梓「まぁ誰とは言いませんけど」

憂「思ってても言っちゃダメだよ、そういうの」

梓「本音が出ちゃった」

純「ああああのですね、ほら、梓ってツンデレ風なところがあるじゃないですか」

憂「きっと嬉しいけど素直になれないだけなんですよ」

梓「ほらトンちゃん、ご飯だよ~」

純「聞けよ」

憂「必死のフォローも台無しだよ」

律「……」



律「はははおかしいなぁコイツ、卒業式の時はあんなに泣き出して」

梓「唯先輩どうしてるのかなぁ……」

律「……」

梓「唯先輩だったら空気を和ませてくれるし、ギターも持ってくるだろうから一緒に演奏できるし」

梓「澪先輩だったらしっかりしたとこ見せなきゃって感じになるだろうし」

梓「ムギ先輩だったらきっと差し入れなんか持ってきてくれたりして」

律「……」

梓「それに引きかえコイツは手ぶらで何様だ?」

律「お前が何様なんだよ!」

律「佐々木さんがベース? 憂ちゃんもギター買ったんだって?」

憂「まだまだ上手く合わせられないですけど」

純「鈴木です」

律「バンド演奏というものはだな、個々のスキルは元より、メンバーと呼吸を合わせる事こそが

梓「それで練習中だったんですけど邪魔が入って おっとこれ以上はマズい」

律「……」



律「じゃあさ、ちょっと練習中の曲聴かせてくれよ!」

梓「えっ、さっきまで猛練習しててちょっと一息ついてたところに急に現れた奴の為にですか?」

律「まぁそうだよな、休憩も必要だ」

梓「前の部長の頃は休憩がメインでうんざりでした」

律「……」

純「あのあの、梓は部長として頑張ってて、それでピリピリしてて」

憂「生理なんですよ」

梓「おいっ」

憂「貧乳のくせに一丁前に  おっとこっちも貧乳だった」

律「……」

梓「……」



ジャガジャーン


律「あれだな、まずボーカルを何とかするべきだな」

梓(早く帰ればいいのに……)

律「あとHTTの曲もいいけど、自分たちのオリジナル曲を作んなきゃ」

純「HTTの曲って先輩たち皆で作ってたんですか?」

律「作詞はほとんど澪だったな」

憂「お姉ちゃんが作詞した曲も学園祭でやったんだよ」

梓「作曲はムギ先輩がやってくれてて」

純「律先輩は?」

律「……どっ……っ……なっ……!」

梓「……」

憂「……」

純「……あの……なんか…すいません……」

律「うん……」




律「じゃあ一緒に演奏すっか! ドラマーまだ見つかってないんだろ?」

梓「そのやる気ををもっと現役の頃にですね」

純「いいじゃん、私も律先輩と演奏してみたい!」

律「佐藤さんは本当にいい子だなぁ、この野郎」 ギュゥゥゥ

純「鈴木です、澪先輩みたいに上手くないですけど……」

律「いいんだよそんな事! そりゃ私たちの頃に比べたらまだアレだけどさ」

憂(あっ、ウザい)

梓「まぁせっかくなので一緒に演奏したいところなんですけど」

律「なんだよ、あの頃みたいに一つになろうぜ」 ウズウズ

梓「きもっ いや、前にいたドラマーがろくすっぽ練習しないくせに自前のドラムを撤収してしまってですね」

律「部室にドラムが……無いと……」

純「……」

律「……」

梓「早くドラムセット買わなきゃね」

律「なんか申し訳ございませんでした」



2