~数日後~


律「すげぇ! この梓、時速60キロでるぞ! しかも免許いらないから通学に使える」

紬「この梓ちゃんで淹れた紅茶を飲むと、今までのお茶が色水に思えるわ」

唯「あぁん……あずにゃんのマッサージじょうずぅ」

澪「お前、エフェクターの機能もあったのか!」

律「部費を投げ出した甲斐があったな」

澪「お前、勝手に部費を――」

新「ごめんなさい、私のせいで……」

澪「……まぁ、次から気をつけろよ」

唯「次なんてないよ、このあずにゃんで十分だよ」

紬「十人力ね」

律「よーし、やる気出てきたぞォ」


梓(おかしい、音沙汰がない)

梓(あのゴキブリ……いったい何を)コソコソ


キャッキャ ウフフ

梓(楽しそう……いいなぁ)


律「よし、梓に燃料補給するか」

唯「はい、私やる!! ケーキあげればいいんだよね」


梓(ううう、「あ~ん」なんて入部当時しかしてもらったことn)


唯「えっと、補給は肛●を開いてっと」グイッ

梓「ストーップ! 偽者とはいえ私を辱めないで下さい」



律「うぉ!? 梓が二人!!」

梓「突っ込みませんよ! 早くパンツをはかせてください!」

律「よく言うだろ、『下の●』って」

梓「それは【禁則事項です】」

新「もう、下ネタはやめて下さいよ!」

梓「ぐぬぬ……お前だけは、お前だけはァ!!」

澪「よせ! また感電するぞ」

梓「くそう! くそう!」

紬「どしたのワサワサッ、元梓ちゃん」

梓「現在進行形で梓ですよ」

律「過去の女ってことだよ。言わせんな恥ずかしい」

唯「このあずにゃんスゴイんだよ! ワンセグもみれるの」

梓(うぎぎぎぎぎ。私である必要性が皆無じゃないですか)

律「まぁ、お前がどうしても戻りたいなら入れてやらんこともないが」

澪「おい律、そういう言い方はやめろ。梓、また一緒にやろう?」

梓「澪先輩……」

新「これで澪先輩の欲しがってたトンちゃんの世話係が決まりですね」

澪「いや、ちが――梓、あずさぁぁぁぁぁ!!」

梓「うわぁぁぁぁぁん、澪先輩のう●こたれぇぇぇぇ」

澪「え? ちょっ、おま、いや間に合ったし。私の肛●はディフェンスに定評あるし」




純「ね、ねぇ梓……顔怖いよ? 鬼瓦みたいだよ?」

梓「あの偽者を葬りたい」

憂「偽物?」

梓「唯先輩をたぶらかし、澪先輩を丸め込んだあのゴミクズ」

憂・純「「詳しく」」



憂「もう一人の梓ちゃんかぁ」

梓「一緒にしないで!」

純「よし、じゃあ私たちで偵察してこよう」

梓「じゃあこれを」かゴソゴソ

純「なに? 双眼鏡とk」

梓「はい、バールのようなもの。情けをかけちゃだめだよ」

純「こっちの梓が偽物であってほしい」




純(あれが――わー、本当にそっくりだ)

憂(あ、こっち来るよ)

新「純、どうしたの?」

純「え? 私のこと知ってるの?」

新「当たり前じゃん、親友でしょ。純と憂と私の3人はずっと親友だよ」

憂(純ちゃん、なんか梓ちゃんの話とだいぶちが――)

新「唯先輩ね、やれば出来る人なんだよ! 最近メキメキ実力が向上してるの」

憂「ですよねー」

新「澪先輩も相変わらず格好いいんだよ!!」

純「あずにゃんチュッチュッ」


梓「あっ! どうだった? やっぱ薄汚ねぇアブラムシ」

純「やめよう、あれはキレイな梓だよ」

梓「どいつもこいつも」




~数日後~

律「なんかさ、最近の梓かわったよな」

唯「うん……何ていうか……」


新「律先輩、さっきから走りすぎです。澪先輩も気づいてるなら注意してください」

律「は、はい」

新「それからムギ先輩! もっと音を絞ってください。うるさいです」

紬「は、はい」

新「みなさんやる気あるんですか!」

澪「あ、あの梓……ちょっと言い過ぎじゃ……」

新「言ってわからないなら拳です」メキメキ

澪「ひぃぃぃぃぃぃ」



新「これからはドラムは打ち込みでいきます。さよならです、律先輩」

律「ぐっ……」

新「作曲も私がします。さよならです、ムギ先輩」

紬「むぎゅう……」

新「唯先輩と澪先輩は置いてやってもいいです」

唯「……」

澪「あ、ありがとうございます。でも――」チラッ

律「ぐぬぬ……」

紬「むぎゅう…むぎゅう…」

新「なにか?」メキメキ

澪「い、いえ……」


新「部外者はとっとと出て行ってください」

律「唯、なんとか言ってやれよ!」

唯「でも……あずにゃんの判断だから」

新「ひがむ暇があるならリズムの刻み方でも勉強してください。メトロノームのほうが有能ですよ」

律「――中野のくせに!!」

紬「りっちゃんダメ!」

律「この野郎ぉおあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」

新「『ヤッテヤルデス』作動 『ヤッテヤルデス』作動」バチバチバチバチバチバチバチ

律「澪だずげでぐでぇぇぇぇ」

澪「えっと、確か停止するには……金属バットで殴打だっけ? よ、よしこれで」

紬「それは再起動するときよ。強制終了はたしかバールのようなもので――」

唯「そんな! 部室にあるわけないよ!」

新「凶器確認 警告 警告 『トコトンヤッテヤルDEATH』起動マデ 10秒前  9」ギュイィィィィィィィィン

澪「ぎゃー!! ツインテールが高速回転し始めた!!」

律「逃げろ!!」



3