翌日 軽音部部室


唯「zzz…」

律「あちぃ…」パタパタ…

梓「イライラ…」

澪「はぁ…」

紬「ボケーッ」

梓「唯先輩!律先輩!それに…ムギ先輩までっ!!」

唯「ふぁっ…」

律「へ?」

紬「ボケー」

澪「ハァ…」

梓「あーいったい何度目に…もうすぐ合宿も…」

唯「あっ練習か!」

唯「やろうやろう!」

梓「えっと…」

唯「練習するんでしょ?やろうよぉ♪」

澪(天然の王道だな…)



ぎゅぎゃいいーーーん♪


唯「うん!ギー太も絶好調だね!」

律「かぁ~…。気合い入れますか~!」

梓(さっきのでモチベーション下がっちゃった…)

澪「よし!じゃあ…」

澪「…」

紬「ボケー」

澪「むぎぃ…」

紬「ハッ…」

紬「ご、ごめんなさい…」

澪「お前まで…ほんとに…」



唯「じゃあ…いっくよー!」

律「おう!」

澪「ふぅ…」

梓「よし…」

紬「…」

唯「すぅ…はぁ…」

唯(…)

唯(ダエーワの主に。)

唯「ギー太に首ったけ!」




軽音部部室前の廊下

さわ子「あの子たち、練習してるみたいですわ。」

校長「…」


桜高の校長は無口な男だ。細長い面立ちに眼鏡、頭髪は白髪。
けれど、その口端はわずかに緩んでいる。

小市民や善人といった言葉がよく似合う男だ。


さわ子「校長先生が見学なされるのなら、あの子たちも、今以上に熱が入りますよ。」

校長「…」


校長の口端はさらに緩む。


さわ子「ん、あら?」


さわ子は聞こえてくるメインギターと歌声に違和感を覚える。

おかしなビブラートがかかっている。
耳が良い、音楽をよく知った人間が集中しなければ、気付かないだろう。

微かに調和を乱すようなビブラート。


さわ子(f分の…あの揺らぎでは…ないわね…)


調和が崩れるわけではない。


さわ子(良い気分、少しずつ気分が高揚するわ…)


このわずかな乱れは、聞くものを惹き付ける。

アルコールや好きな菓子を『もうちょっとだけ…』、と欲求に負けて摘まんでしまう。
そんな感じだ、後をひくような。


校長「…」


よく見ると、校長の後ろ手の指が、楽曲にあわせて小刻みにうごいている。


さわ子(校長先生も楽しんでらっしゃる…)

さわ子(唯ちゃんて、やっぱり天才肌なのかしら?)


さわ子はそれ以上考えなかった。




ぎゅぎゅーー…ジャン!


唯「よぉっし♪」

梓(すごく…良かった…!)

澪「なんか…軽音部史上で一番良い出来だよ!」

律「…」


律は何もしゃべらず、潤んだ瞳で仲間たちを見やっている。
気分が高まっているのが傍目にもわかる。


紬(…)


紬は静かだった。

紬も、あの高揚感に触れたが、流されることはなかった。
高揚感とともに、体中を小さな虫が這うような、嫌な疼きを覚えたのだ。

その疼きに意識を集中すると、高揚感は全く無くなった。
同時に疼きも無くなった。


紬(どういう…こと?)



さわ子「お邪魔するわよっ!」

唯「あー!さわちゃん!」

校長「…」

唯「…と校長先生!?」


一瞬部室の空気が緊張する。温厚なオジさんだとて、校長は校長だ。

校長は無言で唯に近付くと、両手を優しく唯の両肩に乗せ、
ゆっくりと何度も頷きかける。目の端には、じんわりと涙が滲んでいる。


さわ子「すっごくうまかったわよ!!」


さわ子も幾分、興奮気味だ。


梓「やればできるんですよ!先輩たちは!!」


梓は唯たちに向かって、かなり失礼な言葉を口走る。


梓(軽音部に入って良かった♪)

律「う~…よいしょっと!」


律は気持ち良さそうに、伸び、をしている。


紬「…」

澪「ムギ?」


澪が紬の様子に気付く。


澪「どうしたんだ?考え事か?」

紬「えっと…」


紬はどう答えてよいか躊躇し、適当な話題で誤魔化した。


紬「一週間後、合宿でしょ、その事をね…」

律「合宿か~!聡も喜んでたぞ!みんなと一緒に行けるから!」

唯「憂も和ちゃんも楽しみにしてるよ!」


唯も話題に加わる。

紬は、憂、和、聡を誘ったことを思いだした。


紬「あんまり期待しないでね…」


紬は、校長が誘って欲しげに視線を向けてくるのが分かったが、
敢えて気にしないことにした。



澪「で、今回はどこの別荘になるんだ?」


紬は、まだ行き先を決めていなかった。

合宿やお泊まりの場所で、琴吹家の別荘を借りる際には、
行き先の最終的な選定を紬に委ねることが恒例となっている。

先日、久しぶりに先祖の墳墓に参ったことを思いだす。
あの辺りの、のどかで、そして好奇心をくすぐる風景と文物。


紬「奈良の…明日香村よ。」


紬は、そう答えた。


さわ子「へぇ…それはまた…情緒あふれるような…おいしい地酒が…ジュルリ」

律(校長センセの前で、よくそんなこと口走れるよな…)

梓「先輩!先生!合宿はですね…」




一方で、唯達の様子を伺っている『眼』があった。



ギー太が光を反射すると、その『眼』はギー太のボディに、ほんの一瞬映り込む。


あまりにも短い時間なため、人間の視力で捉えることは出来ないだろう。


文字通り、眼だけであった。
ギー太を仮宿としているようだ。



対ではなく、一つだけ。

けれど唯が、この『眼』を見ることができたとしたら、思いだすかもしれない。

なぜならこの『眼』は、あの夢の中、朽ちつつある竜、アーリマンの背後で
一部始終を見ていた『眼』なのだから。


6