ある日

澪「なあ・・律ったら!」

律「あーもーわかったわかった。」

唯「どうしたの澪ちゃん?」

紬「なにか困ってるの?」

澪「えっと・・」

律「澪のやつ、閣下が人間じゃないとかいうんだよ!」

小暮「ブーーーー」

紬「あらあら、閣下大丈夫ですか?」

小暮「ゲホゲホ。」

澪「律!何もそんな大声で言わなくてもいいだろ!閣下、ごめんなさいそんなつもりじゃ・・

小暮「いやかまわん。(潮時かも知れんな)」


諸君たち、学際での演奏会は見事であった。
これは偏に日々の鍛錬の賜物であったと思う。


澪「いえ、閣下たちの指導があったからあそこまでうまくいったんだと思います。

律「ホントうちらうまくなった!自分でいうのもなんだけど。閣下ありがとう!

紬「演奏会本当にたのしかったわ~。

唯「まだまだ演奏したりないよ~~~

小暮「諸君、まだ足りないようだな。フフフフ

みんな「?」

小暮「そんな諸君たちのために ライブハウスでの演奏機会を得たぞ! フハハハー!」

みんな「でえええええええええええ! 無理だよー すげー!アピールチャンスだ! ライブハウスてどんなとこなんだろう!

小暮「諸君たちの腕は、日々の練習、合宿により飛躍的に上昇した! 
    今回の演奏会も素晴らしかった。
    諸君たちならできる!やってみせろ!」
   (悪魔パワーの助けもあって、おそらく高校生レベルでは最高に近いだろう。)
    そのライブハウス演奏の日はメンバー全員で見に行くぞ!」

みんな「よっしゃーがんばろう! いまから練習だね! 新曲どうしよう 服装もきめたいわ~




ライブ当日

澪「あー緊張するぅ・・」

律「流石に私も緊張してきたァ!」

唯「でもワクワクもするよね!閣下たちもみにきてるし!」

紬「そうね、頑張っていいとこみせなくちゃ!」

律「よし!みんないくぞー!」

おー!


小暮「お、始まったぞ」

湯沢「うん、いいたたき方だ。」

清水「最初のころと比べらんないね」

石川「澪ちゃんやればできるじゃん、いぇ~い!」

篁「ギターもうまくなったねえ。シミジミ」

松崎「ひゅーひゅー」


~~♪

HTT「ありがとうございました!」

わーわーわー

小暮「うむ。良かったぞ。 ・・・ん?」

湯沢「なんかゆれてね?」

篁「うん」


ざわざわ 地震だ ゆれてるゆれてる やばくね?
 でかいよこれ! うわああ   
                  すげーでかいやばい!
にげろにげろ!

ドーン 
 ガーン 

あまりのゆれにライブハウスの機材が落ちまくる。

わー 外に逃げろーー


澪「きゃあああ」

律「うわああああ」

唯「憂・・・ッ」

紬「ギュッ・・」


湯沢「ゼウスの仕業だ!」

清水「閣下やばいよ!」

石川「唯ちゃんたち奥だからまにあわないよ!」

篁「みんな!そこ動くな!」

閣下「(彼女らの完成を察知したかゼウスめ!)松崎様は非難したまえ!」

松崎「うん!彼女らをたのむよ!」


閣下「聖飢魔Ⅱ!」

閣下の声とともに構成員の顔に悪魔特有の模様が浮かび上がる。

  「諸君、力を解放しろ!」

構成員が手をかざし力をこめる

と・・


澪「・・・揺れが止まった?」

律「助かった・・。」

紬「どうなったのかしら・・。」

唯「・・・みんなあれ見て!」

澪「閣下?(あの姿・・)」

律「バンド仲間の人も・・」

紬「閣下たちにも驚きだけど、機材とかも空中で止まってるわ・・・」

唯「閣下たちがたすけてくれたの!?」

閣下「いまは説明してる暇はない。早く避難するのだ。
    そして今日はそのまま帰れ。明日の正午、学校の屋上に集まるように。」

唯「で・・でも・・」

閣下「平沢!言うことを聞け!」

唯「は、はい! みんなにげよう!」

律「みんなありがとう!」

澪「閣下たちも無事で!」

紬「ありがとうございます!」

閣下たち「はぁ・・・はあ・・。久々に力開放したから疲労がすさまじい。 一時はどうなるかと・・ いやーまいった。

閣下「諸君。まだ終わってないぞ。更なる妨害が起きる前にゼウス軍に痛手を与えておかねばなるまい。」

篁「やりますかー!」

湯沢「親父くるかも・・・」

石川「よーしがんばるぞ。」

清水「応援呼ばなきゃね。」




数分後。
魔界から応援が到着。

ダミアン浜田大魔王(サタン45世)
デーモン小暮閣下(悪魔教教祖 元地獄副大魔王)
エース清水長官(元地獄中央情報局長官)
Sgt. ルーク篁III世参謀(地獄軍事局参謀)
ゼノン石川和尚(地獄文化局長)
ライデン湯沢殿下(雷神の息子)
ゾッド星島親分(元地獄最高審問閻魔)
ジェイル大橋代官(元地獄最悪刑務所拷問官)
ジード飯島大将(地獄の皇太子殿下衛兵)
そのほか、魔女RYO子嬢
ジャギ古川CAP
ジャントニオババヤシ
ガンダーラ・サンゲリア・チグリス・ユーフラテス金子
etc

がそろい天界へと攻撃を開始したのだった。


6