それはいつもの帰り路


唯「ふわぁ~あちぃ…あずにゃん、アイス屋さんよっていこうよぉ!」

梓「先輩…昨日も一昨日も同じこと…」

唯「暑は夏いからアイスを愛す、そんな私は貴方に熱中症患者♪」

梓「何言ってるん…」

梓「あ…」

唯「どしたの、あずにゃん


唯と梓が、ふと、立ち止まったのは、
ちょっとした街角にはよく見掛けるような古本屋。


唯「ど~~したのぉ?あずにゃん??」

梓「先輩、少し寄っていきませんか?」


古本屋に入ると案の定無愛想なご主人。夕刊に夢中の様子。


唯「うわっ…むっずかしいほんばっか…」

梓「先輩…」

梓「お邪魔しまーす。」

店主「…」

店主「ん?」

店主「あずさちゃんか!」


途端に店主の顔が綻ぶ。


梓「小父さん、久しぶりです♪」

店主「○○は元気にしてるかい?」


唯(○○…確かあずにゃんのお父さん…)

唯は数週間前に会った梓の父親を思いだす。


唯(ねえねえ、)

梓(はい?)

唯(このおじさん、あずにゃんの伯父さんなの?)

梓(いえ、親戚の伯父さんじゃなくて…お父さんのお友達なんです。)

店主「あずさちゃん!友達じゃなくて、腐れ音楽仲間だから!」


そう言う店主は梓の父親よりほんの数年年かさに見える。
けれど、きっと親しい関係に違いない。
梓を見る目が、ほんとに優しいから。


唯(本がたくさん…)

梓「通りかかったんで、ちょっと寄って見ました♪」

店主「そっかそっか!」

店主「相方はお友達かい?」

梓「友達というか…部活の先輩です。」

店主「へぇ、そっかそっか…」

唯(私には一生縁のなさそ…な…)

唯「あ…」


人と『本』との出会いは偶然と好奇だ。好き嫌いと直感がよく横顔を差し挟む。

けれど…


唯「あ…」

唯「あべすた。」

梓「はい?」

店主「『アヴェスター』か。完全版の奴だね。
   日本語じゃあ、古層アヴェスターから新層まで…」

店主「残ってるやつが全部翻訳されてるのはそれだけだ。」※



※脚色です。実際には存在しません。



梓「なんなんですか?それ?」

店主「旧約聖書あるだろ?簡単に言うとアレに近い本だ。」

店主「神の言葉と予言者の言葉がごっちゃになってる…」

梓「キリスト教の本ですか?」

店主「うんにゃ。アーリヤ人の古い宗教だ。」

梓「?」

唯「あべすた…」

唯「…あべすた。」


唯は数分冊に分かれている、アヴェスターの一つを手に取る。

そのとき。

周辺の音が甲高く反響して、暗くなり明るくなる。



『双子。』

唯「え?」



『時間は双子を孕んだ。』

唯「…」

『時間は双子を産んだ。』

唯「…」

『私はそれを見る。』

唯「…」

『私は双子のためにある。』

唯「…」

『私はやがて来る。』




唯「…」

梓「せんぱい?」

唯「あうっ。」

梓「?」

店主「?」

唯「あれ?」

梓「せんぱい…大丈夫ですか?」

店主「いやいや、あずさちゃん。馬鹿にしちゃいけない。」

店主「『本』との出会いなんてそんなもんだ。自分の世界を好奇心が突き破ってさ、

   その人を一瞬にして、どっかに連れてくんだよ。」

唯「一瞬?」

店主「先輩さん?」

唯「ボケッ…」

梓「せんぱい!」

唯「うん?」

店主「ほしいのかい、それさ。」

店主「あべすたー。」

唯「…」

唯「ほしい…かも。」

店主「…」


店主「じゃ、一冊百円でいいさ、もってけな~!」

梓「え!?いいんですか!?」

店主「ああ。ついでにバンヴェニストの解説本もつけるぞ。」

梓「そんな…悪いですよ!」

店主「いいんだって!さっき言っただろ、本と人は…」

唯「…」


唯は譲ってもらった本を紙袋に入れてもらい、引きずるようにして家に持ち帰った。



唯はそれから貪るように読み始めた。

読み始めた?

