直「010001010111010010100」

梓「とうとう機械語で喋りだしちゃったよこいつ」

直「0101010100100101101101010101101010010101010101」


梓「スミーレ、翻訳して」

菫「えっ」

直「1101011101011011010100101010100101111001001010」

菫(できるわけ無いだろ…)

菫(とりあえず適当に合わせてみるか)

菫「ぜろいちぜろぜろいちぜろ……」

直「0101010101010101111001010101001001001010100101001010101001010100101010010100101010010
  1101000010010010101001010010101010010101001011010010101010010010010101001011010101001
  00100101001010010101001001101001010101001001001010100101101010100100100101010010100101
  10100101010010101001010010101001001010101001001001010101001010101001001001000101010100
  0101010101010101111001010101001001001010100101001010101001010100101010010100101010010
  11010000100100101010010100101010100101010010110100101010100100100101010010110100101001
  00100101001010010101001001101001010101001001001010100101101010100100100101010010100101
  0101001010100101010010100101010010010101010010010101010100101010101010101100100100100」

菫「!?」

純「やばいよ、なんかこれ怒ってるよ!!」

梓「スミーレが適当に反応したから怒ったんだよ!」


純「あわわわしずまりたまえー!!」

梓「ほら、スミーレも頭を下げて!」

菫「ひいいごめんなさーい!!」

直「010010010001」


梓「よかった落ち着いたみたいだ」




直「101010101001100」

梓「でも困ったなー、直の頭の中に新曲のデータが全部入ってるのに」

純「このまま意思の疎通が出来なかったらどうなるの……」

梓「おわりだね、なにもかも……」

菫「そんな!!」

菫「先輩たち最後の学園祭なのに!!」

梓「スミーレ……」

菫「それに私、ずっと紬お姉ちゃんに仕えてばかりで自分の人生を歩めてなかった…」

菫「だけど……」

菫「このわかばティータイムはやっと見つけた私の居場所なんです!」

直「01010110010101010110010110」

純「そうだよ…」

純「スミーレの言う通りだよ梓、諦めちゃいけない!諦めたら決して前には進めないから!」

梓「純……」

菫「梓先輩!直の機械語、翻訳しましょう!」

純「大事な後輩だから、言葉は通じ合わずとも心で通じ合えるはず!」

梓「そうだよね……」

直「11101110111010100010101000」



例えいつまでかかるかわからないけど

大切な後輩だから!




憂「おそくなってごめんねー」

直「110101001001010101010100」

憂「あっ直ちゃんおはよー」

直「1101001100110010011010101011」

憂「へえーそうなんだー、面白いねー」

梓「憂もやべえ」



第一部

奥田直、その血統 完ッ!!!!