互いに相手を傷つけあう、
スラエータオナを持つ紬とアジダハーカ。
唯はそれを力なく見つめる。


タローマティ『安心するがいい…ダエーワの主が勝ち…
       お前を…我らと同じ…ダエーワの一柱と…してくださる…』


唯は何も答えない。

そのとき、不思議な音色が響いてくる。



mazdayast~Angrayast~♪



唯『ギターみたいな音と…この歌声…』

唯『澪ちゃん!!』


唯が叫ぶ。

アーリマンと紬が争うその真下で、澪が歌を歌っている。
手には、琵琶のようなシタールのような形をした楽器。
色や模様ははネルガルの鎧によく似ている。


澪『puthra…zur~van…vispa~♪』


手馴れた手つきで、弦楽器のようなものを弾き鳴らす澪。

すると、争っていたヤザダやダエーワが動きを止め始める。
瞳を閉じて、ぴくりとも動かなくなっていく。

アムシャスプンタやドゥルジたちも同様である。
動きがどんどん鈍くなってゆく。


スプンタ・マンユ『この…うたは……』

アーリマン『父母の…胎に…おったころの…』

スプンタマンユ『胎の…波音の…ごとく…』


唯『どういうことなの!?』


唯は、タローマティに尋ねたが、タローマティも、
そしてアールマティも、空中に静止したまま、ぴくりとも動かない。


澪『dushma~taca…duzhuxtaca duzhvarsh~taca~♪』


スプンタマンユ『永劫の…父の…うた…』

アーリマン『くぅ…眠りにつけと…ユイ…おまえの…』


紬も瞳を閉じ、空中で静止したまま。
アーリマンは続ける。


アーリマン『フラワシが…何度か巡ったとき…また…』


そして、アーリマンもスプンタ・マンユも活動を停止した。
同時に、急速に地上へと落下する紬。


澪『あっムギっ!!ネルガル頼むっ』


そう澪が叫ぶと、澪の持っていた楽器の模様が剥げるように別たれ、
戦士の姿をとると、間一髪で紬を受け止める。


澪『よかった…』


澪の持っていた楽器は、いつの間にかベースの形になっている。



澪は紬を抱えているネルガルのもとに駆け寄る。
紬は、アナーヒターと合一する前の、人間の姿に戻っている。
目は閉じたままだ。


澪「ムギ…」

ネルガル『案ずるな…疲れきって、意識を放しているだけだ。』


ネルガルはそう答える。


唯「澪ちゃん!どういうことなの!?」


唯も駆け寄ってくる。


澪「『ズルワーンの子守唄』を歌っただけだ。」

唯「ズルワーンの子守唄…」

澪「ダエーワの主と…アフラの王のための子守唄…」

澪「ミスラに教えていただいたんだ。
  ズルワーンの胎内にいるころ、二柱が聞いていた歌があるって。
  胎のさざなみを曲にしてさ。」

唯「そうなんだ…」


そういうと唯は、周囲を、
視界に入るだけの、タマーヴァンドの裾野に広がる草原を見渡す。

ヤザダもダエーワも、アーリマンもスプンタマンユも静止している。
おそらく、どこかで、アフラマズダーもであろう。


唯「ダエーワの…主…」


唯は哀しそうな顔をして、眠りについたアーリマンを見つめる。


澪は、唯がどのような思いを抱えているのかわからない。

澪は、ネルガルに言う。


澪「ネルガル、私たちを元の場所にお願いします。」

ネルガル『心得た。』

澪「あと、私たち三人と、律たちや、少しでも関係した人たちの記憶から
  今回のことに関することを、全て消してください。
  できれば仏像と石像も元の場所に…」

唯「えっ…」

ネルガル「よいのか?」

澪「唯。」



唯は再びアーリマンを見つめる。


唯「…」


唯は答えない。


澪「ゆい、今回のことは忘れたほうが良いんだ。」

唯「…」

澪「死んだときに、唯が望むなら、唯が望んだようにすればいい。
  でも、今は、私たちは人間だから。」


澪はミスラの言葉を思い出す。
本当のところは、人間が死んだら、どうなるのかはわからない。
魂となるのか、ミスラの言うとおり無限回、生を繰り返すのか。


唯「わかった…よ…」


唯は俯いたまま、そう答える。


澪は、紬を肩に担ぐと、ネルガルに向き合う。


澪「ネルガル、ミスラに、ありがとうございましたと、
  伝えて下い。」

ネルガル『承知した。しかし、ミスラは仰られるだろう。
     今回の結果をもたらしたのは、お前が決めたからだと。』

澪「…////」


すこし照れる澪。


澪「じゃあ、お願いします、唯。」

唯「うん…」


唯は、アーリマンから目をそらすと、ぐっと瞳を閉じる。
目尻がかすかに微かに珠がつく。


ネルガル『では、参るとしよう。』





もし、私が死んだとき…そのとき…私がのぞむなら…




21