マンコ「正直澪ちゃんの作詞センスにはついていけないところがあるわ」

澪「」

マンコ「マシュマロみたいにふわふわなのは澪ちゃんの脳髄なんじゃないかしら」

澪「」



律「はー、今日の練習もつかれたー!ムギーお茶ー!」

紬「今淹れるわ~♪」

マンコ「てめえのドラムが下手くそなばっかりに練習長引いたんじゃねえか」

律「」

紬「今日はいろいろ持ってきたんだけど何が飲みたい?」ニコッ

律「え、えーっとじゃあアールグレ

マンコ「ブスには真水がお似合いだぞ」

律「」



唯「ん~、今日のケーキもおいしいね!」

紬「うふふ、そう言ってもらえると嬉しいわ」

マンコ「ろくに部活に貢献することもなく食べるお菓子はおいしい?」

唯「」

マンコ「お菓子が欲しけりゃ私に体のひとつでも売れよ^ ^作曲者様だぞ、おう?^ ^」

唯「」



梓「あっ、そういえばムギ先輩。この間ギターの練習した時なんですけど」

紬「なになに?」

梓「家に使わないギターが一本あるんで良かったらと思って」

紬「」

マンコ「ハハッ、お古のギター処分してくださーいってか?」

梓「」

マンコ「系列にぃ、楽器店があるからぁ、ギターなんて掃いて捨てるほどあるんですけどぉ」

梓「」




律「……なあ、最近ムギの股下あたりから妙に辛辣な声がしないか?」

澪「するする!私だけじゃなかったのか!」

唯「私なんか体差し出せなんて言われちゃったよ!」

梓「私はなんかもう死にたいです……」

律「はぁ、どうしたもんか……」

紬「なになに?何の話?」

律唯澪梓「」ビクッ

マンコ「何の話?とか聞いてみたけど基本全部聞こえてるから。陰口とはいい度胸じゃねえか、うん?」

律唯澪梓「」



このあと私たちは順番にムギちゃんの下のお口にキスをすることで事無きを得たのでしたとさ
ちゃんちゃん



2