部室

唯「…というわけで」

律「卒業旅行の行き先はドバイに決定!」

澪「うう、ロンドン…」

梓「澪センパイ、元気だしてください。ドバイもとてもいいところですよ」

紬「うん、せっかくの卒業旅行、
  みんなで楽しもう?」

澪「う、うん。そうだな」

澪「(ドバイのビーチにも憧れるし、楽しみ。だけど、この胸騒ぎは一体…)」




数週間後

ドバイ

律「ドバイにとうちゃーく!」

唯「おおー、海がきれい!」

梓「す、すごいです!」

澪「ああ!」

紬「うふふ」




ビーチ

唯「あーずにゃん!楽しんでる?(ガバッ)」

梓「ちょっ、人前でやめてください!それに、水着だと素肌同士が触れて…その…」

唯「あずにゃんどうしたの?」

梓「いや、にゃんでもないです!もう、離れてください!///」

紬「いいものを見せていただきましたー(REC)」

律「おーい、澪も泳ごうぜー!」

澪「お、おい律、引っ張るなって、あ…」

律「うわあ!」ドテーン

澪「あいたたた。もう、バカ律…ちょ、近…は、離れろ///」

律「み、澪がどけてくれないと、動けない…ってか息が…」

澪「ん?…ば、バカ、どこに顔ツッコんでんだ///」

律「ワザとじゃ、な、い…グフっ」

紬「(REC)」

イチャイチャ
きゃっきゃうふふ



男「…」




その夜!

律「初日から遊んだなあー」

唯「疲れたよー」

澪「食事も済んだし、明日のプランでも考えようか」

梓「はい!」



ドンドンドン!

紬「あら?誰かしら…」

ガチャ、ドカドカドカ!

男「xxxxxx!」

警察官「xxxx,~~~~~~!?」

澪「ヒッ、見えない聞こえない見えない聞こえない…」

唯「あ、なにするの、やめて!」

梓「センパイ!ちょっとなにするんですか!離して…」

警察官2「シャラップ!(ガシッ)」

梓「あ!!やめて、離して!」

律「おい、やめろ!離せ!」

紬「これはいったい…離して!どうして!?」

澪「ガタガタガタガタ」



澪「私たちは、ホテルの一室から、地元警察署に全員連行された」

唯「ううー、寒いよお。ここどこなの?」

律「わかんねえけど、どうやら私たちは警察に捕まったみたいだな」

紬「どうして…なにも悪いことはしてないのに…」


ガチャン!

澪「…」

梓「あ、澪センパイ!弁護士と面会できましたか?」

澪「ああ。私たちは、同性愛の罪で逮捕されたらしい」

律「ど////」

梓「同性愛////」

唯「どうせいあい?何それ?」

紬「あらあらまあまあ」

律「どういうことなんだよ!」

澪「ああ、浜辺で、唯が梓に抱きついたり、私と律が、その、事故とは言え、抱きあったりしただろ?」

律「あ、ああ//」

澪「この国では、そういうのは犯罪になるんだそうだ」

紬「なんてこと…!」

唯「よくわからないけど、私たちはいつでられるの?」

梓「そこが重要です!」

澪「落ち着いて聞いて欲しい…。この国では、最近イスラム原理主義者が政権を取り、今は同性愛行為は重罪らしいんだ」

律「お、おう…」

澪「弁護士によると、私たちは、
  恐らく、石打ち刑になる」

唯「石打ち?」

律「なんだそれ」

紬「うっ、嘘…嘘よ…そんな…ガタガタガタガタ」

梓「ムギセンパイ?」

澪「石打ち刑というのは、死ぬまで石をぶつけられる、死刑のことだ」

唯「しけいって、えええええええ!」




深夜!

唯「ううー、憂ー、お父さん、お母さん…」

梓「どうして、こんなことに…グスン」

紬「なんとかお父様に連絡を取って外交ルートで…ぶつぶつ」

律「…畜生、どうすりゃいいんだ」


澪「律、律…」

律「おう、澪…どうした?」

澪「律、よく聞くんだ。もしかしたら、私たちが助かる道があるかもしれないんだ」

律「えっ、本当か?どうすりゃいいんだ?」

澪「…律、私たちは偶然の事故でああいう体制になっただけだ。故意に抱きついたり、撮影したわけじゃない」

律「…」

澪「弁護士が言ってた。同性愛行為が故意じゃないこと、そして、他の三人とは偶然旅程が重なった赤の他人だと言え、そうすれば私たち二人は釈放される…って…」

律「それって…唯やムギ、
  梓を見捨てるってことかよ…」

澪「…明日朝、裁判前の審問がある。そこでの受け答え次第だ」

律「…」


2