唯「う~ん……」

唯「このギターほしい……」

澪「いやそれ千万円だぞ諦めろ」

唯「でも……」

唯はどうしも欲しかった

唯(一気に稼げるバイトあったりしないかなあ……?)




次の日

澪「まだ言ってたのか」

律「援交とかに走るなよ?」

唯「わかってるよお」

唯「…ムギちゃんなにか知らない~?」

紬「無いことはないけど、あまりおすすめしないわよ?」

紬「これはね、五億年ボタンっていうのよ」

唯「押すとどうなるの?」

紬「100万円が出てくるわ」

律「んなアホな……」ポチッ

ガコン

律「は……?」

澪「え……?」

唯「ほんとだった……!」



律「どういう仕組みなんだ?これ」

紬「りっちゃん、あなたはさっきまで5億年過ごしたの」

律「」

澪「いや、もっと詳しく」

紬「このボタンを押すと、とある世界で5億年過ごすことになるの」

律「いや、過ごしてないぞ私は?」

紬「かえってくるときにその世界の記憶が消えかるのよ」

澪「どんな世界なんだ?」

紬「さあ……ただ、何もないずっと広がった空間で死ぬことも気を失うことも出来ないと言われているわ」

唯澪律「」



澪「そんな空間に律は……」

律「いや、案外なにもなかったぞ?ほら」ポチッ

澪「あっ!バカっ!」

ガコン

律「な?」

澪「……」

唯「10回押せばいっせんまんえんだねっ!?」

紬「押すの?唯ちゃん…?」

唯「想像してみたらちょっと怖いけど…これでギターが買えるんでしょ?」

唯「それにゴロゴロし放題だし」

紬「わ、わかったわ……どうぞ唯ちゃん」

澪「や……やめとけっ!!絶対後悔するぞっ!!」

唯「りっちゃんも帰ってきたし大丈夫だよお~」

律「大したことなかったぜ?ほんとに過ごしたかどうかも怪しいもんだ」

唯「ほらりっちゃんも言ってるしさあ」

澪「でもっ!……でもっ…」

唯「一回試しに押してみるよ~それっ!」ポチッ

澪「あっy…



バシュンッ!!




__________________


唯「…………」

唯「……ここは?」

唯「五億年世界……?」


~五億年スタート~



唯「ほんとにきちゃったんだ……」



…………

唯「なにもすることないなあ」

唯「寝よ……」

唯「……」

唯「寝付けない」


呟く唯にはある種の恐怖が芽生えていた


~数分後経過~

唯(ドッキリだよね……?)


~数十分後経過~

唯(夢だよ……)

唯(だいたいそんな話があるわけないじゃん……)

唯(ほっぺたつねっても痛くないし)

唯(あの機械のどこに100万円がはいってたんだっていう話だよね……)


~数時間経過~

唯「ういぃ……帰りたいよお……」グス

唯「ぜんっぜん覚めないっ!!この夢っ!!」

唯「いやあああああああああああああああ!!」

唯「……」

唯「お願い……覚めてよお……」ポロ




……

唯「何日立ったかな……」



唯「何週間たったかな……」




唯「何ヵ月経ったかな……」




唯「何年経ったかな……」


しかし実際には3日も経っていない

意識しているときは時間の流れが遅く感じるものだ


唯「りっちゃんはこれを2回も……」

唯「せめて何年経ったか知りたい……」

唯「澪ちゃん、りっちゃん、ムギちゃん……」

唯「どこまで続いてるのかなこの空間……」

唯「なんで押しちゃったんだろ……」


一週間近く経ちながらも、まだ唯は冷静さを取り戻せないでいた


唯「ムギちゃんがボタンを持ってこなければ……」


むしろ


唯「ダメっムギちゃんは悪くない、悪いのは私っ」


「ムギちゃんは悪くないムギちゃんは悪くないムギちゃんは悪くないムギちゃんは……ムギちゃんは……ムギは……ムギは……」

「琴吹紬は……琴吹紬は……」


2