後日。

  • 部室-

唯「ところで、ここにはなんでドラムとかピアノがあるんですか~?」

律「ん・・・?」

澪「え?軽音部だからだよ。」

唯「軽音部って楽器つかうんですか! どうしよう・・私カスタネットくらいしかできないよ・・」

律「楽器つかわないとおもってたの!」

唯「口笛とかの軽い音楽家と思ってた・・・。どうしよう。」

紬「まぁまぁ。とりあえずお茶飲みながら冷静に考えましょう。」

唯「うー・・(どうしようどうしよう)私なんかがいたら・・逆に迷惑に

小暮「誰にだって初めてはあるものだ。平沢は我が軽音部の部員だ。そして我々は仲間だ。
   手を取り合い練習すればいい話ではないか。なにを悩む必要があるのだ。」

澪「そうだよ!一緒に練習しよう!」

律「そう!がんばろうぜ!」

紬「いいわ・・。これが友情パワーなのね・・」

小暮「よし。平沢以外の三人で簡単な曲をやってみろ。どんな感じなのか平沢もわかりやすいだろう。」



澪「この曲でいいか。」

律「むぎ、これ大丈夫?」

紬「だいじょうぶです。ここで折り返せばいいんですね。」

律「よし、1-2-3!」


~~~~♪


小暮「・・・・・・」

唯「・・・・・・・」


~~~~♪


律「ふう!」

澪「どう・・かな?」

紬「(うまくできてたかしら)」

唯「おー・・・・・あまりうまくないんですね!」

3人「ズコー」

小暮「・・・・(ウム、まあ高校生はこんなものだろう。しかし、この平沢という少女もしかしたら・・。)
   3人ともなかなかであった。」

むぎの方に歩いていく。

小暮「琴吹、ちょっと拝借する。」

紬「ええ、どうぞ閣下。」

小暮「平沢、この音はなんだ?」 ポーン

唯「えっと・・ピアノの音です!」

小暮「チガーウ!音程だ音程!」ポーン

平沢「えっと・・」

小暮「おなじ音を声で出してみろ」

ポーン

唯「らー」

 (以下何回か繰り返し)


律・紬「?」

澪「(お!)」

小暮「うむ。」

唯「あのーなんなんです?」

小暮「いやちょっとしたテストだ。(絶対音感を持っているようだな。秋山は気づいたようだ。)
   澪に目配せ。)

澪「こくり」

小暮「む!いかん、相撲が始まる!今日の部活はここまで!」

みんな「はーい」

小暮「それと、平沢。」

唯「はい!閣下!」

小暮「明日も頑張れ。」

唯「はい!」





何週後かの日曜日


閣下「むう・・そういえば散り散りになった構成員を探さねば。そんなに遠くに散らばっていないはずだが・・。
   人間の姿ではテレパシーも使えん。とりあえず駅前に行って見るとしよう。」


(一人のときは閣下です)


律「あ、閣下ー」

小暮「お、田井中か。どうした。」

律「弟とゲームソフト買いにきたんだー。」

聡「はじめまして。」

小暮「うむ、仲が良くて結構。おお、この店なのか。」

律「じゃあ、また学校で。閣下ー」


ウィーン

小暮「うむ。」

??「いらっしゃいませー」

小暮「!?この声は!」


ダダダダダ

小暮「はぁはぁ・・」

律「か、閣下ぁ脅かさないでよ。どうしたの」

小暮「いや・・知り合いの声が店内から聞こえた気がして」

??「閣下・・? あーーーーーーーーー!」

小暮「ここにいたか・・・。」

湯沢(ライデン湯沢殿下)「閣下ぁーーー!探しましたよ!どこいたんですか!」

小暮「しー、声がでかい。」

律「閣下、この店員さんと知り合いなの?」

湯沢「ちょっと!閣下!女子高生じゃないですか!どういうことですか!」

小暮「おちつけ湯沢。向こうで話そう。
    じつはかくかくしかじかなのだ。」

湯沢「かくかくしかじかって楽ですよね。
    なるほどー。軽音部ですか~。」

小暮「まずはライデンが見つかったか。
    またくる。」

湯沢「はーい。ありがとうございました~。」



澪「あ、閣下」

小暮「む、秋山か。どうした自転車押して。」

澪「パンクしちゃったから自転車屋になおしに。」

小暮「そうか。よし手伝ってやろう。」

澪「あ、ありがとう閣下」

小暮「フハハハ。(ん・・・自転車屋・・?この流れ・・)」

??「いらっしゃ・・・あ!」

小暮「やはり。」

篁(ルーク篁Ⅲ世参謀)「閣下じゃないですか!いままでどこに!」

澪「え、閣下お知り合いなんですか?」

小暮「うむ。」

篁「こっちはかくかくしかじかで大変だったんですよ!」

小暮「私もかくかくしかじかなのだ。」

澪「(奥で何話してるんだろう・・。)」

小暮「(残るは和尚と長官か・・)」




小暮「ふう。ここらで休憩するとしよう。」

??「あれー、閣下だ。」

小暮「この声、ゼノン!」

ゼノン「なにやってるんですか~。」

小暮「ゼノンこそここで・・あー。警備員。」

ゼノン「うん。動かすの手だけだしね。」

小暮「あまり動かないもんね。」

ゼノン「うん。」

小暮「残りは長官・・。」



唯「うーん」

小暮「平沢ではないか。なにをしているんだ。」

唯「あ、閣下。ギターの練習本さがしてるんですー」

小暮「ふむ、店員に聞いたほうが早いのではないか?呼んでこよう。」

唯「ありがとう閣下!」

小暮「すみまs・・・長官ではないか。」

清水(エース清水長官)「あ、閣下。探しましたよ~。疲れてやんなっちゃって帰ろうかと思ったけど、帰り方わかんないし、
いやんなっちゃいますよ~。」

小暮「まあみつかって何よりだ。あの学生にギターのオススメの練習本教えてあげてくれ。」

清水「へーい」

小暮「よし。これで全員・・・ん?外が騒がしいな。」



紬「大丈夫ですか!こまったわ・・」

ざわざわ

小暮「琴吹ではないか。どうしたのだ。」

紬「あ、閣下。この人行き倒れみたいなんです。」

小暮「それは大変だ。救急車を・・・(松崎ではないかああああ!)
    おい!松崎様!目をあけろ!」

紬「閣下お知り合いですか?」

小暮「うむ。(すこしエネルギーを送れば・・・) ヒュイーン」

松崎(怪人松崎様)「あ、閣下・・。みつけました。」

紬「大丈夫ですか?」

小暮「琴吹が介抱してくれたのだ」

松崎「大丈夫。ありがとうたすかったよ。」

小暮「松崎様、なんでここにいるんだ。」

松崎「閣下の後を追ってきたんですよ。水臭いじゃないですかぁ。」

小暮「悪魔ではないのにワープホールはきつかったろうに・・。今我輩はかくかくしかじかなのだ。」




思わぬ幸運に恵まれメンバー+松崎様を見つけた閣下!

これにより、恐怖!悪魔たちによる軽音部強化合宿が始まろうとしているとは、
このとき軽音部のメンバーが知る由もなかった!




閣下「フハハハハハハハハハハハ!」




3