」


姫子「……」

佐「うーん、他に拷問は何があったかしらね……
  ときめきシュガーもモロパン寸止めも効果ないとなると……」

和「あまり手荒なことはするんじゃないわよ」

佐「分かってるわよ、うるさいわね」

和「じゃあ私、生徒会の用事がまだ残ってるから」

佐「そう、それじゃあね」

和「ええ、また明日」

佐「……」



風子「真鍋さん……なにかクサイわね」

佐「あなたも気づいた?」

風子「ええ。何か企んでる感じがするわ」

佐「ただ焦っているだけよ。
  澪ファンクラブが自分の手に負えないくらい
  力をつけてしまったことにね。
  会長といっても所詮はお飾りでしかないんだから
  真鍋さんは黙って会長の椅子に座っててくれればいいものを」

風子「何か仕掛けてくる、ってことはない?」

佐「まさか。何ができるの」

風子「あなどらないほうがいいわ。
   彼女は相当の切れ者よ。特に今はこんな状況だし……」

佐「切れ者ねえ。じゃあ分かったわ、
  真鍋さんに見張りでも付けておくことにする」

風子「見張り……真鍋さん本人が容認するかしら」

佐「建前は、激化が予想されるARCHの攻撃からの護衛のため……とでもしておきましょうか」

風子「なるほど」  

佐「杞憂だとは思うけど、念には念を入れておくのも
  悪くはないはずよね」




翌朝。

梓「ふぁぁー……あ痛っ」


律の病室、ベッドの横の床に寝転んで
一夜を過ごした梓とエリ。
梓が目覚めたときには隣で寝ていたはずのエリは
いなくなっていた。


律「おう、起きたか」

梓「今何時ですか……」

律「7時前」

梓「エリ先輩は?」

律「便所」

梓「……」

律「どーだ、寝てる間になんか良い作戦は思いついたか?」

梓「いえ、まったく……
  今日中には決着を付けないとヤバいんですけど……
  いつまでもここに隠れてるわけにもいかないし」


昨夜、梓は親に「今夜は帰らない」と電話をかけたとき
かなり心配されてしまったのだった。
何日も帰らずにいると間違いなく警察を呼ばれるだろう。

そうなれば自分の所在もバレて
澪ファンクラブの連中に捕らえられ、
出生証明書を奪われてしまう。


梓(そーだ、出生証明書だけどこかに隠せば……
  いや、どちらにせよ私は反体制者なんだから
  澪ファンクラブの狩りの対象になるんだ。
  私もエリ先輩も捕まっちゃったら、
  もう澪ファンクラブに対抗出来る人間は……)


なるべく早く澪ファンクラブを倒さなければならない。
しかし二人だけではどうにもできない。
いい作戦も浮かばない。
八方塞がりだった。


梓「……」

律「なあ」

梓「はい?」

律「……実はな、まだ誰にも言ってないことがあるんだ」

梓「な、なんですか……?」

律「お前が澪の出生証明書を持ってきた日のことだ。
  お前らが病室に来る前に、
  和が私の見舞いに来たんだよ」

梓「わ、和先輩が?」

律「ああ。
  それで、私に協力して欲しいって言ってきたんだ」

梓「協力?」

律「澪ファンクラブも一枚岩ではないらしい。
  反体制者を潰して回ってるのは一部の過激派で、
  権力に執着しているヤツらがそうやって
  澪ファンクラブの絶対的な支配体制を作ろうとしてるんだと」

梓「和先輩は違うんですか」

律「あいつはそんな状況に手を焼いてるらしい。
  澪もその過激派側についてるからどうしようもできないって。
  それで私に、ファンクラブに入って
  澪を和側につくように説得してくれって言われて」

梓「OKしたんですか?」

律「するわけないだろ。
  あいつは澪ファンクラブの会長、私らの敵だぜ」

梓「ですよね」

律「でも嘘を言っているような感じでもなかった」

梓「……」

律「なあ、どうせ手詰まりなんだ。
  ここは少しの可能性に賭けてみるのも……」

梓「ば、バカ言わないでください。
  もしそれが罠だったらどうするんですか?」

律「そりゃ確かに罠かもしれないけど、
  このままじゃ何も出来ないんだ。
  それならいっそ……」

梓「和先輩は澪ファンクラブの会長、
  私たちが倒すべき敵です。
  敵に協力するなんて、ワケわかんない真似できません」

律「梓……」

梓「なにかあるはずです。
  私たちだけでも澪ファンクラブを倒す方法。
  きっと何か……」

律「……」

梓「タイムリミットぎりぎりまで考えますから、
  律先輩もなにか考えてください」

律「ああ……」


ガラッ

エリ「ただいまー。あれっあずにゃんも起きたの?
   おっはよーう」

梓「おはようございます……」

梓「てゆーかどうしたんですか、そのパジャマ」

エリ「あー、律に借りたんだよ。
   サイズ全然合ってなくてきついけどー」

梓「確かにピッチピチですね」

律「おい、私を憐れみの目で見るな。
  梓もパジャマ貸してやるから顔洗ってこいよ。
  制服のままじゃ怪しまれるぞ」

梓「はあ、じゃあ貸してください」

律「50着くらいあるから好きなん選べ」

梓「じゃあこれにします」ぬぎぬぎ

律「おー、似合う似合う」

エリ「ぶっかぶかだね(笑)」

梓「うるさいです」



ところでさっぱり出番のない澪はというと、
偽物作戦が終わったあとも地下壕に監禁されていた。

澪「うんこしたい」



地下壕のVIPルームから廊下に出る澪。
ファンクラブの人は誰もおらず、地下壕はひっそりしている。
澪はトイレを求めて、入り組んだ地下壕の中を彷徨った。


澪「あれ、トイレどこだっけぇ?
  たしかこっちを右……いや左? ひぎみだり?」


いつもは地下壕を警備している
ファンクラブ会員にトイレに連れていってもらっていたので、
澪はトイレまでの道のりを覚える努力をしていなかったのだった。


澪「あれー、どこだここ」


資料室、休憩室、武器庫と書かれた扉の前を通り過ぎ、
澪は行き止まりにぶちあたった。
壁には何も書かれていない扉が一つ。


澪「ここだっけ?」ガチャ


澪は躊躇なく扉を開いた。
そこはトイレではなかった。
その部屋にあったのは、
ロープでぐるぐるに縛られた4人のクラスメイト。


唯「み、澪ちゃん!?」

佐藤「なんでこんなところに……」

澪「ゆ、唯? ムギに、佐藤さん、それに立花さんも……!
  いったい何やってるんだ?」



8