梓(所詮はまがい物。ガツンとやってやるです)

梓「たのもー! 悪魔祓いにきた――なにこの現状」 新「ターゲットロック完了」


澪「あ、梓ァ! 早まるな!」


律「うぉぉぉぉこっちみんなぁぁぁぁぁ」

唯「りっちゃん逃げて!!」

紬「誰かバールのようなもの持ってない!? 早く止めなきゃ」

律「女子高生がもってるわけないだろ! ひっ!? やめ――」

新「射程距離ニ捕捉シマシタ 『トコトンヤッテヤルDEATH』実行シマス」

唯「りっちゃぁぁぁぁぁぁぁぁん!!」


ガァン

唯・澪・律・紬「!!」


梓「Hey! こっちをみな、アバズレ! お仕置きの時間だ」

新「凶器確認 標的ノ優先順位ヲ変更シマ――」

梓「おいおい、違ぇだろ? いつからそんな無機質になっちまったんだ?」

新「そ、それはバールのようなもの!? なんでお前が!」

梓「Oh! イイね、そうだよ。最後まで私のマネしてくれよ。私は自分を超えるんだからな!!」

新「質問に答えろ! なぜ女子高生にすぎないお前がそんなものを!」

梓「ん? 中野家に代々伝わるコイツのことか? 決まってるだろ……」


梓「お前みたいな邪魔者を退治するためだよ!!」



唯「新あずにゃんの動きが止まった!」

澪「が、がんばれ! 梓ぁ!!」

新「ふん、所詮は人間。それも仲間に追い出された負け犬。私に勝てるわけ――」

コンッ

澪「律!?」

新「スティック? ……律先輩、どういうつもりですか?」

律「わ、私の後輩を――梓を馬鹿にしていいのは私だけだぁ!!」

新「そんなに先に死にた――」

ドゴォ

唯「ムギちゃん!?」

新「スピーカー? ……ムギ先輩、あなたもですか?」

紬「あ、あなたなんかに梓ちゃんを悪く言わせない」

梓「ヒュウ」


新「チッ 唯先輩、澪先輩。あなた方はどうしますか?」

澪「……今の放課後ティータイムは私、唯、新梓の3人だ」

新「ふふ、やっぱり賢いでs」

澪「でも! 私は脱退する! もちろん唯もだ!」

唯「放課後ティータイムの名とともにサヨナラだよ、偽あずにゃん」

新「バカな!? バンドの命、バンド名を捨てるのか!?」

梓「わかってねぇなぁ、放課後ティータイムのために私たちがいるんじゃない」

梓「私たちのために放課後ティータイムがあるんだ!!」



新「わたしたちのためにほうかごてぃーたいむがあるんだ!!」ドヤッ

梓「ウザッ」



新「理解不能 理解不能 理解不能」

梓「サヨナラは言わない。私の中で糧として生き続けろ」

新「負け犬風情がぁぁぁぁぁ」

梓「オラァ! 臓物をぶち撒けろ!」ガァン

新「バールのようなもの確認 強制終了シマス」

律「終わった、のか」

梓「もう一発!」ガァン

澪「もういい、オーバーキルだ」

新「強制終了シマス サヨウナ――プツッ」

梓「……さよなら、偽梓」ガァン

唯「あ、言った」

紬「しっ」



律「口では嫌がりつつも結局押しけられるからこそ愛でる価値がある」

唯「そんな『下の●は正直』なあずにゃんが必要なんだ」

梓「はい。戻りましょう、あのころに」

澪「梓、ゆるしてくれるのか!?」

梓「そうしなきゃ収拾つかないです」

紬「メタ発言、ダメ絶対」




~翌日~

律「おーい、安かったから梓買ってきたぞー」

澪「懲りろよ」

律「大丈夫、安物だから動かない」

唯「風船みたいだね」

紬「ホント、膨らませるみたい」

梓「でもこれ」



梓「なんで口がぽっかり開いてるんですか?」


おわり





以上です。


お付き合い感謝