番外-カラオケ編-

律澪唯紬「閣下~、カラオケ行こう!」

小暮「うむ。」

律「閣下何歌うの?」

小暮「与作」

澪「(さぶちゃんッ)」

律「ブ」


 ~♪

みんな「うまい・・・」



  • ある日の部室-

小暮「えー、実は重大な発表だ。 私は以前バンド活動をしていたことがあるのだ。」

律「いや、言われなくても・・」

澪「やたら詳しいし・・」

唯「閣下唄うまいもんね~」

紬「この前のカラオケは驚きました~」

小暮「・・・そうか。まあそれはおいといてだ。そのときのメンバーの何人かが我が軽音部の特別顧問として集まってくれたのだ!
    はいってくれ。」


清水です
篁でーす
石川で~す
湯沢でっす
松崎でーす


みんな「どこかでみたことあるような・・・」

澪「あ、あの!せっかく集まってもらったので何か一曲聞かせてもらえませんか!」

律「そうだな!お願いします!」

紬「皆さんのパートも気になりますしね」

唯「wktk」

小暮「よかろう。」



~♪

閣下「ッスゥ~~・・・地獄の皇太子!」



~♪

小暮「こんなかんじである。」

澪 プルプルプル・・・

紬「すごいわ・・」

律「なんだあのドラム・・ほんとに私のやつなの・・」

唯「すっごおおおおい!すごすぎて一瞬閣下が悪魔にみえたよおおお!」

小暮「ギクッ というわけでこれから私と、彼らで軽音部をさらによくしようぞ!」


澪「ハッ すごい!すごいです!感動しました!少し攻撃的な歌詞も刺激的であたらしいインスピレーションが(ry


ドタドタドタドタドタ・・・
バーーーン!


律「うわ!さわちゃん!」

紬「どうしたんで・・

さわちゃん「いま!なにか!すごい衝撃が体の中をつきぬけたの! 今すぐここにこいって体が反応したのよ!」

小暮「山中先生、お疲れなのではないか。」

さわちゃん「つかれてなんかいないわ!本能なのよ!小暮先生!一体何をしてたんです!」

唯「さわちゃん!さわちゃん!閣下とそのお友達すごいんだよ!バンドやってたんだって」

さわちゃん「・・・聞かせてください。」

小暮「え・・いや・・」

さわちゃん「聞かせてください!」

小暮「うむ。」


~♪


律「すっごおおおお」

澪「こんな風に演奏できるようになるかな・・。」

篁「練習すれば

湯沢「いずれできる!ニカッ

紬「ぽ~~」

唯「さわちゃんすごかったねー!・・気絶してる」


  • 合宿編へ続く-




4