後になって覚えれば、両親まで伝った『神の種』が発芽して、栄養を求めたような。

けれど、ギー太を愛でることも欠かさない。

アフラの王もデーウァの君も、音楽をもまた愛するから。




軽音部部室


唯「ふぁぁ…」

律「眠。」

澪「お前ら…」

和「唯たちの担任、私に直接文句言ってきたわよ…」

和「二人とも弛みすぎだって。」

律「どぅわってもうすぐ夏休みなんだもーん!」

澪「律、講習受けないんだって?」

律「今年も遊び倒すぜ!」

澪「…」

唯「ふぁ…ぁ…」


ドサッ


和「!」

和「唯、最近よく読んでるわね、その図象の本。」

紬「図象?」


紬の目に入ったのは、唯の読んでいる古い本の、
羽根(翅?)をもつ人間を象った一種のマーク。


紬(あれ?あのマーク…)

紬(…)

律「おいおい…ゆいちゃんまでお受験対策ですかぁ…」

唯「ん~?」ペラペラ…

梓「ゾロアスター教の『きょうてん』だそうですよ。」

律「ゾロアスター教?なんだそれ?RPGに出てきそうな響き。」

澪「世界史でちらっと出てきたろ…」

梓「確かずっと昔に絶滅したとかって…」

和「あずさ、確かイランやインドにはまだ残ってたはずよ、いわゆる信者が。」

梓「そうなんですか…」

律「じゃ、何か?唯もゾロアスター教徒になったってか?」

唯「うん。」ペラ…ペラ…

律「へ…」

梓「え…」


唯「…」ペラ…ペラ…

律「えっと…私の又従兄弟がさあ…例の『しゅーきょー』に捕まって脱会させるのに…」

紬「日本人では一人もゾロアスター教徒はいないはずよ。」

紬「たしか、師資相伝ならぬ親子相伝で。基本的に異教徒が改宗するのは無理らしいわ。」

和「紬、詳しいわね。」

紬「お父さんのお友達にインドの方がいらしてね、昔ちらっと…」

紬(…)

紬(それに、あのマーク…)

澪「唯は何かに夢中になると…つきっきりだからな。」

律「…唯よ、面白いんかそれ?」

唯「面白いよ~。」ペラ…ペラ…

律「どんな内容なんだよそれ?」

唯「ん~?」

唯「せかい、かな。」

律「はあ?なんだその中二病的な…」

唯「基本はザラシュストラの生き方と言葉、神様への『うた』だよ。」

律「ざ、ざら…なんだそれ…」

唯「ゾロアスターはザラシュストラとも読むんだって。
  昔のイランの言葉はわかんないからどう読むかしんないけど…」

唯「でも、言葉の後ろには神様がいるでしょ。」

律「…(こりゃ重症だ…)

澪「ゾロアスターって予言者、だよな?」

梓「預言者?」

唯「『ふわるなふ』を受けた人の子として『しゅっぴたーま家』に生まれたひと。」

律「あの…ゆいさん?ふわるなふって…」

唯「『ふわるなふ』は神様から溢れる光。
  キリストさんの頭に付いてるのとか天使の『わっか』、だよ。」ペラ…ペラ…

律「…」

澪「イエス・キリストまで出てくるのか、その本?」

唯「出てこないけど、お話の筋は少し似てるかな。」

澪「そ、そうなのか…」

唯「『さおしゅやんと』っていう人が現れて、デーウァの君と、その配下を全て滅ぼして、」

唯「アフラの王が、『あむしゃすぷんた』、『やざだ』たちのもと、
  治める正しい世界が来るんだって。」

唯「『あむしゃすぷんた』も『やざだ』も天使みたいなものだよ。」

和「いわゆる善と悪の戦いね。」

唯「うん。」

唯「『めーのーぐ(精神的なもの)』と『げーてーぐ(物質的なもの)』の。」

唯「けどね、間違って考えてるんだ、今のマズダー教徒は。」

唯「ザラシュストラもぺるしあ王の『まご(祭司)』たちの考え方も…みんな結構間違ってる。」

唯「…」


唯は一瞬、哀しそうな顔をした。


和「どういうこと?」

唯「今日はおしまい!おしまい!アイス食べにいこ!」

律「プッ…それでこそ唯だな!」

和「そうね…。今日は私も一緒に行くわ。」

澪「はあ…」

紬「…」


2