律「いや~遊んだ遊んだ!」

紬「それじゃあ晩ご飯の準備でも始めましょ。」

憂「あ、それなら私たちが準備しておくんで皆さんは練習しててください。」

和「そうね。あなたたちが練習を始めたら私たちはやることもなくなるし。
  そっちの方が効率的でしょ。」

唯「さすが和ちゃん!効率的だよ!」

さわ子「と、言うか初めからそのつもりで部外者の子も連れてきたんでしょ?」

律「あ、分かった?w
  おい!聡もしっかり手伝えよ!」

聡「言われなくてもそのつもりだよ!」




『食事準備組』

和「ま、食事の準備と言ってもバーベキューだから
  ご飯を炊いて材料を切るくらいなんだけどね。」

憂「でも、こうやって準備するのも楽しいですよね。」

和「そうね。えーっと、聡くんだっけ?
  あなたは炭をおこしてくれるかしら。」

聡「あ、はい!
  あのー…梓さんって、どこ行ったんですかね?」

和「??何言ってるの?」

憂「梓ちゃんは練習に参加してるから、食事の準備にはこれないけど、それがどうかしたの?」

聡「え゛!?梓さんって軽音部…というか、高校生だったんですか!?」




食事中

憂「…って、聡くんがーw」

梓「うぅ…ひどいです。私ってそんなに子供っぽいですか?」

澪「まぁ、私服だったし…」

聡「すみませんすみません!俺、誰か参加者の妹さんかと思ってました!」

梓「むー…」

唯「違うよ、それはあずにゃんがかわいすぎるから、仕方ないんだよ!(抱きっ!」

梓「むぅ…(///」

紬(あらあら)




食後

律「よーし!それじゃあ本日のメインイベントー!
  桜高軽音楽部放課後ティータイムサマーライブの開幕だよー!!」

澪「律の奴テンション高いな。」

紬「聡くんも来てるからかしら?」

和憂さわ子聡(ぱちぱち)

聡「そういえばおれ、姉ちゃんたちが
  ちゃんとバンド組んで演奏するとこ見るの初めてかもしれないです。」

憂「そうなんだ?
  すごくかっこいいから、お姉ちゃんのこと大好きになっちゃうかも。」




えんそう!

聡「………………………」(ボー然

和憂さわ子(拍手

唯「以上、放課後ティータイムでした!」

聡「…………」

律「おい聡!何ぼーっとしてんだよ!なんか言えよ!」

聡「すげぇ…」

憂「ん?」

聡「すげぇ…
  すげぇよ姉ちゃん!!
  皆さんも!凄いかっこよかったです!!
  くぅーっ!!なんつーか、ぐわぁ―っって来たって感じっす!!」

澪「喜んでくれたみたいだな。」

紬「聡くんも喜んでくれたみたいで、嬉しいわ。」




聡(その後、花火もやったんだけど、
  ライブの興奮でもう、よく分からない状態っす)



聡(一人でこんな広い部屋にいてもなんか寝付けないな…
  なんか、それに、ライブからずっと体が火照って…眠れない…
  さっき行ったばっかりだけど、もう一回トイレ行くか…)

聡(えっと…どっちだったかな…?
  あ、明かりがついてるし…ここかな?)

聡(ん?窓?トイレじゃないのか…なんだろここ?
  あれ?…梓さん?一人で何やってるんだろ?)




梓(譜面を見ながら)
 「ここからここに行ったとき、しっくりこなかったんだよなー」
 (シャンシャン)


聡「あの…梓さん…」

梓「!?…聡くん?」

聡「あ…昼間はごめんなさい。
  あの…同い年くらいと思ってタメ口聞いちゃって…」

梓「ん…怒ってないよ、そんなこと。」

聡「あの…それと…ライブ凄かったです…
  なんか、俺も…バンドしてみたくなっちゃったみたいで…」

梓「ほんと?そう思ってもらえたら、嬉しいかな。
  やっぱり律先輩と同じように、ドラム?」

聡「いえ、…ギターが、やってみたいかな…って」

梓(そういえば、聡くんって澪先輩にあこがれてるって言ってたっけ?
  律先輩がドラム、澪先輩がベースだから、聡くんがギターやればバンドが出来るか。)

聡「俺、音楽のこととか全然知らないんですけど、
  梓さんのギターにグッと来たって言うか…
  あんな風に演奏したいな…って思って…」

梓「リードギターは唯先輩だったよ?」

聡「それでも…なんかよくわかんないんですけど…」

梓「じゃあ、今練習してたところだけど、聡くんにも少しギター教えちゃおうかな?」

聡「いいんですか!?
  よろしくお願いします!!」

梓「ふふ。聡くんはちゃんと練習しないとダメだよ。」

聡「俺、絶対超マジメに練習するっす!!」




律「う~キャベツキャベツ…じゃなくて、トイレトイレ…
  ってあれ?唯に澪、むぎまで。スタジオの前で何やってるんだ?」

唯「あ、りっちゃん、しー、静かにこっち来て。
  ほら…見て見て。」

律「んー?
  あれ、なんだ聡の奴、梓と二人で。」

澪「私たちも練習しようかと思って起き出したらさ…」

紬「先客がいて、スタジオには入れなかったの。」

律「それにしては、なんて嬉しそうな顔してるんだよ」

唯「だって、あずにゃんと聡くん二人で練習してるのが可愛くって!」

紬「うふふ。なんだか、子猫がじゃれあってるみたいじゃない?」

澪「これじゃあ、邪魔はできないよなーって。」

紬「まぁ、いいじゃない。ここは若い子たちに任せて、
  私たちは朝、早起きして練習しましょ。」

律「それだと唯が起きだせないんじゃないか?」

唯「もー!ひどいよりっちゃん!」



結局その後、桜高軽音部夏合宿は大過なく終了した。

ただ、俺は…この合宿を通じて、音楽が聞くだけのものではなく

演奏して…

みんなで演奏して楽しむこともできるのだと知ってしまった…




3