精子憂「おねえちゃんまってー!」ビュルルル



精子唯「ういー早く早く! 一緒に生まれようね!」

精子憂「うんっ!」

精子唯「ふおお……ここが子宮かぁ」

精子憂「広いね」

精子唯「えーと、卵子はどこかな?」

精子憂「こっちの卵管に行ってみようよ。……あっ! あれじゃないかな!」


平沢卵子「おーい」


精子唯「ほんとだっ! 一緒にいくようい!」

精子憂「う、うん!」

平沢6号「どけどけーい!」ドンッ

精子唯「あうっ」

精子憂「おねえちゃん!?」

平沢6号「生まれるのはボクだぜー!」

精子唯「なにおうー負けるかっ!」テュルルル

精子憂「まってー!」テュルルル

平沢6号「一番槍ぃ!」ゴリゴリ

精子唯「なんのォ! 私だって!」ゴリゴリ

平沢卵子「あっ、んんっ////」

精子唯「ほらういも頑張って!」

精子憂「で、でも間に合わないよぉ」

精子唯「諦めちゃダメだよっ!」

平沢6号「よ、よしもう少しだ!」

精子憂「っ!」

精子憂「……」

精子唯「憂! 動きを止めないで! 一緒に卵子に入るって約束したでしょ!?」

精子憂「うん、でもこのままじゃ……二人とも生まれる事が出来ない」

精子憂「だから私は……」

精子唯「うい……? 一体何を――!!?」

精子憂「えいっ!!」ぐぐぐっ









               _,,.. -──‐- .、.._.
           ,. ‐''"´           ``'‐.、
          ,.‐´                 `‐.、
          /                          \.
       ,i´                           `:、
      /                                ヽ.
    ,i                                i、
    .i                                     i.
   .i                                  l
   |                                   |.「ういっ!?」
    |       平沢卵子「みんながんばって~」      /○~○~
   |                                   |   「おねえちゃん……私の分も生まれて……!」
.   l                                  l.
.    i、                                 ,i
.    i、                                ,!
.     ヽ                               /○~
.      `:、                           ,‐'
          \                        /
          `‐、                   , ‐´
           ` '‐.、 _            _, ‐''"
                 `` ‐-----‐ '"´







精子唯「だめっ! ういも一緒に!」

精子憂「ごめんね……でもおねえちゃんにはいつまでも私のおねえちゃんでいてほしいから……」

精子唯「あっだめ、入っちゃう……! うい! ういっ!! あああっ!?」チュポン

精子唯「いやあっ! 膜が! うい! ういーーー!」

精子憂「おねえちゃん……おねえちゃーん! 私必ずおねえちゃんの妹になるから! だからっ!」

精子唯「絶対の絶対のぜーーったいだからね! 私待ってるから!!」

精子憂「うん……うん!」




平沢6号「ああ……だめだった……ていうかずるいぞ」

精子憂「えへへ、ごめんごめん」

平沢6号「次こそぜったいにボクが生まれるんだからな」

精子憂「私だって負けないよ!」




うるう年を挟んだ453日後


平沢母「ほら唯ちゃん、妹の憂よ~」

憂「あぁう、ぷ」

唯「……う」

唯「うぃー」

憂「キャッキャッ♪」

唯「うぃー♪」

平沢父「はは、もう仲良しになってる」

平沢母「それに名前も言えちゃうなんてすごいわ」



私達は 生まれた日からの なかよし



END