『ユイ、お前は麗しい。』

『ゆえにだ、わたしは悲しみ、また喜ぶ。』


そういうと、アーリマンは突然涙を流し始める。腐敗液と涙の混じったものが滴りおちる。


『麗しきものが老い、また朽ちるのは、わたしの喜びであり、悲しみなのだ。』


アーリマンは言う。


『これからはお前は…』

『些細なことで、お前と同じイマの末どもと争い…』

『男と契りその子を孕み…』

『より多く、またイマの末どもと争う…』

『最後の一息をはきだすその日までだ。』


そのとき、アーリマンの右側を這う、爬虫類と人型が混ざった物体が口を挟む。


『失うべくされた幸福を追ってなんになろうか?』


すると、爬虫類と人型の物体から別の声が発せられる。


『熱いぞ…苦しみとは灼熱の炎で炙られるよう。』


爬虫類の部分から突然、亀のような頭が現れ、そう口を挟む。

爬虫類と人型が混じったような物体は、
実際は二柱のダエーワが共生している姿だったのだ。


唯は人型のほうを指して、


『ザリチュ、渇きを司る君。』

ザリチュ『いかにも。』


続いて爬虫類のほうを指して、


『タルウィ、熱を司る君。』

タルウィ『いかにも。』


『もう一度言おう。』


アーリマンが再び話し始める。


『ユイ、わたしは、お前が気に入った。』

『今の世はグメーズィシュン(混合)の世。』

唯『めーのーぐ(精神、天上)、と…げーてーぐ(物質、地上)…の?』

『いかにも。』

『かつて、わたしのみで…世界を統べていた日々が懐かしい。』

『だが今は、我が〈はらから〉と勢を分けている。』

唯『アフラの王と?』

『いかにも。』

『しかし、混合の世のほうがより麗しい。』

『お前は、マズダーか私かを選ぶ自由がある。』

『両方ともを選ぶ自由もある。我が〈はらから〉は承知しないだろうが。』

『また、私とマズダーとも拒絶する路もある。』


そう言うと、アーリマンは口をつぐんだ。

唯は何も答えない。

アーリマンは数回瞬きをした後、その細く、極めて長い尾を弛ませた。

そして竜は、尾を唯のからだへ、ゆっくりと伸ばす。

唯の体のまわりを螺旋状に、竜の尾が絡み付く。

唯は無表情のまま動かない。
絡み付いた尾が、また弛んだ後、一気に緊張し、唯の体に直接触れる。

唯の体に尾が触れた瞬間、唯の身に着けているものは、全て消滅してしまう。

全裸になっても、唯は表情を変えない。

形の良い小振りな胸を、

胸にある二つの印を、

小さく可愛らしいへそを、

女性器の入り口の上にある小丘を、

適度に張り出した尻を、

竜の尾が這う。


『麗しい。』


アーリマンは目を細める。

赤黒く腐り、所所骨の見える尾と、血色の良く張りのある唯の体は、
まことに対照的。

その時である。突然、唯の体に、暗く影のような人型がまとわりつく。

舌や男性器のようなものが、人型から無数に伸び始める。
その中の一つは、唯の女性器の入り口に、その先をあてがい、そして、一瞬弛む。

唯は表情を変えない。


『ひかえよ。』


アーリマンが感情を込めぬ声で言う。

アーリマンの声に反応して、人型はすぐさま唯の体から離れ、
空中で球形のかたちをとる。

唯はその球を指して言う。


『サウルウァ、酩酊を司る君。』

サウルウァ『いかにも。くちおしや…』


アーリマンはまた数回瞬きをすると、ゆっくりとその尾を唯の体から取り払い、
みずからの背後に控えさせた。

それとともに、唯は再び下着とパジャマに包まれる。


『ユイよ、わたしはお前が気に入った。』


アーリマンは、もう何度目かの、その言葉を繰り返す。


『決するのはいつでもよい。
 サオシュヤントが我が体を、まさに傷つけんとする、その時でも構わぬ。』



パチッ…



『ユイよ、わたしはお前が気に入っている。』

『弦を奏で、歌を謳ってくれ。』

『わたしのために。』



パチパチッ…



ベッドの上で瞬きをする唯。

唯「ゆめ、だった…の?」

唯「デーウァ…ううん、ダエーワの主が…」

ベッドから上半身を起す唯。

枕元を見る唯。

アヴェスターが無造作に開かれている。

塩辛をこぼしてしまったあのページだ。

翅を有する人物が竜を、アフラマズダーがアーリマンを踏み付けている絵である。

夢に出てきたアーリマンは、絵のそれと非常に似ているが、
全く同一というわけでもない。


唯「なんなんだろ…」

唯「ダエーワの主、ホントに哀しそうな表情してた…」


穴の空いた目を持つ、アーリマンの顔を思いだす。


唯「…」

唯「とりあえずもう一眠り♪」


唯はまた、眠りにつく。

唯は先ほどの絵が微かに変わっていたことには気付かなかった。
アーリマンの目から涙が流れていることに。



5