トクトクトク…

さわ子のグラスに蕎麦焼酎が注がれる。


管理人「さ、どうぞ!」


さわ子はもう一度、芳香を楽しんだあと、
グラスを口につけ、焼酎を口に含む。


さわ子「!!!!」


あの甘い香りと蕎麦の薫香が直接に口の中に広がり、
さらに淡いチョコレートの香味が加わる。
アルコールが適度に舌を刺激し、非常に心地良い。
のどごしは少しずつ端麗感が広がっていく。

さわ子も若いなりに様々な酒を飲んできたが、これほどのものは始めてだ。

さわ子は非常にだらしない表情をしている。
軽音部の面々にコスプレをさせている時のような…


唯(おいしそぉ…)

梓(飲んでみたい…ハッ…未成年の飲酒は…ブツブツ)

管理人「ゴクッ…」


その場の全員は、さわ子の表情で、どのような味なのかを理解した。


管理人「…」


管理人はかなりいける口だ。

このままここに居ては絶対に、口にしてしまうだろう。


管理人「すいません斎藤さん!あとよろしくお願いします!」


そう言うと、懐中電灯と○○地区自警団と刺繍された薄手のベストを手に取り、
玄関のほうへ出て行ってしまった。


さわ子「ほわわぁぁぁ…///」

さわ子「極楽に片足つっこんでるようだわ…」

律「う、うまそう…」

聡「ねえちゃん…オレも飲みたい…」

澪「こらっ…聡まで…」


サウルウァの醸す薫香は、より強く居間に立ち込める。


紬「うぐっ…」


紬は吐き気が強くなり堪え難くなっていく。


斎藤「お嬢様!」


斎藤もこの薫りに強く魅き寄せられるが、紬への忠誠心が勝る。


斎藤「山中先生、私はお嬢様を寝室にお連れしますので…」

さわ子「あっ!了解でーす!」


さわ子は斎藤にそう答える。



紬と斎藤が消えたあとも、それを意に介さぬように、さわ子は酒を飲み続ける。


さわ子「これがあるなら当分彼氏いらないわ…」

唯「じゅるり…」

律「う~…」

和「一杯くらいなら…」

澪「そう…だな…」

梓「和せんぱいまで…ゴクッ…」

唯「さわちゃん!ちょっと頂戴!」


唯は傍らの湯飲み茶碗のお茶を一気に煽ると、
空になったそれをさわ子に突き出す。


さわ子「ゆいちゃーん、未成年は…」

さわ子「まっいいか、今日ぐらい。」


そういうとさわ子は両手で一升瓶を持って、唯の湯飲み茶碗に蕎麦焼酎をついでやる。

唯の湯飲み茶碗のなかで焼酎が、なみなみと揺れている。

唯はそれを口に持っていき流し込む。


※未成年の飲酒は法令等で禁止されています。
未成年の飲酒は心身に重篤な悪影響をもたらす恐れがあるので
絶対に止めましょう。



唯の口の中に得も言われぬ香味が広がる。


唯「おっおいすぃぃぃ!!!」

梓「もう我慢できない!先生わたしもっ!」

律「ちょうだいっ!」

憂「一杯ください…///」


さわ子はその場の全員についでやる。


律「かぁーっ…ウマい!」

澪「すごくおいしい…」

梓「お父さんこういうの毎日飲んでるんだ…ずるい…」

聡「うまっ!」

和「先生ももう一献どうぞ♪」

さわ子「サンキュー!」


居間の面々はどんどん酒を飲んでいく。
けれどその割には、一升瓶の減りが遅い。


律「あっカラオケあるぜ!やろうやろう!」

さわ子「いいわねぇ♪歌本見せてー!」

憂「ひっく。」

梓「きもちい~!」

唯「おいしい…」


唯は思う。

アヴェスターにある、神に捧げる霊酒『ハオマ』とは
まさにこのようなものだったのではないかと。

神々を羨ましく思う。


そこで唯の意識は途絶えた。


12