琴吹家別荘 玄関


憂「あっ!おねえちゃん!」


憂は、近付いてくる唯を見つける。


唯「ごめんごめーん!」


ちょうど管理人が紬を先導するような形で、
母屋に一行を招き入れるところであった。

母屋は和風の造りをした二階建てで、尾根にそって北南に長い建物であった。

和風といっても農村によくあった形態のもの、
ぱっと見れば土地持ちや豪農の屋敷に見える。


憂「おねえちゃんっ!どこ行ってたの!?」


憂は少し必死である。ここは見知らぬ土地で、まわりは畑と山林だけ。


憂「おねえちゃんはすっごく可愛いんだから、誘拐されちゃったらどうするの!?」

梓「憂、いくらなんでも…それは重症…」


こんな所でそんなことする人間はいないから、と梓は思った。


唯「ごめんよぉ~」

律「平沢姉妹って…」



管理人「おお!もう戻ってきたか!」

唯「はい!」

管理人「弥勒菩薩の仏像はどうだった?」

唯「あ、見てないです、とりあえず今日はいいかなぁーって。」

澪(弥勒菩薩…ミスラが仏教に取り入れられた姿…)


澪は、唯が来た方向を見つめた。木々の影になっているが、お堂が見える。


管理人「まあ、後で拝めばよし。」

管理人「ともかく、さ、お嬢様、皆さん、すぐに蕎麦を用意しますので…」

紬「ありがとうございます。」


一行は母屋の中へと入っていった。




昼食に管理人手打ちの蕎麦を食べ終わった後、唯たちは明日香村北部へと向かった。

何のへったくれもない、いわゆる観光、である。
行き先は澪がピックアップした。


とある駐車場で停車する。
リムジンから降りる唯たち。
地元の人々や他の観光客の視線が少し痛い。

すぐそばには、ちょっとした広場のようなものがあり、芝生に覆われている。
小岡のようなものもある。

小岡にも同じく、芝生が群がっている。
その上部には、巨大な岩を組み合わせた石造の建造物がそびえていた。

小岡の『ふもと』には石造りの入り口があり、内部へと続いている。


澪「石舞台古墳だぞ!」


小岡はよく見ると方形になっている。

石造建造物に見えるものは、
墳墓内部の、被葬者を埋葬した石室、
いわゆる玄室の上部が露出したものである。


律「蘇我馬子のお墓…に推定…へぇ」

さわ子「あ、私に質問しないでね、音楽教師なのよ?」

聡「聖徳太子と同じ時代の人でなんしょ?」

澪「ああ、大臣(おおおみ)っていう役職についてたんだ。
  今の総理大臣のような感じだな。」

唯(馬子っていうぐらいだから馬面だったのかなあ?)

和(唯、馬面の人を想像してるわね、きっと。)

律「で、なんで古墳の上にストーンヘンジみたいのが乗っかってるんだ?」

澪「石造建造物に見えるものは、古墳の石室の上の部分なんだって。
  だから、もともとは、土の中に隠れてたはずだな。」

律「じゃあなんで顔出してんの?」

さわ子「千何百年も前のお墓でしょ?雨風で古墳も禿げるわよ。」

紬「多分…葬られた人を辱めるためなんじゃないかしら。」


紬はぽつりと言い、小岡に向かって歩き出す。


梓「どういうことですか?」

澪「大化の改新で蘇我氏は滅ぼされたろ?
  そのとき殺された蘇我入鹿は蘇我馬子の孫だ。」

さわ子「驕れる者なんとやらってわけね…」


石室の中は約10畳分くらいの広さだ。天井の狭い隙間から陽がうっすらと射してくる。

入り口からの入光もあるが、それでも暗い。

内部には何もない。石壁と地面だけ。


澪「静かだ。」


澪は天井を見上げたまま、ゆっくりと身体を左に回転させる。

非日常的な場面で、そのような振る舞いをするのが、澪の癖である。


澪「っ…」


一瞬目が回って、床に尻餅をつく。


聡「澪姉、大丈夫!?」


聡は澪に駆け寄ると澪の腕を掴んで引き上げる。


聡(お、重っ…)


まだ、聡より澪のほうがずっと長身だ。


澪「ごめんな、さとし。」

聡「うん。」


少し赤くなる少年。


律「暗いトコでくるくるまわったら、そりゃ目もまわるって…」


呆れる律。



唯も続いて石室内に入る。


唯の背中のギー太の内から、タローマティの『眼』は見つめる。


辱める者と辱められる者。

この石室の被葬者も、かつては辱める者であったはず。


タローマティの瞳孔は縮小拡大を繰り返す。


石舞台古墳を離れると、一行は徒歩で史跡をまわりはじめる。

そして、その際、所々に散在する奇妙な石像たち。猿型、人型、鳥型、爬虫類型…

また、石像ではなく、表面に幾何学的な図形が彫り込まれた奇岩。


それらの由来について想像力を働かせる彼ら。

王候貴族のインテリアだと熱弁する澪

梓と憂がそれに同調する。

UMAを模したものだと言う聡。

単なるベンチや椅子だろうと言う律。

仏教や道教との関連性について語る斎藤。

缶チューハイを飲みながら猿石とのツーショットを撮ってもらう、さわ子。

紬は話題に加わらない。

和はそれよりも、唯のことが気になっていた。

唯が興味を示し、触れる石像は、常に、醜悪な姿のものや際立って異形なものなのだ。


唯は、石像のうちのいくつかが、ダエーワやヤザダ、
そして、それらの眷属を象ったものだということを知っていたが、
口には出さなかった。


ギー太の内から、タローマティは『眼』を細めていた。

ヤザダたちの象りを見る度、
幾度となく争った敵対者、
アムシャスプンタ六柱の一柱、
豊穣と信仰の守護女神、
『アールマティ』のことを思う。


タローマティは、『眼』を一層細めた。



軽音部一行は五時には観光を切り上げて戻り、離れの広間で練習を行った。

二時間ほど練習したあと、母屋に戻り、管理人手製の夕飯を頂くことになる。


その一方、次第に深くなる夕闇にまぎれて…


11