おじさん「……」

おじさん(あの頃は楽しかったなぁ……)

おじさん(あいつ元気にやってるのかな)

おじさん(今会ったら……あいつに怒られるよなあ)

おじさん(ENKOなんかして……)

澪「おじさん? もうダンジョンの出口だけど……」

おじさん「ああごめんごめん」

澪「……あれ? 画面が暗くなった」

セシル「なんだ?」

ゴルベーザ「カイン……帰って来い、カイン……」

澪「えっこれって」

おじさん「カインをもう一度操ろうとしているんだ!」

セシル「カイン!」

ローザ「しっかりして!」

カイン「だいじょうぶだ……」

澪「カイン……!」

澪(そうだよ、もうカインは操られたりしない!)

カイン「おれは しょうきに もどった!」

ドカッ!

セシル「うっ!」

  クリスタルを うばわれた!

澪「カイーーーン!?」



――――

おじさん「あちゃー今日も時間かぁ」

澪「はは、カインが……」

おじさん「澪ちゃんカイン好きだねえ。僕もカイン好きなんだよ」

澪「でもまさか2度も裏切るなんて……」

おじさん「そこがカインだよねえ」

澪「うう……」

おじさん「それじゃあまた明日ね♪」

澪「はい」




数日後

澪「今日はなんとかカインの目を覚ませてあげたい」

澪「……」

澪(私、早くゲームがしたいって思ってる……おじさんと一緒なのに)

澪(おじさんが悪い人じゃないってわかるけど、それでも元はえ、えっちな事をするために集まってるんだよな)

澪(なのに私は何やってるんだろう……でも……)

おじさん「澪ちゃーん!」

澪「どうも」



ラブホ内

おじさん「ちょっと時間遅いけど平気?」

澪「はい」

おじさん「いやー今日も暑くて汗だくだよ。先にシャワー浴びてくるね」

澪「それじゃあ私レベル上げしてます」

おじさん「よろしくー」


シャワアアアア……


澪「カインがいなくなっちゃったからパーティの攻撃力が弱い……カイン……」

澪「まさかまた裏切るなんて……いきなりだったもんな」

澪「……あ、れ?」


ガチャ

おじさん「ふぅ」

澪「あれ? あれ?」

おじさん「どうしたの?」

澪「※ディフェンダーが無くなってる……」

おじさん「え……」



※ディフェンダー:剣、高い攻撃力に加え装備すると防御力がアップする。その上アイテムとしても使用可能で○プロテスの効果がある。非売品。
○プロテス:白魔法、防御力が上がる。


澪「ももももしかして別のお客さんがプレイして※ディフェンダーを、こ、コ、ココラッシュ、しゅて、捨てちゃったとか……?」ガクガク

おじさん「そんなまさか……あっ! そういえばディフェンダーはカインに装備させてた……」

澪「ああっ!? ど、どうしよう……」

おじさん「残念だけど、再開する時には別の装備をつけてるよ。つまりディフェンダーはもう……」

澪「そんな……苦労して強敵を倒してようやくゲットしたのに……」

おじさん「おまけにディフェンダーより弱い武器を持って帰ってくるんだ……」

澪「……」

おじさん「……」



※ディフェンダー:剣、カインの装備可能武器で2番目に攻撃力が高く、最強武器よりも命中率と防御力アップの面で優れる。また、最強武器との攻撃力差は殆どない。



澪「……」

おじさん「……そういえば。僕も最初にプレイした時にカインにディフェンダーを取られちゃったんだ」

おじさん「装備を外すのすっかり忘れていたよ」

澪「……」

おじさん「ははは……」

澪「……っぷ」

おじさん「ははっ」

澪「あはははっ」

おじさん「はっはっはっ」

澪「ぷふ、ふふふ……あははははっ!」



――――

澪「まさかゴルベーザがセシルのお兄さんで、ゴルベーザ自体も操られていただけだったなんて」

澪「てっきりラスボスだと思っていたのに。だけどこれでカインも正気に……」

カイン「やっと、自分の心を取り戻す事が出来た……今更許してくれとは言わんが……」

澪「カイン……また操られたり……しないよな?」

カイン「……その時は遠慮なく俺を斬るがいい!」

澪「……やっぱりかっこいいよ、カイン」



――――

澪「ついにラストダンジョン手前まできましたね」

おじさん「ディフェンダーはなくなっちゃったけどね」

澪「……」

おじさん「……」

澪「くすっ」

おじさん「(笑)」



おじさん「ラストダンジョンは結構大変だった記憶があるなあ」

澪「そうなんですか。夏休み中にクリア出来るかな」

おじさん「8月ももうすぐ終わりだもんね。澪ちゃん勉強とか大丈夫なの? ……って僕がいつも誘ってるんだけどね」

澪「勉強は普段からしてるし夏期講習にも行っているので。でも学校が始まったら忙しくなるかも……」

おじさん「そっかー。それじゃあもう会えないかな」

澪「あ……」

おじさん「変なこと聞くようだけどさ、澪ちゃんて僕以外の人とENKOした事あるの?」

澪「ふぇっ!? な、ないですっ!」

おじさん「やっぱり。そんなことするような子に見えないし、話してると余計にそう思ったよ」

澪「え?」


おじさん「おじさんから誘っておいてあれだけど、今日でもう会うのやめようか」

澪「え……」

おじさん「僕も思い出したっていうか、しょうきにもどったっていうか」

おじさん「このゲームやってたら色々とね……」

おじさん「僕はただ話し相手が欲しかっただけなのかもしれない。寂しかったのかな、はは……」

おじさん「それで今日まで拒否しない君に甘えてた……かな。僕もカインと一緒さ、なんちゃって(笑)」

澪「おじさん……」

おじさん「ただし彼は恥を知る男だ。僕も見習わなくちゃいけない」

おじさん「結局お金も澪ちゃんがいらないって言うからあげてないけど、やっぱり迷惑かけた分だけでも」


澪「……ぁ、あのっ!」

おじさん「ん?」

澪「……まだ、クリアしてないじゃないですか」

おじさん「えっ?」

澪「ここまでプレイしてクリアしないなんて、嫌ですよ……」

澪(あれ何言ってるんだ私)

澪「私、夏休みであと1日空いてる時間がありますから、だから」

おじさん「でも1日じゃあクリアは難しいよ」

澪「……ひ、ひっ、ひと晩でも、ですか?」

おじさん「み、澪ちゃん……。わかった、それじゃあもう一日だけおじさんに付き合ってもらおうかな」

おじさん「何だかんだ言っておじさんもFF4が好きだからね」



5