澪「な、なんで…」

紬「だって澪ちゃんは音楽の才能が無いじゃない」キッパリ

澪「えっ?」

紬「作曲どころか、作詞ですら、もうほとんど他人任せなのに…」

紬「編曲なんてやらせたら、きっとめちゃくちゃなのを持ってくるでしょう?」

澪「そっ、そんなこと…………そんなこと…」

紬「ね?ほら、この前梓ちゃんが初めて書いてきた曲を編曲しておいたから、練習しておいて?」ヒラッ

澪「…え?あ、梓が作曲?」

紬「そうよ。まだ荒削りだけど、澪ちゃんのより全然良いわ」

澪「そ、そんなのまだ分かんないだ…」

紬「本当にそう思うの?」カチャッ


~~♪ ~♪ ~~~♪


澪(うわぁ、素敵…)ウットリ

紬「今の澪ちゃんに、こんな曲が作れるかしら?」

澪(い、言い返せない…)

紬「それよりも!」カチャッ

紬「演奏の方をもう少しまともにしてくれない?ウッドベースくらい弾けるようになってくれないと困るわ」

澪「く、くそっ…」

紬「くそ?」

澪「………分かった」ハア




澪「てなことがあったんだよ…」

唯「澪ちゃんも大変だね~」

律「確かに、ムギの音楽へのこだわりは最近異常だよな」

唯「追いつけないよね~」アハハ

澪「2人とも…」

ガバッ

唯「うわ、ちょっ、澪ちゃん?」

律「どうしたんだよ急に…///」

澪「2人なら分かってくれるって信じてたよ…!」グスン

澪「最近、ムギも梓も音楽に目覚めて、腕も上げちゃって」

澪「私だけ、置いていかれてるんじゃ無いかって…」グスングスン

唯「澪ちゃん…」

澪「でも、2人だけは、練習もしないで、怠け者で居てくれよ!」

律「な、なんだよそれ~」

唯「練習しないで褒めてくれるなんて、澪ちゃん変なの~」アハハ

澪「それで良いんだ…それで」

律「澪の気持ちは分かるよ」

澪「そうだろ?そうだろ?」

律「私この間、スチールドラム叩けなんて言われてさ、そんなのどうしろって」

澪「律もか…私はコントラバスだったな」

唯「りっちゃんなんてまだ良いよ。私なんてシタールだよ?シタール弾けって言われたんだよ!」

澪「ま、またなんでそんな楽器を…」

唯「なんか、カレーのちライスの別バージョンだったかな?そんなの、おかしいよね~」

澪「…そうだよな、おかしいよな、やっぱり」




翌日


唯「よっ!」ピョ~ンピロロ~ンピローン

澪「弾けるんかい!」

律「ほっ!」ポンポココンポンポンコンポン

澪「叩けるんかい!」

ピロロロロロ~ンピヨ~ンピャララ~ンピョ~ンピロロ~ンピローン
ポンポココンポンポンコンポンポンポココンポンポンコンポン

澪「そんでもって完璧かい!」


紬「凄いわ~、唯ちゃん、りっちゃん、上手ね!」パチパチ

澪「そんな…」

梓「澪先輩は、どうなんですか…?」チラッ

澪「」



澪「練習は、してきました…」オドオド

梓「だったら、演奏してみてください」

澪「でっ、でも、なんか…凄く難s」オドオド

梓「御託はいいです!こっちは演奏が聞きたいんです」ダンッ

澪「ひぃっ…!」ガクブル

紬「ほら澪ちゃん、泣いたって誰も来ないわ。ほら、弾いてみて?」スッ

澪「…じゃあ、ちょっとだけ」

澪(こんなもの、ただ大きいだけ)

澪(基本的には、エレキベースとなんら変わらないんだから…)

澪(大丈夫…大丈夫……)

ボンッ

澪(ほら、音が低いところなんて、ベースと同じじゃないか)

澪(やるしかない…!)

梓「まだですか?」

紬「澪ちゃん、代わりはいくらでも居るのよ?」



~♪~~♪


紬「これが演奏?」

梓「ゴミですね」

律「確かに、これでは練習したって言わないな」

唯「確か、憂の友達の純ちゃんが、ベーシストだって言ってたよ」

律「決定だな」

紬「ゴメンね、澪ちゃんもういいわ」ヒラヒラ

澪「…えっ?」ビクッ

梓「今までありがとう、これからは1人でやるです」

澪「みんなっ…?」








澪「……」

澪「………」

澪「…………んっ…」

澪「……夢?」

澪(そうか、私、昨日の放課後のお茶中に、無理矢理みんなを練習させたんだっけ…)

澪「これは、お茶も軽音部の大切な思い出の一つだっていう、神様からのメッセージなんだな」

澪「そうか、そうだよな…」

澪「練習だけが青春なんて、やっぱりおかしいよな…」

澪(今日、みんなに謝ろう)

澪「楽しくやってこそ、私たち放課後ティータイムなんだもんな」





『自分の大きな夢を追うことが
 今までの僕の仕事だったけど
 君を幸せにする それこそが
 これからの僕の生きるしるし』



おしまい